個人投資家には「持たざるリスク」なんてない さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

個人投資家には「持たざるリスク」なんてない

   

img
株式市場の「トランプ・ラリー」はいつまで続くのでしょうか。2016年の大納会の日経平均株価は3日連続で下落となったものの、1万9114円で終了しました。11月8日の米大統領選挙以降で見ると、総じて順調な相場が日米共に続いています。
■「持たざるリスク」があるのは「運用のプロたち」
このように短期間に株式市場が上がり始めてくると昔から「持たざるリスク」ということがよく言われます。これは「株が上がったのに持っていなければ、儲けそこなってしまう」、ということを意味する言葉です。評論家の人たちは、よくこういうことを言いますし、証券会社の営業マンも「株を買っておかないと、ここからは“持たざるリスク”が出てきますよ」などと言ってさかんに株式や投資信託を勧めてきます。
最近のような動きになってくると、2017年もずっとこの堅調な相場が続くという見方も増えてきていますから、内心は「乗り遅れたんじゃないか」という不安な心理になっている人も多いことでしょう。そこで、彼らの勧めにしたがって、「とりあえず何か買っておこう」という行動をとりがちになってしまいます。
でも実はこの「持たざるリスク」というのは個人投資家にはほとんど存在しないと言っていいのです。「持たざるリスク」があるのは他人のおカネを預かって運用する仕事をしている人、例えば投資信託を運用するファンドマネージャーや年金基金を運用する人達です。
なぜなら彼らは常に比較されるからです。市場全体の上昇幅に比べて劣っていたり、同業他社に比べて成績が負けていると解約されたり、運用委託先を変更されたりしてしまいますから、絶対に他に負けるわけにはいかないのです。ところが上昇相場の時に現金のままで様子を見ていたのでは、インデックスや他社の運用に負けてしまいます。だから「持たざるリスク」は存在するのです。ところが個人は他の人がどうであれ、関係ありません。自分が儲かるかどうかだけです。つまり機関投資家が相対比較であるのに対して、個人の場合は絶対損益が重要なのです。
したがって、上昇相場に乗り遅れたら様子を見て買わなければいいだけの話です。むしろ乗り遅れまいとあせって買うと、往々にして高値づかみをすることになってしまいます。ですから個人投資家にとっては「持たざるリスク」を考える必要はなく、もう買えないと思ったら、「休むも相場」という格言にしたがってじっとしていればいいのです。
■上昇相場では「ハーディング現象」に陥りやすい
ところが、多くの場合、相場が上昇し始めると多くの人は乗り遅れまいと焦って買いに出ることになります。これはなぜそうなるのでしょう?
行動経済学で「ハーディング現象」というのがあります。これは「群れの心理」ともいうべきもので、みんなと同じ行動をしないと不安に陥る心理をいいます。この場合、本来であれば投資の判断はあくまでも自分ですべきことであるにもかかわらず、ついまわりの人の行動に同調してしまいがちになるということです。
「持たざるリスク」という言葉に煽られると、“みんなが買うから自分も買わなければ!”というあせりの気持ちに陥ることから、他と同じく買いに走るという行動をとりがちです。でも株式投資においては、みんなと同じ行動をとっていたのではダメで、むしろ逆の行動をとらなければ儲けることはできません。
とは言え、みんなと逆のことをやるのは非常に難しいことで、強い意志を持っていなければ実行するのは困難です。であれば、むしろ何もしないで様子を見ているだけでもいいのではないかと思います。
どんな状況でも常に株式で運用し続けなければならないプロの運用者と違って、個人投資家は常に「フルインベストメントの状態」にしておく必要は全くありません。世の中には株式や投資信託などを自分のおカネで投資したことがないという人はたくさんいます。そういう人たちは“持たざるリスクを負っている”のでしょうか? 持たざるリスクというのはあくまでも運用をしている人たちの間での相対比較において言えることです。個人投資家はそれぞれ自分の運用スタイルがあるのですから、無理して投資し続けなければならない理由はなにもありません。
むしろ現金を常に一定の比率で持っておき、株価が大きく下がった時に買えるようにしておいた方が結果として得られる利益は大きくなるはずです。株式市場は永遠に上がり続けることもなければ永遠に下がり続けることもありません。たまたま上昇相場に乗り遅れてもどこかで必ず下がりますから、次に大きく下がった時を待てばいいのです。あせる必要は全くありません。
私は「持たざるリスク」という言葉を聞くたびに、駅のホームのアナウンスを思い出します。「発車間際の駆け込み乗車は大変危険ですからお止めください。次の列車をお待ちください」(笑)。乗り遅れても次の列車は必ずやってきますから、勢いよく飛び乗らなくても次を待てばいいのです。2017年の相場もすぐに「始発列車」が出発しますが、焦って飛び乗った方がいいかどうかは、年末年始の間にじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDEwMS0wMDE1MjEwMi10b3lvLWJ1c19hbGw-
1 :名無しのさはら|2017/1/1 6:11
じっくり考えてもわからないのが相場なんです(笑)
2 :名無しのさはら|2017/1/1 6:14
下手な買い方をし手も長期戦略で臨む事ですよ。。
3 :名無しのさはら|2017/1/1 6:20
1月末まで様子見だ!
4 :名無しのさはら|2017/1/1 6:28
次に大きく下がるのが何年後かわからないが、
それまで待ちます。
5 :名無しのさはら|2017/1/1 6:29
いい事言ってると思うよ、今回の上昇にはもう手遅れだ。次の下落後を狙うべき、個人はより慎重にいかないとね
6 :名無しのさはら|2017/1/1 6:37
ほんと、その通り!いつでも、どこかで儲かるチャンスはあるから!
7 :名無しのさはら|2017/1/1 6:41
いつどんな時でも楽観と悲観材料が交錯しています。
この記事で言う、下がるまで待て、下がったら買えを実践できてる人の顔を見たいもんだ。

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング