トイレ機能付き宇宙服、NASAが3、4年後めど開発 6日着たままOKで地上の生活も変える? さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

トイレ機能付き宇宙服、NASAが3、4年後めど開発 6日着たままOKで地上の生活も変える?

   

米航空宇宙局(NASA)は3、4年後をめどに、排泄物を処理する機能が付いた宇宙服を開発する。これまで打ち上げや、地球への帰還などで10時間ほどトイレにいけない場合は大人用のおむつを使用していた。しかし、宇宙船内の気圧低下や事故が起きれば、長期間にわたって宇宙服を着たまま避難することも想定する必要があるとし、いよいよ禁断の排泄問題に対しても最先端科学での克服を目指す。(原田成樹)
■宇宙船内で失敗すると…
2016年7月、初めて国際宇宙ステーション(ISS)に到着した宇宙飛行士の大西卓哉さんは、仕事始めからトイレの故障で忙しくなったと現地からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)に書き込んでいる。微小重力(無重力)空間では、排泄物は自然に便器に落ちないのでホースで吸引するが、失敗することもあると、中国系米国人のリーロイ・チャオ飛行士は、ネットメディア「ギズモード」で明かしている。科学技術を結集したISSにおいても、生身の人間が介在する限り、トイレ問題は無視できない。
現在、ISSへ行くにはロシアのソユーズ宇宙船しか手段がない。打ち上げの4時間半前に宇宙服を着込み、最短で打ち上げから約6時間でISSとドッキングする。飛行機で欧州や米国に行くよりも近いぐらいだ。しかも打ち上げ時には浣腸で空にして余裕をもたせておくので、重力加速度などがおなかの調子に与える影響は不明だが、「大」の心配はあまりなさそうだ。なお、大西さんはISSとドッキングするまで2日かける最長パターンだったが、現在は例外。この場合もソユーズ自体にトイレが付いているので安定飛行中に用を足せる。
また、宇宙飛行士が船外活動をする時には宇宙服の下におむつを着用しているが、最長でも約8時間なので通常は「大」はがまんできるだろう。
■トイレに行けない場合
問題なのは、トイレに行けない状態で「大」がしたくなったときだ。2020年代以降、月や火星などに行く計画をさまざまな組織が策定しており、宇宙大航海時代には日常的に、数日間のトラブルが起きることを想定しなければならないのかもしれない。
記者も、海洋研究開発機構の有人潜水船「しんかい2000」(3人乗り、現在は退役)で沖縄近海の海底1000メートルに計4時間潜ったことがある。潜水船は何百気圧という水圧に耐えなければならず、スペースに限りがあるため、後継のしんかい6500にもトイレはない。あらかじめ心構えをしたこともあって「大」の問題はなかったが、車の渋滞時などに使う携帯用トイレを「小」で3回使用した。船内は快適な温度に保たれているが、深海ゆえの「底冷え」感がしたのと、小分けにしないと袋があふれると同乗したパイロットにアドバイスされ、意識してこまめに出した。女性研究者も、よそを向いてもらって同じ対応をしているようだ。
■アイデアを一般公募
NASAが想定しているのは、最大6日間、宇宙服を着たまま過ごせるトイレ機能だ。2016年9月から12月にかけて、「Space Poop Challenge」と題して公募を実施。直訳すると「宇宙のうんち問題に挑め!」という感じだろうか。6日、すなわち144時間の間、宇宙飛行士が排泄したものを隔離できることを求めている。上位3位までの賞金総額は3万ドル(約330万円)だ。
成人(日本人)の1日の平均しにょう量は1~1・7リットルで、そのうち大便は150グラム前後になる。NASAの公募条件は、1日に小が1リットルと、大が75グラム(容量75ミリリットル)で、6日だと約6・5リットルを宇宙服の中に貯められること。加えて、女性の生理的なものへの対応も要求している。
採点項目には「快適性」も入っているが、体の汚れも手を使わずに拭き取ったり、洗浄したりという小型のクリーニング機構が求められるだろう。
貯蔵容量だが、残念ながら、水は圧力をかけたり冷やしたりしてもさほど減らない。このため、飲料用や、洗浄用にリサイクルするかどうかが工夫のしどころだろう。バクテリアを使った浄水装置を付けるのはサイズ的に非効率で、汚れた水を飲料水レベルにする活性炭や中空糸膜などを使った濾過装置程度が現実的だと思われる。
■第3次トイレ革命
トイレの歴史は、国土交通省の資料によると、産業革命により都市人口が急増した1810年に英国各地で水洗トイレが始まったが、その後の革命といえば、1960年ごろに米国で医療や福祉用として洗浄機能付きトイレが発明された程度。逆にいうと、着たままトイレはテクノロジーの手が付けられていない「ブルーオーシャン」だとも言える。従来のビジネスモデルを壊すかもしれず、トイレメーカーにも危機意識が欲しい。
宇宙用に開発され、一般にも広がったものとして、レトルト食品、フリーズドライ、形状記憶合金が知られる。最近、アルコール飲料でよく目にするでこぼこしたダイヤデザイン缶もその一つだ。
NASAは、コンテストで最も有望だった技術を今後3年から4年でミッションに適用するとしている。実用化した暁には、車の渋滞や登山、戦闘機のパイロット、原子力発電所の汚染水作業などの非常時用として有望だが、「普段着」として一気に広まるかもしれない。気になる審査結果は2月1日に発表される。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTcwMTA3LTAwMDAwNTIwLXNhbi1zY3RjaA--
1 :名無しのさはら|2017/1/10 13:38
ガチな話、性欲処理は?
2 :名無しのさはら|2017/1/10 13:39
宇宙飛行士って、トイレの下水を再利用してコーヒーも沸かすくらい水は貴重らしいね
これが開発されたら飲料水はどうなるんだろうか
地上から持っていく水の量も限られているし
3 :名無しのさはら|2017/1/10 13:40
6日目は相当重くなりそう??????
4 :名無しのさはら|2017/1/10 13:43
なるぼど!日本の高齢化にはこれですね、安倍首相
6日に一回のヘルパーさん介護で年寄はホオッておける
よかったですね
5 :名無しのさはら|2017/1/10 13:50
相当な数応募があるだろう。
選定も大変なことになる。
高専ロボコンのようないろんなアイデアでうならせるだろうな。
何か考えよう。
6 :名無しのさはら|2017/1/10 13:55
急に尿意や便意に襲われる事って多いから、
消費者ニーズは間違いなくあると思う。
7 :名無しのさはら|2017/1/10 13:55
「どこでもトイレ~」
中国人に配布しろ
8 :名無しのさはら|2017/1/10 13:58
介護や病院関係に引っ張りだこになりそうですね。
あと、引きこもりも捗りそう。

シェアしていただけると助かります。

 -IT・科学

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング