株式投資ではなぜいつも損切りできないのか? さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

株式投資ではなぜいつも損切りできないのか?

   

img
株式投資で成功するための鍵は損切りだ。損切りできない投資は損失を拡大するだけでなく、目の前に転がっている絶好のチャンスを逃すことになる。
● 損切りできない投資家の 残念な共通点
株式投資がうまい人の特徴は、損切りの速さにあります。間違ったと思ったら、スパッと容赦なく損失を確定します。また、利の乗っている(利益が上がっている)ものがあっても、利食いをできるだけ我慢したり、一部だけ利食って、残りの株でさらに利を伸ばします。
一方、下手くそな投資家は、損失を確定することができず、自分に都合のいい解釈をして損切りを先延ばししてしまいます。「現物で買っているんだし、少し待っていたら、すぐに元に戻ってくるよ! 」と思ってしまいます。
この「すぐに」が曲者です。期限を切らないでただ待つだけですから、株価が半分まで下がろうが、10分の1まで下落しようが、永遠に持ち続けることになってしまうのです。仮に半分にまで下落してしまったら、相当の期間を我慢しても、買値に戻る保証はどこにもありません。
大きな損失を抱えるパターンとして、相場全体の下落に引きずられるケースが多いと思いますが、その場合は利の乗っている銘柄も下落しますので、早い段階で抱き合わせでもいいから損切りを急ぐべきだと思います。利の乗っている銘柄と一緒に売れば、多少なりとも損失が薄まりますので、精神的な負担は少なくなります。損切りは傷口を少しでも小さくするために欠かせない行動なので、金額や下落率、期間などをあらかじめ決めておく必要があります。とはいえ、決めていても実行できない投資家がほとんどなので、買ったときに逆指値注文を入れておくのが、損切りできない投資家にとってはベストな選択かもしれません。
損切りできない投資家のもう1つの特徴は、大きく下落したとき、平均買いコストを下げるためのナンピンをしないことです。資金管理ができていないため、買い付け資金が底をついてしまっているケースが多いのです。平均買い単価さえ下げておけば、わずかなリバウンドでも利食いのチャンスになります。
あてが外れて下落しても損切りができない、安いところで買って平均買い単価も下げられないとなると、あとは神頼みしかなくなります。
長い期間、塩漬けにして、投資資金の多くを寝かしてしまうことは、次の投資機会を失うことになりますし、精神衛生上もよくありません。安い銘柄がゴロゴロしていても、指をくわえて見ているだけですから、ますますストレスが溜まってしまうのです。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDEwOS0wMDExMzU5OC1kaWFtb25kLWJ1c19hbGw-
1 :名無しのさはら|2017/1/9 11:02
売ったら上がるで失敗してるから結局損切りできないんやろなぁ
2 :名無しのさはら|2017/1/9 11:04
ギャンブルやる人の99%がそうでしょ
味しめちゃうと尚更ね
3 :名無しのさはら|2017/1/9 11:05
どこが底値か誰にもわからんから、結局自分がその場で必要な額だけ売れば良いのや無いかな?
この記者の書いてる内容は投資じゃない、バクチだ。
4 :名無しのさはら|2017/1/9 11:11
損切り出来ないで塩漬けにしてる、その一人です。。。
5 :名無しのさはら|2017/1/9 11:12
自分は株をやっていないけど、やっていたら、絶対損切りできないタイプだろうな。
6 :名無しのさはら|2017/1/9 11:14
確かに銘柄選びより
利益確定、損きりのタイミングが難しいね
損きり出来ずに、ついついナンピンしたり塩漬けにしちゃったりする
7 :名無しのさはら|2017/1/9 11:19
損切り人生楽しいかね
結局はマイナスで手放し
昨年買って損切らず年末まで手放さなかった奴が今助かっている
8 :名無しのさはら|2017/1/9 11:21
ナンピン、両建て。この位は知らないと。
指数や、先物もたすけになるよね。
とにかく一つにデカく行かないことじゃないかなぁ。
9 :名無しのさはら|2017/1/9 11:28
損切り貧乏という言葉もあるし、シビアな損切り繰り返して次第に資金減らしていく人もいるんだし、早い損切りが必ずしもいいとは限らないよ
10 :名無しのさはら|2017/1/9 11:50
損切りしたら、その後 上がることが多いです。
11 :名無しのさはら|2017/1/9 12:04
投資初心者で、損切りできない人のために、
以下、行動経済学の「プロスペクト理論」をどうぞ
宝くじをあなたが引くとして、例えば、以下の2つのパターンのくじが選べるとする。
①もれなく¥10000が当たるくじ。
②50%の確立で¥20000当たるが、残り50%の確率で¥0のくじ。
実験によれば、約60%の人が①を選んだ。では、次の場合はどうだろう?
③もれなく¥10000を罰金として取られるくじ。
④50%の確立で¥20000を罰金として取られるが、50%の確率で免除されるくじ。
この場合の実験結果では、③を選んだ人の割合は30%にまで落ち、④を選ぶ人が70%までに昇った。どちらも数学上のリスクは同等。
○結論
人は、同額の利益よりも損失の方が、インパクトが強く残り、回避する傾向にある。
12 :名無しのさはら|2017/1/9 12:06
これでおれは1000万を100万にした
13 :名無しのさはら|2017/1/9 12:06
損切りしなくて、得する場合もあるから
14 :名無しのさはら|2017/1/9 12:21
人によってはナンピンこそが大切だと言うしねえ
過去のチャートを見て結果論でここで買ってここで売るなんて猿でもできるわ(笑)
15 :名無しのさはら|2017/1/9 12:38
損切りは大事。
だけどこっちの手口は証券会社にばれてるので
逆指値入れたところまで株価は進みます。損切りした所が天井または底になる。
現物長期保有で配当狙いしか儲ける道はない。だまされてはいけません。
16 :名無しのさはら|2017/1/9 12:41
コレは証券会社の罠だ
損切りしなくても
戻る方が多い
17 :名無しのさはら|2017/1/9 13:31
損切りさせて、また違う銘柄を買わせれば、証券マンは手数料が入るからね。
損切りを連続で5回やれば半分くらいはやられてる。
18 :名無しのさはら|2017/1/9 14:32
ナンピン買いは重要な要素だわ。
悲観論者から買い入れて、楽観論者に売りつける、なかなか出来ないけどね!
19 :名無しのさはら|2017/1/9 15:16
含み益とか含み損とかどうでもいい。
要は現在の株価が保有するに値するかどうかのみ。
仮に株価1000円の時に根拠を持って買ったが、500円まで値下がりしてしまった場合。
当初の根拠に変化がないとすれば、500円で新規に買う価値があるかどうかを判断すればいい。
その判断に含み損があるかどうかは関係ない。
20 :名無しのさはら|2017/1/9 15:46
ナンピンは早すぎると間違いなく失敗する
21 :名無しのさはら|2017/1/9 16:21
損失を確定するのが嫌だからに決まってんじゃん。

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング