Googleの新しいアンテナショップを知っていますか? さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

Googleの新しいアンテナショップを知っていますか?

   

img
Googleが2016年10月に発表した一連のオリジナルハードウェア「Made by Google」が(米国で)出そろいました。
【写真】Made by Googleの製品ラインアップ
Googleはこれまでも、NexusやChromebookなどのオリジナルハードウェアをちょこちょこ出していましたが、社内でそれぞれのチームがばらばらに作っていて、あまりちゃんとした戦略の下で動いていない印象でした。
Made by Googleではそれを見直して、統一ロゴ「G」の下、真面目に売っていこうというやる気が少し感じられます。
ニューヨークにそのままずばり「Made by Google」というアンテナショップみたいな店舗まで作りました。Googleは過去にも何度か体験ショップみたいな一時的な実店舗を展開したことがありましたが、あまり本気は感じられませんでした。
新ショップはAppleのApple Store(みたいにおしゃれじゃないけど)のように、製品に詳しい店員の説明を聞いたり、コンサートを楽しんだりもできます。12月17日からは、Pixelの「アグリーセーター」(米国にはクリスマスにあえてだっさいセーターを着て楽しむ風習があります)を編んでもらえるイベントもやっています。
Googleは別に、ハードウェアで大もうけしようと思っているわけではありません(多分)。どちらかというと、Amazon.comのオリジナルハードウェアと同じ考え方でしょう。例えば、「Amazon Echo」や「Kindle Fire」は、それらを使ってAmazon.comで買物したり、電子書籍を買ってもらったりしてもらうための道具として売っているので、破格(多分、全然元取れていない)のお値段です。
Made by Googleも全てはGoogleのサービスを利用(して広告をクリック)してもらうための道具。Wi-Fiルーターの「Google WiFi」で快適にインターネットに接続し、スマートフォンの「Pixel」やVRヘッドセット「Daydream View」、ストリーミング端末「Chromecast」でコンテンツを楽しみ、「Google Home」で音声検索してね、ということです。
それにしても、Googleに勝算はあるのでしょうか。特に、新タイプのデバイスであるGoogle Homeは競合するAmazon Echoに勝てるのでしょうか。Googleは18年間も検索に取り組んできて、膨大なユーザーデータを溜め込んでいる点ではAmazonより有利です。でも、ちらほら出始めたGoogle Homeの海外メディアのレビューはあまり芳しくありません。
また今回ブランドは統一しましたが、Appleのように最初からハードウェアとソフトウェアを一体化して販売している企業と違い、Googleの場合は最初に全体的な戦略ありきではないため、やや寄せ集め感(そう言えば、いろんなハードウェアがばらばらにあるから統一しよっか、みたいな)が漂います。
いずれにしても、実際の製品を触ってみないことには善しあしが分からないので、Chromecast以外も早く日本でも発売してほしいです。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYxMjE4LTAwMDAwMDA3LXpkbl9wYy1wcm9k
1 :名無しのさはら|2016/12/18 6:58
ブログかな?

シェアしていただけると助かります。

 -IT・科学

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング