旅行の底値は1月10日から28日の18日間 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

旅行の底値は1月10日から28日の18日間

   

img
クリスマスからお正月にかけて、旅行を楽しみたいという人も多いはず。しかし、この時期は旅行の価格が1年で最も高くなる。しかし、それを過ぎるとあれよあれよといううちに安くなる。底値はずばり1月10日から1月27日まで。この時期、年末年始は1泊2日5万円だった温泉旅館が、2万円程度で泊まれることもある。その理由ははっきりしている。節約アドバイザーの丸山晴美さんが説明する。
「閑散期だからです。2月に入ると大学生の卒業旅行シーズンですし、1月28日からは旧正月で、中国人などが大移動するので、ホテルや飛行機が混雑し、料金が高くなってしまうのです」
年内に先行発売が始まっている初売りツアーも見逃せないと言うのは、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんだ。
「4万円台のローマツアーや5万円台のハワイツアーも出ています。すぐに売り切れてしまうイメージがありますが、店頭限定のツアーもあるので、お店に行ってみるといいでしょう」
いずれにしても、今のうちに、どこへ行くかを決めておこう。ファッションセールは初売りとともに始まることが多い。気分が高揚しついつい、いろんなアイテムに手が伸びてしまうが、焦りは禁物だと風呂内さんは言う。
「12月は消費者の買い物意欲が高く、洋服も売れやすいのですが、1月まで売り残してしまった冬物については、売れるのが遅ければ遅いほど着られる“賞味期限”が短くなるので、店はできるだけ早く売りたいと考えます。ですから年が明けたら待てば待つほど安くなります。ただし、2月に入ると新商品が出てくるので、そこまで待つのはおすすめしません」
デッドラインは1月末だ。値引き率も賢い買い物の参考になる。
「値引きは最大で70%まで。それ以上安くなることは、ほとんどないので、70%オフを見つけたら底値と思っていいです」(丸山さん)年末になるとついついトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの日用品の買いだめモードに入るという人も多いだろう。しかし、もう少し待った方がよさそうだ。
「1月中旬から2月にかけて、安くなるからです。12月に比べて20~30%ほど下がる商品もあります。それは、小売りでは2月、メーカーでは3月を決算期としているところが多いからです」(丸山さん)
ということは、2月を前に店は在庫の処分に入り、2月になると今度はメーカーが在庫を減らしていくことになる。
「ですから、その時期のスーパーやホームセンター、ドラッグストアのチラシは要チェック。12月に比べて底値が見つかりやすいです。新聞を取っていなくても、チラシアプリやホームページで情報収集ができます」と丸山さん。
売る側の事情を知れば、いいものも、いつものものも、しっかりお得に買えるのだ。
※女性セブン2016年12月22日号
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTIxOC0wMDAxMDAwMC1tb25leXBvc3QtYnVzX2FsbA--
1 :名無しのさはら|2016/12/18 13:03
旅行は、休みが取れる人はお得だな。
2 :名無しのさはら|2016/12/18 13:37
正月明けに連休取れる会社は、きっとブラックではない。

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング