試合前夜に駒澤大高監督が激怒! 2年連続8強進出の裏で「1年間で最悪な雰囲気」だった真相とは さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

試合前夜に駒澤大高監督が激怒! 2年連続8強進出の裏で「1年間で最悪な雰囲気」だった真相とは

   

img
第95回全国高校サッカー選手権大会は3日に各地で3回戦が行われた。駒澤大高(東京A)は優勝経験のある山梨学院(山梨)を4-0で撃破し、2年連続ベスト8進出と順調な歩みを続けているが、その裏でチームの雰囲気はかつてないほどに険悪だったという。
【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…
試合後の勝利監督インタビューで大野祥司監督は「昨日の夜は相当、サッカー以外のことできつく怒りました。姿勢や覚悟が全然なっていない」と前日に選手を叱責したと話した。1-0で勝利した2日の高松商(香川)戦の試合内容が乏しかったこともあるが、怒りに火をつけたのは「サッカー以外」の部分。選手たちがピッチの外で見せた気の緩みがどうしても許せなかったという。
駒澤大高は全国大会に向けて募った寄付金の一部で疲労回復のための水素吸引器を購入。連戦や遠征の際には選手たちが使用していたというが、2日の試合日に選手数名が個別に所持していた吸引用のチューブを家に忘れていたことが発覚。この初歩的ミスに大野監督は「本当の感謝をしていない」と呆れ、周囲のサポートに対する礼儀や感謝の気持ちを欠いたとして激怒した。
キャプテンのDF高橋勇夢曰く「1年間で最悪な雰囲気」がチームに漂った。この事態に大野監督が講じたのは、あえて選手を「突き放す」という手段だった。試合前夜のチームミーティングは中止し、謝罪をしにきた選手に「過去は過去で、これで明日勝つか勝たないかはお前ら次第だから」という言葉を残したほかは、試合当日の朝の散歩中に短い話があったのみ。試合中も多くの指示は与えられなかったという。選手たちにはこれがいいクスリとなったようだ。主将のDF高橋は「ある意味、謙虚になったことでいい試合ができて結果につながったと思っている」と振り返った。選手が主体となり、真摯な態度で試合に臨むことができたようだ。チーム2点目を決めた10番のMF矢崎一輝も「色んな人に感謝して戦いたい。4-0で勝ってはいるんですけど、自分たちはまだまだ。慢心とかおごりを捨てて、自分たちがやるべきことをやる」と気を引き締めていた。
大野監督も突き放すだけでは終わらなかった。強豪・山梨学院を圧倒した試合を「1年に1回できるかできないかのゲーム」と教え子たちの奮闘を称えた。
失敗は成功のもと――。過ちから学び、これまで以上に強靭な精神力を手にした駒澤大高が初のベスト4へ向けて邁進している。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDEwNC0wMDAxMDAwMS1zb2NjZXJtenctc29jYw--
1 :名無しのさはら|2017/1/4 7:34
その競技以外の部分で怒れる監督がいるところは強いわな
2 :名無しのさはら|2017/1/4 7:56
古い考えかもしれないけど、礼儀やしつけをしっかり教わってるチームは強いと思う。またそんなチームは応援したくなる。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/4 8:54
まだ高校生だしね
こういう所でしっかりと言える大人がいるのはありがたいこと
3 :名無しのさはら|2017/1/4 8:03
まさに真逆の内容。
これこそ選手に対して大人がやってあげる大事なことでしょう。
4 :名無しのさはら|2017/1/4 8:12
おい!青森山田の監督!しっかり聞いとけよ!
5 :名無しのさはら|2017/1/4 8:25
結局監督に問われているのは人間教育力ということなのだろうか
6 :名無しのさはら|2017/1/4 8:42
わわ

シェアしていただけると助かります。

 -スポーツ

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング