オスプレイ、乱気流で接触か 米が説明 空中給油中の事故は初 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

オスプレイ、乱気流で接触か 米が説明 空中給油中の事故は初

   

img
沖縄県名護市安部の海岸にオスプレイが墜落した事故で、米側は19日までに、乱気流などにより、米空軍嘉手納基地所属のMC130の給油ホースとオスプレイのプロペラの羽が接触し、プロペラが損傷したと日本側へ説明した。オスプレイの空中給油でこのような接触事故が発生したのは初めてという。
防衛省によると、本島北東の海上で夜間空中給油訓練を行っていた13日の午後9時5分ごろ、MC130の給油ホースとオスプレイの給油管を分離させた後に発生。回転するうちに羽の損傷が大きくなり、飛行が不安定になった。搭載システムや機械系統、機体構造は原因でないと認定した。一時飛行停止期間に米軍は普天間所属のオスプレイのエンジンや油圧機構など飛行安全上の重要箇所について点検したが、問題は発見されなかったとしている。
普天間飛行場内で着陸装置に故障が生じ胴体着陸した機体については、電気系統の故障によりコックピットから着陸装置(脚部)に信号が出ず、格納されたまま脚部を機体から出すことができなかった。
空中給油訓練をした後、墜落したオスプレイから救難連絡を受け墜落現場に向け飛行し、救難要員が到着するまでの間、空中監視を行っていた。普天間飛行場に帰還した午後11時45分ごろ、マニュアルに従って、垂直離着陸モードで着陸時の衝撃を吸収するパッドの上に降りた。修理と検査が行われているという。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYxMjIwLTAwMDc2NTIzLW9raW5hd2F0LXBvbA--
1 :名無しのさはら|2016/12/20 7:37
これを教訓に事故のない飛行を願います
2 :名無しのさはら|2016/12/20 7:38
先日から言うてましたよ
3 :名無しのさはら|2016/12/20 7:38
乱気流なら、給油しない
だから、飛べない・・
万歳・・?
4 :名無しのさはら|2016/12/20 7:39
>防衛省によると、
>搭載システムや機械系統、機体構造は原因でないと認定した。
>重要箇所について点検したが、問題は発見されなかった
納得できる説明だと思いますが、
最初からクレームが目的の県知事一派は、
納得できない、で一蹴でしょうね。
県民の不安をあおり、日米関係を悪化させるのが彼らの使命ですから。
5 :名無しのさはら|2016/12/20 7:39
沖縄タイムズの記事にしては冷静で普通だ。
1 :名無しのチャンネル|2016/12/20 7:45
今後もこうであってほしい。
2 :名無しのチャンネル|2016/12/20 8:24
これから給油は海上でやってくれればいいんじゃないの?それか山間部とか。それで問題解決やな
6 :名無しのさはら|2016/12/20 7:40
墜落だと強調する沖縄タイムス
公開された海中写真は波に何度も打ち付けられて浅瀬に流れてきた写真なのにあの場に不時着したかのような歪曲報道
7 :名無しのさはら|2016/12/20 7:42
素人にはよくわからない記事。
8 :名無しのさはら|2016/12/20 7:43
事故防止対策が重要ですね
9 :名無しのさはら|2016/12/20 7:44
乱気流だろうが何だろうが、オスプレイには給油口がローターに接触しやすいという弱点があることが明確になったのだから、これを回避できる対策を考えるのが当然だろう。
胴体着陸したのは電気系統の故障だというが、そういうときは手動で脚を出せる構造にしておけばよいだけのことではないか。
アメリカ人にはまともなアイデアマンはいないのかなあ。。。
1 :名無しのチャンネル|2016/12/20 8:02
記事に衝撃吸収パッドに着陸とあるんだかが
10 :名無しのさはら|2016/12/20 7:45
電気系統の故障。
だめじゃん。車ならリコールもん。
こんなのは信頼性100%じゃないと話にならない。
政府も納入前に、メーカーにネジ巻いとけ。
11 :名無しのさはら|2016/12/20 7:46
>飛行安全上の重要箇所について点検したが、問題は発見されなかった
ヅラ知事涙目。
12 :名無しのさはら|2016/12/20 7:49
オスプレイは左右ローターの推力がキレイに釣り合ってないとキリモミを起こす構造上の弱点があるから、ローターを損傷するとヘリモードに戻せない、ヘリモードでないと着陸出来ないのに、だ。機体に異常はなくとも、構造に元々無理はある。もっとも、夜間に悪天候の中空中給油なんて過酷な訓練でもなきゃ、そうそうローター折ることはないが。
13 :名無しのさはら|2016/12/20 7:49
飛行訓練頑張って下さい。
1 :名無しのチャンネル|2016/12/20 7:50
お前の街の上空で飛行訓練頑張ればいいんだよ
14 :名無しのさはら|2016/12/20 7:51
言い訳に時間が掛かったね!
1 :名無しのチャンネル|2016/12/20 8:14
事故直後から発表してます。図解で。知らなかったですか。
15 :名無しのさはら|2016/12/20 7:53
プロペラが大きいオスプレイの空中給油は、かなり無理がありそうだな、今後もこの手の事故は増えるかもな、
16 :名無しのさはら|2016/12/20 7:53
事故なく訓練できれば訓練する必要はない!!
訓練だから事故はつきもの!!
民家の上で訓練はしていないから安心でしょ!!
17 :名無しのさはら|2016/12/20 7:53
波のエネルギーなめすぎ
大破してたら全員死んでる
不時着後に波で破壊されたんでしょ
それより
メディアも沖縄行政も県民も
まずは怪我した米兵を案じる言葉はないの?
同盟軍でしょ
18 :名無しのさはら|2016/12/20 7:54
日本の誰かが立ち会ったの?
全て鵜呑みか?
19 :名無しのさはら|2016/12/20 7:55
朝日・毎日・沖縄タイムス・琉球新報。
こればっか。
20 :名無しのさはら|2016/12/20 7:59
県知事の対応同盟国のアメリカには厳しいけど中国には無反応なんかおかしく無い。一番危ないのは中国ではないのか?
21 :名無しのさはら|2016/12/20 8:06
ちなみに、オスプレイが飛行停止になったとして、
任務を代替するであろう在来型ヘリのCH-53スーパースタリオンも、空中給油はオスプレイと同じくプローブアンドドローグ方式。
給油ホースが、在来型ヘリのメインローターと接触すれば、オスプレイよりもさらに危険な制御不能状態に陥る。
今回は、むしろオスプレイだったからこそ被害が少なかった。
左翼は、もう少し勉強してから批判するように。
22 :名無しのさはら|2016/12/20 8:12
今度は沖縄タイムスに不時着してもらいたな。
23 :名無しのさはら|2016/12/20 8:12
ネットでは、県知事叩き、オスプレイ容認派が溢れかえっているが、リアル社会では反対派しか見ない。二重国籍ガーも同じだけど。不思議だねえw
24 :名無しのさはら|2016/12/20 8:14
ん、今回の沖縄タイムスの記事はなんかスッキリしているな。
ちょっと逆に不気味だが。
25 :名無しのさはら|2016/12/20 8:17
なんだ?冷静な記事?
危うくなったのかな?
26 :名無しのさはら|2016/12/20 8:19
沖縄県人は旅客機に乗らないのだろうか?
27 :名無しのさはら|2016/12/20 8:19
これで危険で機体に欠陥があると騒ぐのであれば、世界中のヘリコプターは即、飛行禁止ですね。科学技術を理解しようともせず、何でも政治的な道具にして感情論だけの翁長県知事、そして左傾プロ市民集団、更に今回は日本の大手メディアの呆れた偏向報道に怒りを感じるね。大体、危険と言うなら、米国民、米国メディアが黙っていないよ。
28 :名無しのさはら|2016/12/20 8:21
新型高性能な航空機を沖縄に配備されると困る人たちが、一生懸命に批判、妨害工作を行っています。
犯人捜査の基本は、誰が一番得をするのか、です。
29 :名無しのさはら|2016/12/20 8:31
>MC130の給油ホースとオスプレイのプロペラの羽が接触し、プロペラが損傷した
>回転するうちに羽の損傷が大きくなり、飛行が不安定に
給油ホースに限らず、
同程度の接触を原因として、回転による損傷拡大を経て、同様の結果〔大破〕を予見することができる。
>搭載システムや機械系統、機体構造は原因でない
上記を前提とすると、
胴体着陸した機体と同様に、
垂直離着陸モードで着陸〔着水〕を試みると考えられるが、
着水した機体はプロペラが前方を向いている。
よって、着陸〔着水〕のためのモード変更ができておらず、必要なコントロールができていない。
大型鳥類との接触でも着陸に必要なコントロールを失う可能性があるのでは?

シェアしていただけると助かります。

 -国内

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング