FA移籍しても活躍できない阪神。糸井が成功する条件は“まとも”でないこと? さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

FA移籍しても活躍できない阪神。糸井が成功する条件は“まとも”でないこと?

   

img
プロ野球FA(フリーエージェント)の今年の目玉、糸井嘉男がオリックスから阪神へ移籍した。金本知憲監督が「俺にとって初めての恋人や」と口説き落としたわけだが、阪神電鉄(親会社)の本社内では獲得に否定的な声があったことも事実だ。
来季36歳を迎える年齢と、各所から「自由奔放」と伝わってきた性格がその理由ではあったが、金本監督は「いい意味での自由人なら問題ない」と歓迎している。
プロ入り後、打率3割を7度クリアし、2014年には首位打者のタイトルを獲得。ゴールデン・グラブ賞を7度受賞するなど、実績に疑問符をつける者はいない。金本監督はすでに「2番・センター」での起用をほのめかすなど、12年ぶりVを目指すキーマンに指名しているが、実力を発揮できるかどうかは、虎ファンが疑心暗鬼にならざるをえないデータが横たわる。
“虎のFA戦士”は糸井で11人目になるが、主戦として獲得した選手でファンの期待に応えたのは、03年、05年のリーグ制覇に貢献した金本(現監督)くらい。近年では新井貴浩や小林宏之など、実績のある選手がタテジマに袖を通すと低迷し、ブーイングの対象になってしまう。
阪神にやって来た大物FA選手は活躍できない──その理由はひとつではないが、07年に広島からFA移籍した新井は「阪神で4番を打つ重圧はカープのそれと比べものにならない」と語ったことがある。関西では報知を除くスポーツ4紙が、連日1面から3面(多いときは5面、終面)まで“阪神ネタ”で埋め、チームの負けが込めば容赦なく“戦犯”探しが始まる。
今季、広島で優勝の立役者となり、リーグMVPを獲得した新井の輝きを見ていると、とても2年前に阪神を(事実上の)戦力外になった選手とは思えない。
06年に阪神からヤンキースに移籍した井川慶は、ニューヨークで現地の巨大メディアについて問われ、「担当記者は阪神のほうが多い。甲子園球場では通路の角を曲がるたびに記者が立っていた」と、周囲を笑わせたことがある。
また、10年に楽天からFAで阪神入りした近鉄出身の藤井彰人(あきひと)は「阪神でヒットを1本打てば、近鉄で100本以上打つ選手よりはるかに有名になる(笑)」と皮肉ったほど。
当の糸井は入団会見で阪神の印象を問われ、小声で「記者が多い」と答えた。四方からメディアの標的となる環境は経験がないだけに、まずは「見られすぎるプレッシャー」に平常心を保てるかどうかが試される。
主将を務めたオリックスでキャプテンマークの重みについて聞かれ、「軽い素材なんで」とそのマークの材質について答えるなど、その天然ぶりから、近畿大学時代に“宇宙人”とも呼ばれるようになった糸井。
だが、オリックス在籍時から親交の厚い平野恵一(阪神新一軍打撃コーチ)は「嘉男は宇宙人じゃない。すごくまともだし、礼儀正しい男」と評する。
筆者が知る限り、新井も小林宏も性格が優しく、繊細だったように思う。“世界一の重圧”に打ち勝つには“まとも”ではないほうがよさそうだ。金本監督は糸井に「あまり気を使わないように」と助言する。いっそのこと宇宙人になりすますことが、阪神で活躍する条件かもしれない。
(取材・文/吉田 風)
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTIxOC0wMDA3Njc5NS1wbGF5Ym95ei1iYXNl
1 :名無しのさはら|2016/12/18 6:15
そう言う週プレさんも
取材はお手柔らかに
頼んまっせ
2 :名無しのさはら|2016/12/18 6:16
くだらない記事。コバヒロはともかく新井さんはそこそこ貢献してくれた。
3 :名無しのさはら|2016/12/18 6:17
厳しい環境だということは重々承知の上なんだから大丈夫でしょう。

シェアしていただけると助かります。

 -スポーツ

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング