「爆買い終了」でも続くインバウンドの真実 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

「爆買い終了」でも続くインバウンドの真実

   

img
最近、中国人向けビジネスを手掛ける日本企業とのミーティングや、メディアの取材で頻繁に聞かれることがある。
この記事の写真を見る
それはこんな調子。「百貨店の業績が悪化しています。中国人の『爆買い』はもう終わったようですが、これからはどうなりますか?」「インバウンドと言っていても、やはり円高になったらすぐダメになりますね」「しょせん、インバウンドは一時的なものでしたね」。何かと言うと、あちこちから聞こえてくるのは、そろいもそろって「インバウンド終わり論」なのである。
■インバウンドは、本当に下火になっているのか
確かに、以前のようにわかりやすい形の「爆買い」はというと、弱まっているように見える。訪日外国人、特に中国人の消費支出は下がっており、同じ商品の大量買いが少なくなっていることも明らかである。そして、百貨店の売上高は右肩下がりだと、悲鳴が聞こえてくる。そうすると、地方創生にもかかわる地方インバウンドの芽吹き、という明るい話題があっても、すぐに「終わり論」の消極的な論調に埋められてしまう……。
日本のテレビや新聞を見ていると、インバウンド景気の将来は暗いという感じしかしない。でも、それは違う。インバウンド市場の研究に長く取り組んできた立場からすると、今、訪れている変化は、訪日中国人の消費行動が弱まっているどころではなく、むしろ、どんどん進化している証拠にほかならないのだ。
となると、自治体や企業が、インバウンドにまつわる悲観的なストーリーを鵜呑みにしていたら、「それは大間違いだ!」と、声を大にして言いたい。大きなビジネスチャンスを逃してしまいかねず、もったいないことこのうえない。だからこそ、今回は、進化している訪日中国人の観光・消費行動をひもといていきたい。
まず、ぜひとも知っておいていただきたいのは、「インバウンド終わり論」の根本にある、訪日中国人の消費支出は激減している――という見立ては、そもそも成立しないことだ。消費額を考える際、一般的には日本円で見られているが、為替レートに大きく影響されることを考えれば、対象国の通貨で見るほうが現実的である。
このグラフは、円ベースと元ベースで見る訪日中国人の1人当たりの旅行支出の推移。為替レートの影響から、円ベースで見ると下がっているように見える。が、実際中国人が使う元ベースで見ると、堅調なトレンドであることは一目瞭然である。つまり、訪日中国人がおカネを使わなくなったということはまったくない。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTExOC0wMDE0NDgxNC10b3lvLWJ1c19hbGw-
1 :名無しのさはら|2016/11/18 8:05
インバウンドと書きたいだけの記事。
そもそもいつから来日客→インバウンドと表現するようになったんだ?違和感しかないわ。
2 :名無しのさはら|2016/11/18 8:15
インバウンドを連呼していた広告業、経営コンサル、目論見が大外れ。
1 :名無しのチャンネル|2016/11/18 17:03
同意。
むかし日経が日本企業に中国進出に出遅れるな!
だとか、対中貿易に依存、日本経済大打撃だとか。
煽りビジネスだな。
そもそも日本は内需大国で外需に頼る経済ではなく、しかも仮想敵国の人民に日本に来てください?触角を失った虫だな。
東洋ビジネスの品位がよく分かった。
3 :名無しのさはら|2016/11/18 8:16
最後のスマホで写真云々の話で記事書いてるヤツがどういうヤツかよく分かった
何様のつもりか知らんが感じ悪いね
4 :名無しのさはら|2016/11/18 8:18
集中してた消費に対して、大分投資したから今更引けない企業が多すぎるのが問題
5 :名無しのさはら|2016/11/18 8:22
要は「モノ」消費から「コト」消費への移行、っていうことだよね。となると史跡や名勝の解説、見せ方が重要になってくるから、より難しくなる。
6 :名無しのさはら|2016/11/18 8:22
海外旅行解禁時に日本人の憧れがハワイ旅行だったように、近くて手頃な価格で行けて、比較的安全かつ便利な場所がもてはやされてい特需状態。何回か日本に来たら連中はすでに日本以遠に目が向いている。中国圏の人口は多いから準富裕層が途切れることは少ないだろうけど、極端に増えるということもないだろう。日本で何を買ったかではなく何処へ行ったとか何をしたとなどが旅行の価値になることは日本も通った道。トレンドをいち早く察知して対応しないと今後インバウンド依存ビジネスは危ないかも。
7 :名無しのさはら|2016/11/18 8:53
>ガウチョパンツとスニーカーを履き、ナチュラルメークをしている女性は、英語で駅員に道を尋ねることを目撃するまで、旅行者だとわからない。
いや、それでも大概わかります。
8 :名無しのさはら|2016/11/18 8:54
まだ煽ってんのか?
中国の需要に過度に依存したビジネスは危険、中国経済が失速してるのにインバウンド?どんなけバカな経営者目線だ?
日本で爆外された結果、中国政府が規制(税金が徴収できない)をかけないわけが無く、案の定10万元とう上限をかけた。
そもそも爆買いの理由が中国の株バブル(信用買い出来るようにした結果、株価高騰)+円安効果もあり、中国製品を信用してない人民が日本に来て日本製品(中国で買うより安い)を買う目的で大挙となり押し寄せたが中国経済の失速となれば想像がつく。
中国人に変化?ではなく、日本が海外から外国人技能実習生や外国人高度人材と称し(7~8割中国人)労働者をかき集め、国内で働かせてるのでそういう中国の若者が多いだけだ。
ちゃんと報道しろ。
いずれ、住み慣れた日本に世界最速で永住権を取得できるようにすると総理がおっしゃられてます。
そんな馬鹿な・・。
9 :名無しのさはら|2016/11/18 9:11
いずれにしても、これからは百貨店、大型店、ショッピングモールの時代ではない。小規模個人商店の時代に戻っていくよ。大量生産で製造されたものは、すぐ飽きがくるし、ライフサイクルも短いし、持っていることの価値が小さい。そういうものにお金を使うのは、結局はお金の無駄使いみたいになってしまう。
それよりは、個人が手作りしたものとか、個性的で、心がこもっている物の方がはるかに魅力的だよ。持っていても、飽きないし、かなり長期間愛用できるしね。お金を使うなら、そういったものの方がいいな。
10 :名無しのさはら|2016/11/18 9:34
いつまでも中国様に買ってもらいたいという記事か、
11 :名無しのさはら|2016/11/18 11:04
一喜一憂すること?
12 :名無しのさはら|2016/11/18 11:36
自分で儲けて「俺のようにリッチに成りたいか?」と言わない所が指南役の指南役たるところ。
13 :名無しのさはら|2016/11/20 2:59
論点は、中国バブルが崩壊し、旅行者が堅実な消費者心理になったと言いたいのかな?
14 :名無しのさはら|2016/11/20 10:53
インバウンドを期待していた商店、デパートは目論見が外れ、広告業や経営コンサルなどは目論見が大外れしても痛くも痒くもないということ。
バブルと同じ。
15 :名無しのさはら|2017/1/12 16:41
インバウンドネタはもう飽きたよ。
16 :名無しのさはら|2017/1/12 17:00
プチバブルはじけるかな
17 :名無しのさはら|2017/1/12 17:18
インバウンドのバス料金皆さん知っていますか、国内日本人観光バス料金の半額と思えばいいでしょう。(最低運賃で国の取り締まりは人員不足で出来ないとのこと、)
駐車場も無く、運転手はウロウロ待ち時間をつぶして、次から次えと移動、その挙句ホテルのチエックインは外食後、
何処に行っても、外人ばかりで日本人が見当たらない、本当に安倍のミクスで景気が良くなったんですかね、感じない、

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング