プリウスがトップ奪還した2016年12月の登録車セールス。新車効果でスライドドア車が人気 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

プリウスがトップ奪還した2016年12月の登録車セールス。新車効果でスライドドア車が人気

   

img
一般社団法人 日本自動車販売協会連合会(自販連)より、2016年12月の登録車(軽自動車と海外ブランドを除く)の車名別の販売ランキングが発表されました。
【この記事に関する関連する別の画像を見る】
前月、日産車として30年ぶりに月間トップの座についたノートは、「e-POWER」と名付けられた電気駆動システムも話題となりました。しかしながら、12月には元祖ハイブリッドカーといえるトヨタ・プリウスが僅差でトップを奪還、21世紀のTN(トヨタ・日産)バトルを繰り広げています。
●2016年12月 登録車販売ランキングトップ10(自販連調べ)
1位 トヨタ プリウス 12,776台
2位 日産 ノート 12,403台
3位 トヨタ アクア 11,449台
4位 トヨタ シエンタ 9,640台
5位 ホンダ フリード 8,870台
6位 トヨタ ヴォクシー 7,096台
7位 ホンダ フィット 6,220台
8位 トヨタ ルーミー 6,100台
9位 日産 セレナ 6,068台
10位 トヨタ タンク 5,932台
ランキングトップ10のニューフェースとして登場したのが、ルーミー/タンクといったトヨタのコンパクトミニバンです。
ダイハツが生産を担当するルーミーとタンクは1リッターエンジンを搭載するスライドドアのコンパクトカー。発売1か月で3.5万台もの受注を集めたこともニュースとなりましたが、発売したばかりの12月でも合わせて1.2万台以上も販売。ランキングの顔ぶれを変えています。
これにより、トップ10のうち6台がスライドドア車となっています。ルーミー/タンクは、2列シート5人乗りですからミニバンのカテゴリーには入らないともいえますが、日本市場においてミニバン的なクルマが再びメインストリームになる気配を感じさせる2016年最後のセールスランキングとなりました。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDExMi0wMDQzNDY0MC1jbGljY2NhcnotYnVzX2FsbA--
1 :名無しのさはら|2017/1/12 6:36
プリウスの槍のようなライトとフロントデザインが先細り過ぎて、貧相にみえる。
そこをもっと厚み出して、PHEVみたいなデザインにすればもっと売れるのにね。
あとはテールライト周り。くどい。
2 :名無しのさはら|2017/1/12 6:38
時代は変わってもやっぱり技術の日産、販売のトヨタ、なんですかね。
3 :名無しのさはら|2017/1/12 6:55
11月の日産ノートハイブリッドの台数は、組織的に日産レンタカーのノートを一斉に入れ替え登録したからです。あとね、そろそろ、日産ノートハイブリッドの「新古車」も大量に出ているよ。
4 :名無しのさはら|2017/1/12 7:06
燃費と広さだけで決めるからアメリカ以上に車離れは当たり前

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング