相次ぐ国際派放逐 三菱UFJで深まる内部対立 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

相次ぐ国際派放逐 三菱UFJで深まる内部対立

   

今月5日、三菱東京UFJ銀行の元常務・石塚勝彦氏の葬儀が近親者のみでひっそりと執り行われた。石塚氏は1984年に旧三菱銀行に入行、執行役員企画部長を務めるなど中枢を歩んできた。しかし、昨年、決済まわりの本部長に転じた後、今年6月には、三菱マテリアルの常勤監査役に就いていた。
「彼は自ら死を選んだと聞きました。役員にもかかわらず、訃報もすぐには公表されなかった。将来を嘱望されていただけに残念でなりません」
唇を噛みしめてこう語るのは、石塚氏の知人だ。
石塚氏は開成高、東大法卒。金融関係者で作る金融開成会の副会長も務めていた。
「豪腕で知られる田中正明氏の下で働いたことがあり、近いと見られていました」(三菱関係者)
田中氏は、ユニオン・バンク頭取などを務め、モルガン・スタンレーへの1兆円出資を手掛けたことで知られる国際派の大物バンカーだ。
「トランプ相場で、三菱UFJフィナンシャル・グループの株価は急騰していますが、それは資金運用収益に占める海外の割合が50%を超え、しかも大部分がアメリカにおけるものだからです。アメリカ戦略が成功したのは、田中氏の手腕が大きい」(同前)
しかし、今、三菱では、内部対立が激化しているという。
「エスタブリッシュメントと呼ばれる主流の国内派と海外部門を中心とする国際派の対立が深まっています。2015年に国際派の中心人物だった田中氏が、頭取レースで小山田隆氏に敗れた。頭取・会長OBで作る『相談役会』が田中氏を敬遠したのです。小山田氏は英語がしゃべれないと言われるほど、バリバリの国内派です」(同前)
この頃から“田中人脈”の放逐が始まった。
「田中氏は三菱銀行出身ながら、東京銀行との合併を企画の実務担当者として手掛け、東銀人脈の“守り神”と見られてきた。しかし、昨年春には東銀出身の畑尾勝巳常務がセクハラ疑惑をかけられ転出。これで、東銀出身者の最高ポストであった国際担当の副頭取は、三菱銀行出身者に奪われました」(同前)
そして、田中氏も今年6月上級顧問を退任し、三菱から去った。石塚氏は55歳。あまりに早すぎる訃報だった。
<週刊文春2016年12月22日号『THIS WEEK 経済』より>
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTIxNi0wMDAwNjg5Ny1zYnVuc2h1bi1idXNfYWxs
1 :名無しのさはら|2016/12/16 7:15
議員を自殺に追い込んだドン。みたいな話?
2 :名無しのさはら|2016/12/16 7:33
半沢以上に大変なんだな
3 :名無しのさはら|2016/12/16 7:42
働き始めから高給取りではあるが、
銀行員の末路は悲しい。
4 :名無しのさはら|2016/12/16 7:47
究極の減点主義の世界ではこうした放逐が、命を投げてしまうほど酷なことなんだろうな。

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング