トランプ政権のアジア担当者は中国で「逮捕歴あり」 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

トランプ政権のアジア担当者は中国で「逮捕歴あり」

   

12月29日、トランプ次期政権の国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長に、マシュー・ポッティンジャー氏(43歳)が内定した。トランプ政権においてアジア政策を取りまとめる実質的な責任者ということになる。
彼は中国政府によって逮捕され、暴行され、アフガニスタンで特殊作戦を指揮した経験を持つ。ポッティンジャー氏ほど異色の経歴を持つアジア政策担当者はこれまでにいない。
ポッティンジャー氏とは一体どんな人物なのか。日本は彼とどう接するべきなのか。以下では彼の経歴と著作から、その人となりや考え方、政治的スタンスを探ってみたい。
まず、彼の経歴を以下の3つの時代に分けて追っていこう。
(1)ジャーナリスト時代
(2)海兵隊時代
(3)退役後
■ (1)反骨のジャーナリスト時代
ポッティンジャー氏はマサチューセッツ大学で中国研究を専攻し、1998年に「ロイター通信」に記者として就職した。2001年には「ウォール・ストリート・ジャーナル」に転職し、北京特派員として中国各地を飛び回った。
中国では環境汚染問題、汚職問題、新型肺炎(SARS)の流行などを精力的に取材し、栄えある「アジア出版者協会」賞を受賞している。地方での警察によるデモ弾圧に抵抗することもあった。中国政府にしてみると、彼の取材活動は“反政府活動”に他ならなかった。あるとき彼は情報源との会話を中国政府のエージェントに録画され、あまつさえ逮捕されてしまう。取材メモをちぎってトイレに捨てられたり、中国政府お抱えの暴力団にカフェで顔面を殴られることもあった。いかにポッティンジャー氏の活動が中国政府に嫌悪されていたかが分かる。
■ (2)突然の海兵隊入隊
2005年、32歳というほとんど同期では最高齢で海兵隊の幹部候補生学校に入学。最終的に脱落せずに卒業できた4割の中の1人として、海兵隊少尉に任官する。
なぜ突如、記者をやめて軍人になったのか。彼はその理由として、(1)スマトラ島沖地震を取材した際、多くの人道支援団体が混乱する中、整然と効果的な人道支援を行った海兵隊の見事な働きに感動したこと、(2)中国での経験から、米国の民主的な原則に奉仕すべきだと強く感じたこと、(3)出会った海兵隊大佐が示した、米国が世界でどのようにすべきかや見方に感銘を受けたこと、(4)イラクでの米国人斬首事件に対する怒り、などを挙げている。
記者時代は懸垂が1回もできず、走れば5分でへたばってしまっていたというが、記者活動を行いながらトレーニングを積み、海兵隊の体力試験に合格した。
少尉に任官するとイラクに派遣され、中尉に昇進する。この派遣中に「ワシントンポスト」に寄稿し、古巣のウォール・ストリート・ジャーナルを買収したマードック氏を、「マードックのメディアは中国政府に協力している」「中国の反米プロパガンダをあおっている」など、中国の言論弾圧に従うとんでもない人物と糾弾している。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDExMS0wMDA0ODg3MS1qYnByZXNzei1pbnQ-
1 :名無しのさはら|2017/1/11 7:24
全力で中国を潰して下さい!
2 :名無しのさはら|2017/1/11 7:47
素晴らしい経歴だ。中国で逮捕歴と言う事は、ノ-べル平和賞に値する。
3 :名無しのさはら|2017/1/11 7:49
このバカオヤヂで本当に大丈夫か?

シェアしていただけると助かります。

 -国際

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング