2016年はDACの当たり年! 麻倉怜士の「デジタルトップ10」(前編) さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

2016年はDACの当たり年! 麻倉怜士の「デジタルトップ10」(前編)

   

img
年に1度の総決算、「デジタルトップ10」の季節が今年もやってきた。オーディオもビジュアルもさまざまな展開を見せた2016年だが、麻倉怜士氏にとって今年はDACが豊作だったようだ。そんな2016年の麻倉怜士的10大ニュース(+α)を、今回も前編、中編、後編の大ボリュームでお届けする。まず前編は第10位から第6位まで。麻倉氏が持つ業界の“閻魔帳”には、果たしてこの1年でどのようなトピックがつづられたのだろうか。
ソニーの業務用OLEDモニター「PVM-X550」
麻倉氏:毎年恒例のデジタル業界カウントダウンを今年もやりましょう。年の瀬は各種メディアが一年の総決算としてグランプリを発表したりカウントダウンしたりしますが、それは複数の評者による平均値の高さを並べる、時代を表す公平なものです。このカウントダウンはそのテのものとは違う、私の主観的なインプレッションによる極私的ランキングになります。2004年10月から始まった本連載ですが、年末のデジタルトップテンは2005年からなので数えて今回で11回目です。
――ジャンルを問わない無差別級カウントダウン、それでは始めましょう。
●10位:ティアック「NEW VINTAGEコンセプト」
麻倉氏:ではここから本題に入りましょう。第10位に推すのはティアックのNEW VINTAGEコンセプトです。コレに関しては以前に詳述しているのであまり細かく話しませんが、ポイントは新しいジャンルを創造することで新規ユーザーを獲得するという点です。
保守的なイメージのあるティアックは現在、リブランディングで会社の価値を高めている最中であり、先進的なイメージを構築しているところです。その一環として従来にはなかったカテゴリーを提案したのが、依然取り上げたCD、ネットワーク、アンプが一体となったオールインワンコンポなのです。
麻倉氏:従来もCD+アンプやネットワーク+アンプという組み合わせはないわけではなかったですが、今回で重要なのはズバリ音質。そのためにハイエンドブランドであるエソテリックの技術やノウハウを上手く取り入れました。ティアックグループの中でもエソテリックブランドは音質的にもイメージ的にも抜群に高いです。私的には「音の余韻に美がある」といったところでしょうか。
――名前だけもってくる安直なブランド戦略とは一線を画すというのが極めて重要な点ですね、ティアックの本気度合いが伺えます。
麻倉氏:音を突き詰めるオーディオマニアは必然的に単体コンポーネントへ向かい、業界はそういったニーズを満たす製品を頑張って開発してきました。ですが「音楽は大好きだけどオーディオ趣味はあんまり」というミュージックラバーに対してのアプローチがおろそかになってしまい、利便性を無視して細分化し、徹底的に音を突き詰めるか、利便性のために音を妥協するかという二者択一をユーザーに迫っていたのです。システムコンポ的な取り回しの良さと、高級オーディオ的な音の良さという2つを兼ね備えるものはありませんでした。
これに関してはティアックの先進的な新しい価値追及もさることながら、私はこのジャンルは業界全体で取り組むべきであるとして評価をしました。つまりオーディオファイラーではない音楽ファンのための受け皿が、今までまったくなかったのです。このニーズに一番近い製品に「Aura note」がありましたが、ハイレゾ黎明(れいめい)期の2006年に出てきたこの製品はちょっと古くなってしまいました。しかし海外、特に英国のアンプメーカーではオールインワンが定番ジャンルの1つで、きちっとしたアンプを持っているところでもオールインワンを真面目に作っています。そういう意味では音楽ファンに向けた、デザイン・操作性・音という三拍子そろったものは求められているのではと分析できるのです。
――文化的に見てもイギリスでこのジャンルが支持されているというのは重要です。産業革命に乗って世界の覇者となったイギリスは、戦後の大英帝国衰退に伴って「英国とは何だろう」という哲学的な問いにさらされ続け、文化の重要性を深く受けとめてきました。その中でビートルズが生まれ、毎年9月のBBC PROMSラストナイトでは「威風堂々」をはじめとする数々の愛国歌が大合唱されるなど、音楽が自分たちの拠り所となることを理解しています。そんなイギリスで重宝されるジャンルですから、やはり音楽文化にとっても重要であることが伺い知れますね
麻倉氏:ビックカメラなんかで「ネットワークオーディオには興味があるけれど、ITリテラシーを求められそうでちょっとハードルが高い」という声を多く聞きます。やはり良い音が思ったように簡単に再生できるというのが必要なのです。それをカタチにしたのがティアックのNEW VINTAGEなのです。
このネーミングもなかなか面白いですね。ティアックそのものがヴィンテージブランドで、昔からの技術やイメージがありますが、それだけでなく「新しい技術を活かしながら新しい価値を創っていこう」というところで、これは是非応援したいと評価をしました。まだ市場には出てもいないですが、このプロジェクトを発端としたジャンルが今後の音楽の拠り所となる事を大きく期待したいです。
●9位:RME「ADI-2 pro」DAC+ADC
麻倉氏:第9位に挙げるのはRME「ADI-2 pro」DACです。RMEはドイツのプロ用録音機器メーカーで、ハイレゾ録音の定番になっているオーディオ機器ブランドです。このRMEが出しているDACの音は非常に素晴らしいのです。
麻倉氏:これまでRMEには「baby face」というDACがあり、最新世代のものは「baby face pro」となっていますが、これはDAC+ADCという構成の再生・録音兼用機材です。プロ仕様らしい奇をてらわないバランスの良さがあり、透明感や解像感が高く信頼感のおける音で、特に新製品のADI-2 proは音がべらぼうに良いですね。baby faceでもビックリしましたが、それにも増して低中高の各帯域における時間軸の正確さが凄く、音情報が漏らさず聴こえます。
――プロ用機材というとどうしてもモニター的で冷静な音というイメージが付きまといますが、音楽鑑賞のための機材としてこれを見た場合はどうなんでしょう?
麻倉氏:それがいい意味で意外なことに、このDACは非常に情報量が多いですが、音楽的に楽しめるリズムの躍動感や空間中の音のグラデーション、ヴォーカルの細密なニュアンス感などがよく再現されていて、音楽性の高い機器として間違いなく良いです。録音/再生兼用機器、それもプロ用となると、ニュートラルなバランスの取れた音を出すということで、音楽としての楽しみを聴かせてくれるというところではないのが通常の業務用機器ですが、これは音のビビットさが多くの情報量をともなっており、音楽を心地よく音楽的に再生します。
と、良いこと尽くめのRME製品ですが、これまでは唯一欠点(?)があり、PCM専用でした。
――あー、DACでよくあるパターンだ……
麻倉氏:そのためPCMとDSDが混在する昨今のハイレゾ環境ではなかなか使いづらかったのですが、今回のADI-2 proはなんとDSD 11.2MHzまで対応しました!
――コレもよくあるパターンですね
麻倉氏:しかも録音も11.2MHzです!!
――おお、さすがプロ機材!
麻倉氏:さらに売価も25万円と、ハイエンドオーディオ基準で見れば良心的な価格設定ですよ!!!
これまでアナログからDSD録音する際は、一般的なものではKORGのADCによる5.6MHz録音が限界でした。音に関しては2.8MHzから5.6MHzは“スゴく”違いがあります。が、5.6MHzから11.2MHzは“ヤバく”違いがあるんです。アナログからデジタル化の際にDSD 11.2MHzとなると、音の感覚的にアナログとデジタルの垣根がなくなってきます。アナログの再評価が進む昨今のオーディオシーンではレコードやカセットが復活してきており、オープンリールなどを見ることもあります。そんなアナログの高水準の音をデジタルにしたいとなった時に、これまで5.6MHzだったのが11.2MHzとなると、これはちょっと世の中が変わるぞという気がしますね。
このADI-2 proにはもう1つ面白い話があるんです。実はコレ、通常仕様では今言ったほどビックリはしないんです。というのも、プロ用途の小型DACということでさまざまな使用環境を想定した結果、電源は外部のACアダプターから賄いますが、標準で付いてくるこれが実によろしくないんですよ。音の量は多いですが、何だか冷たくて荒い印象です。
ところが! 私のシアターにあるオーディオデザインさんの電源「DCA-12VHC」を使うと、これが大変化するんです。比較をしてみると明らかに音と音の間が有機的にリンクするようになり、間接音と直接音のどちらもが非常にほとばしるように出てきました。緻密にして稠密にして高情報量、なんとすごい音だったのだろう、これだけでそんなに変わるのかという感じでした。
――DCA-12VHCというと、確か5万円ほどの外部DC電源ですよね? それで大化けするとなると、やっぱりオーディオは電源なんだなと思わせます
麻倉氏:実はコレ、exaSoundの「e22」DAC用電源で、もっというとe22を聴いた時に「まあ良いんだけれどもうひとつほしいね」となり、そこで代理店であるエミライの人が持ってきたものなんです。たまたまあったものを使ったわけなんですが、これがスゴい良くて。エミライさんにそう伝えたところ、この2つがセットになって「e22 mk2」となったという裏話があるんですよ。
しかも基本的には12Vの汎用DC電源なので、例えばメリディアンの「Prime」など、電圧と電流が合えば他の機器にも使用できます。実際いくつかのDACを試してみたんですが、いずれも音がグンと良くなります。元々あった性能をお粗末なACアダプターに阻害されていたのが、この電源を使うとレギュレーション良く整流された電気の“一番美味しいところだけ”を使うことができるようになるんです。むしろこちらをベスト10に入れてもいいくらいです。
――まるでA級アンプのようなぜいたくな電源ですね。9Vのものもあるみたいなので、汎用ACアダプターのオーディオ機材を使っているなら導入の価値が高そうです
麻倉氏:少々話がそれましたが、ADI-2 proは同価格帯のものとは一線も二線も画す音の生命感というか、飛び出し感というか、空気感というか、濃密なグラデーション感というか、そういうようなものが出てくる優秀なDACです。それに何といってもDSD 11.2MHz録音ができるというのは見逃せないですね。
●8位:ソニー「PVM-X550」 OLEDモニター
麻倉氏:第8位はソニーのOLEDモニター「PVM-X550」です。
――テレビではなくモニター、それも“PVM”型番ということは、これは業務用のモニターディスプレイですね?
麻倉氏:小売希望価格は385万円、スタジオ用の大型モニターです(マスターではない)。LGの55型白色OLED+カラーフィルターという、昨今の大型OLEDにおける一般的な構成のパネルを使用しています。
ところが出てくる画は一般的なOLEDテレビとはまるで違って、ビックリするほど「BVM-X300」そっくり。こちらはRGBで30インチの自製OLEDパネルで、マスターモニターを示す“BVM”のステータスがあり、世界中の4K HDR環境におけるリファレンス(標準機)となっています。X550はワンランク下の“PVM”ですが、コントラストや色の再現がX300にとても似ています。
――BVM-X300というと、業界人の常識で世界中の大小様々な映像現場に必ず置いてある超有名マスターモニターですね。プロの映像制作現場でこれが無いとモグリ扱いになるレベルの機材です。ところでX500はそもそも発色原理が異なるのに、なぜX300と絵が似るんだという疑問、というか不思議を抱くところです
麻倉氏:その秘密は2つ。1つはLGディスプレイのパネルを厳格に選定すること、もう1つは回路を非常に緻密なレベルで徹底的に追い込むことです。
製品の使い方としては多人数向けのスタジオ用モニターディスプレイです。スポンサーやエグゼクティブといったゲストをスタジオに招いて行う試写会などの際に用いるため、30インチよりもずっと大画面が必要で、なおかつマスモニと色が違ってはいけません。そのため作業環境であるX300に可能な限り近づけたというのが、開発として力を入れたところです。
このモニターの特長としては、やはりX300が持つ色みの芳醇さの再現でしょう。X300のピークはOLEDとしては驚異的な1000nitsを誇りますが、こちらは400nitsと少々低い値です。それでもOLEDは黒がとんでもなく沈むので、相対的に黒から白までのDレンジは通常のHDR対応液晶モニターよりもずっと広いです。
昨今話題となっているHDRの再現性も素晴らしく、色再現もX300によく似ていて、そもそもOLEDなので液晶よりもコントラストや視野角は広く、スピードが速い。そういったことが相まって一般の55型OLEDテレビとは一線も二線も画する、高い正確性とHDRの表現力を充分に持ったモニターディスプレイが誕生しました。スタジオの中だけではなく、最終的な映像鑑賞ディスプレイとしてのステータスも充分にあります。
私はソニーにおける映像部門の開発拠点である厚木でX300と並べて鑑賞しましたが、違いが判別しづらいほどに基本性能が高いです。X300は映像制作の作業用モニターで、小さい割には映し出す情報量があまりに多すぎるため長時間の鑑賞用途には向きません。ですがX550はX300が苦手とする鑑賞用途に使えます。カネはかかるが4K HDR時代における最高のOLEDディスプレイであり、ビジュアルシーンとしてこれは見逃せません。ソニーさんにはX550の技術を使い民生用の優れた大画面OLEDテレビを期待したいですね。
●7位:exaSound「e32」DAC
麻倉氏:どんどんいきましょう、第7位はexaSoundの最新DAC「e32」です。第9位のADI-2 proでもチラリと話に出しましたが、私は今まで同社のe22 DACを使っていました。実はこれ、初めて聴いた2年前に「こんなにクリアで生々しい音が出るDACはない!」と衝動買いをしてしまったんです。
当時はDSD 11.2MHzが出たばかりで、それに合わせる物を探していたのですが、その時に見つけたのがコレでした。で、よくよく聴いてみると電源がイマイチなため、オーディオデザインの電源を加えたという顛末は先ほど話した通りです。今回はそんなe22の最新モデルチェンジ版。見た目はそう変わりませんが、出てくる音は本当に違い、これまでにも増して“さらにさらに”突き抜ける音の良さを得られたということにビックリしました。
――対応フォーマットや数値的なスペックなど、大まかな性能自体はあまり変化がないようですが、具体的にどこがどう変わったんでしょうか?
麻倉氏:大きな変更点としてはやはりDACチップが最新世代のものに変更されたことでしょう。e22はESSの「ES9018S」だったが、それが最新世代の「ES9028PRO」にアップデートされています。これまでハイエンドDACは、例えばアキュフェーズのように1チャンネルにたくさんのESS DACを多段パラレル構成して、音のクオリティー向上を狙ってきた例がありますが、それをみていたESSは「それなら最初からワンチップにいっぱいDACを突っ込んでおいたほうが良いんじゃね?」と。このマルチコア化がとても効き、e22は元々音情報が多く「これほど多くの音が再現できるDACも珍しい」と感じていたのですが、今回はさらに音情報が増え、加えて音楽情報が増しています。音の粒子が細密になって数が増え、より高密度に凝集した感じです。単に粒子が細かくなったという物理的な向上にとどまらず、より音のビビットさというか、音楽の心地よさというか、そういった音楽的な粒子感と情報的な粒子感が1つおきに並んでいるというのが私のイメージです。
試聴をした際の私のリファレンスメモは次の通りです。
リファレンスに用いている情家みえさんの「Fly me to the Moon」では、元々オリジナルの音場に情報として入っていたピアノ独奏の空気成分がさらに豊かに発音するようになり、空気そのものが浄化され清らかになっていく。その清涼なアンビエントの中で、ピアノのアクションやヴォーカルのニュアンスの細やかさの感情変化がより心地よく再現されていると感じた。
2016年にヤンソンスが振ったウィーンフィルのニューイヤーコンサートでは、キラキラと煌く音の粒子感がムジークフェラインザールのあちこちで反射して瞬速な響きとなり、聴き手に向かって芳醇な空気感を聴かせている。
――今まで量子化によって抜け落ちていたモノを丁寧にすくい上げることで、音楽自体も濃密になるイメージですね。逆にいうと、今まではこんなに沢山の情報を捨てていたのかということでもあるのですが……
麻倉氏:前回に続き今回もオーディオデザインの電源が付属するセットが用意されています。インプレッションはこのセットのものですが、やはり電源で大化けする事は間違いありません。どちらが主役かという気もしなくはないですが、あらゆるDACを音楽的にする魔法の電源として、これも高く評価したいです。
――中編は番外編その1と、第6位から第4位までをお届けします。引き続きお楽しみに!
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTYxMjI5LTAwMDAwMDI1LXpkbl9scC1wcm9k
1 :名無しのさはら|2016/12/29 13:26
長!
2 :名無しのさはら|2016/12/29 14:37
世の中DAC、ハイレゾが流行りらしいが、クルマで聞くオレはMP3で充分だな。
3 :名無しのさはら|2016/12/29 16:36
SACDも普及しなかったけど、音源がCD未満な大衆にはあまり縁のない装置のオンパレードになりそうだね。
4 :名無しのさはら|2016/12/30 5:43
聴いてみないと何とも。価格もあるしさ。
5 :名無しのさはら|2016/12/31 13:42
こんなことして、なんになるんでしょうかね。何か違う感じがします。見ていていい気はしないし、上手く言えないけど、違和感があるのは、間違いないだろう

シェアしていただけると助かります。

 -IT・科学

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング