写真と動画で解説する 折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

写真と動画で解説する 折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」

   

img
2010年秋冬モデルとしてカシオ計算機の「G'zOne TYPE-X」が発表された以来、6年ぶりの“タフネスケータイ”復活だ。auの2017年春モデルとして発表された「TORQUE X01」は、防水、防塵(じん)、耐衝撃性能といった“タフネス”性能を備えた、折りたたみ型のLTE対応フィーチャーフォンだ。2017年2月下旬の発売予定で、価格は一括4万3200円、実質2万1600円(いずれも税別)の予定。
【ダイヤルキーのアップ画像】
OSは非公表だが実際はAndroidベースとなっている。Google Playは利用できないが、LINEはプリインストールしている。またau Marketからアプリの入手は可能。
LTEの通信速度が150Mbpsで、VoLTEとau世界サービス(GSM/UMTS)に対応。Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)とWi-Fiテザリング(最大接続数10台)も利用可能。また、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信機能も搭載している。
1月12日の新製品発表会では、KDDIの田中孝司社長が今回発表したラインアップの中で「イチオシ」と評しただけあって、フィーチャーフォンながら、大きな注目を浴びていた。
●G'zOne TYPE-Xをほうふつとさせるデザイン
フロントパネルに腕時計のべゼルをイメージした丸型のサブディスプレイを備えたスタイルは、カシオ計算機のG'zOne TYPE-Xととてもよく似たデザインで、本体を開くと現れる円形のカーソルキーや、立体感のあるテンキーといったデザインも、やはりTYPE-Xをほうふつとさせる。
こうしたデザインを採用したのも、「G'zOneシリーズを使っているユーザーからタフネスフィーチャーフォンを求める声がいまだに高い」(説明員)からだという。そんな声に応える形で、電話とメールの使いやすさを優れたフィーチャーフォンというスタイルを採用した。鮮やかなレッドや、赤いメタルベゼルが印象的なシルバーのボディーカラーに、エラストマー樹脂製バンパーという配色も、G'zOneシリーズのファンを魅了するデザインとなっている。
●「MIL-STD-810G」18項目に準拠
タフネス性能は、米国防総省が定める耐久試験「MIL-STD-810G」の、防水(風雨、浸漬、雨滴)、防塵、耐衝撃(落下、衝撃)、温度耐久(高温動作、高温保管、低温動作、低温保管、温度衝撃)、耐振動、耐氷結(氷・低温雨、凍結-融解)、防湿、耐日射、低圧対応(低圧動作、低圧保管)の18項目に準拠した耐久試験をクリア。中でも落下試験は、「TORQUE G02」が「高さ1.5mからラワン材の合板への落下」なのに対して、「高さ1.8mからの鉄板・コンクリートへの落下」と、さらに厳しい条件にも耐えられるものに進化している。
各部のつくりでもアウトドアユースを想定した工夫がちりばめられている。例えば、テンキー直下の前面に配置されたデュアルスピーカーは、100dBという大音量を発生。フロントパネルを閉じてもスピーカーを完全には覆わないデザインも相まって、強い風や雨の中、周囲の騒音が大きいような環境でも、音が聞き取りやすい。また、カーソルキーやテンキーなどのハードキーは大きく、突起したデザインとなっていて、グローブをはめた手でも操作しやすくなっている。
●アウトドアで役立つ機能とアプリ
スマートフォン全盛の今、フィーチャーフォンは、通話やメールができれば十分だという比較的年齢層の高いユーザーに支持されている。TORQUE X01もその例に漏れず、「ユーザーの年齢層は40代から50代」(説明員)だという。こうした中高年層が好む趣味の1つに山歩きがある。TORQUE X01は、そんな山歩きのようなアウトドア活動で便利な機能を搭載しているのも特徴の1つだ。
例えば、万が一の遭難時に捜索者に対して自分自身の存在を知らせるホイッスル音や、山歩きの際にクマよけとして付けるクマ鈴の音を収録したブザー機能を搭載。また、LTEの電波が届きにくい山間部を歩く際に、圏内、圏外が切り替わったことを知らせる通知機能、さらに、毎時0分と30分に、気温をはじめあらかじめ設定したパラメーターを音声で読み上げてくれる「読み上げ通知機能」といった、とりわけ山歩きで便利な機能を多数搭載している。
こうしたハード面に加えて、ソフト面でもアウトドアで役に立つ機能を搭載。2016年夏モデルで追加されたTORQUE G02のアクアブルーに搭載されたアプリと同じ「OUTDOOR PORTAL」を収録。天気、気温、気圧、方位、天気傾向、潮位、魚の活性度、歩数をメーターやグラフといった形のグラフィックで確認できる。またこれらの情報は、サブディスプレイでもサイドキーの操作で切り替えて表示できるようになっている。
●専用アクセサリーも用意
TORQUE G01やTORQUE G02では、脱着式のカラビナ付きストラップホルダーがアクセサリーにあったが、TORQUE X01でも「au +1 collection」のラインアップとして「TORQUE X01 Hard Holder」を用意。リアパネルの下半分を包み込むような形で装着して使える。また、TORQUE X01はTORQUE G02のように非接触充電の「Qi」に対応していないこともあって、充電端子のキャップを開けずに充電できるように専用の充電台も用意。「アウトドアの岩をイメージした」(説明員)というゴツゴツとしたデザインが特徴だ。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTcwMTEzLTAwMDAwMDU2LXpkbl9tLXNjaQ--
1 :名無しのさはら|2017/1/13 14:24
嬉しいですね~!
ガラケでGショックスタイルは待望していました。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/13 15:44
これ、ガラケじゃないですよ。
2 :名無しのチャンネル|2017/1/13 15:59
ガラケじゃないんですか・・・。
残念です。
紛らわしいですね。
2 :名無しのさはら|2017/1/13 15:01
現場人間には手放せない「タフ携帯」。G'zOne TYPE-Xを2010年12月から使っていて後継機種が出て嬉しい限り。悪天候の日に現場を管理するのにタフ携帯は強い味方です。スマホ?使い物になりません。壊れやすい・バッテリー持たない・作業服のポケットに入り辛い・手袋をしていると使えない等々。通話メインなのでこれで十分。
3 :名無しのさはら|2017/1/13 15:37
でもこれ、ガラケーっぽいスマホですよね?
じゃなくて、純粋なタフネスガラケーを作って下さい!

シェアしていただけると助かります。

 -IT・科学

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング