40歳代の不倫、避妊しないと生じる深刻問題 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

40歳代の不倫、避妊しないと生じる深刻問題

   

img
「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」で「ゲス不倫」がトップテンにランクインし、2016年はあらためて不倫の年だったと感じる。既婚者の恋愛というだけで、多くの人が興味を覚えるのは、潜在的な願望があるからではないだろうか。
筆者は一般人の既婚男女の恋愛を追いかけている。不倫というと、美男美女で経済的にも恵まれた人々が、都心の高級ホテルで行うというイメージがある。しかし、実際は違う。スーパーに買い物に行くような格好でラブホテルに行く、というような情事がスタンダードになりつつあるのだ。
だからこそ「ウチのカミさん(ダンナ)なんて誰も相手にしない」と油断するのは禁物だ。何年間も肌を合わせていない自分のパートナーが、知らない異性と情交を結んでいる可能性はゼロではない。不倫について、社会ではモラル・愛情・執着心などの問題として語られるが、実際に取材していて問題だと感じるのは感染症だ。
■出会いはパート先の眼科クリニック
「私、もう44歳で、相手も49歳。お互いに生殖能力は衰えていることがわかっているし、まあ、いろいろな問題があってナマでするじゃない。そしたらまさかのクラミジア感染症になっちゃって。治療期間の2週間の間、ダンナに誘われないかと思って、ひやひやしました」(44歳・パート勤務・女性・高校1年生男子の母)
ちなみに、この女性の不倫相手は、メーカー勤務。写真を見せてもらったが、背が低く薄毛で眼鏡をかけていて、パッと見、冴えない。ふたりの出会いは彼女がパート勤務している眼科クリニック。顔見知りになってから、最寄り駅で偶然出会い、彼のほうから「交換しましょう」と言い、LINEで連絡先を交換した。
そのやり取りから3日後、彼女が彼のことを気になりだしたタイミングで、彼から食事の誘いが来た。指定したのは、JR大塚駅前にある、客単価4000円程度のチェーン居酒屋だった。3時間ほど楽しく飲み、そのままラブホテルに行った。ある土曜日の18時スタートの22時帰宅。夫と息子にはママ友と飲み会と言って家を出ており、そのことについては誰も疑わなかった。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTIxOS0wMDE0OTUxOS10b3lvLXNvY2k-
1 :名無しのさはら|2016/12/19 5:09
その年齢で不倫なんかしたら、性病なんかより、社会的、精神的に失うモノが大き過ぎると思うけど。
何より不倫は不毛だ。
2 :名無しのさはら|2016/12/19 5:10
浮気も不倫も昔からあるよね。でも東洋「経済」オンラインっていう所がなんで不倫の記事を出すの?経済と関係あるの?
3 :名無しのさはら|2016/12/19 5:19
やっぱり、やってはいけない事を内緒でするスリルがたまらないんだろうね。
もう1つの顔を持っているってのも興奮するんだと思う。
4 :名無しのさはら|2016/12/19 5:23
なんだかんだと言い訳つけても不倫は不倫、良くないことに変わりはないけどな。
5 :名無しのさはら|2016/12/19 5:23
筆者もコンドーさんを使うと起たなくなるのね(笑)

シェアしていただけると助かります。

 -国内

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング