大阪環状線「45年ぶり」の新造車・323系デビュー!「改造プロジェクト」で西の大動脈はどう変わる? さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

大阪環状線「45年ぶり」の新造車・323系デビュー!「改造プロジェクト」で西の大動脈はどう変わる?

   

img
大阪の大動脈・JR大阪環状線が大きく生まれ変わりつつある。
JR大阪環状線は、大阪駅を起終点に大阪市の中心部をぐるっと一周する21.7kmの環状鉄道で、沿線には大阪城に近い大阪城公園駅・森ノ宮駅、多くの焼肉店が軒を連ねる鶴橋駅、日本一の超高層ビル「近鉄あべのハルカス」がそびえる天王寺駅、通天閣や新世界の玄関口である新今宮駅、そして支線としてUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のアクセス路線でもある桜島線(ゆめ咲線)などがあり、まさに「大阪の顔」と言うべき路線だ。
大阪環状線はその性格上、東京のJR山手線と比較されることも多いが、JR東日本が運行する山手線では、JR化後に「コスト半分、寿命半分」というコンセプトのもと時代にあった車両の投入・更新を行い、103系(1988年引退)、205系(2005年引退)、E231系500番台、そして最新型のE235系と車両の世代交代を重ねたほか、駅構内のリニューアル、特にバリアフリー化と駅ナカ整備に力を入れた改良を急速に推し進めた。
それに対し、JR西日本が運行する大阪環状線では、他線乗り入れ車両を除くと一貫して国鉄時代に製造された堅牢な造りの車両(103系、201系)を改装したうえで使い続けるという手法を採ってきたほか、数年前までは国鉄時代の面影が強い内装のままの駅が多く、とくにバリアフリー対応やトイレに関しては利用客から苦情が出ることも多かったという。
しかし、近年はそういった「旧態依然たる路線」という大阪環状線のイメージは大きく変わりつつある。その象徴となる存在が、12月24日にデビューした新型車両「323系」だ。
◆大阪環状線・生え抜きの新車はなんと45年ぶり!
323系電車は大阪環状線と支線の桜島線(ゆめ咲線)専用の新型車両。JR西日本によると、大阪環状線では1971年の103系増備車以来新造車両が投入されておらず(他線乗り入れ車両や中古車両の投入などはあるものの)、323系は実に45年ぶりの「環状線生え抜きの新造車両」となる。
323系は20m級の3扉車で、1編成8両。大阪環状線で長年親しまれているオレンジ色(オレンジ・バーミリオン)の帯がアクセントとなっている。車内には大阪環状線用の車両で初となる車内案内表示装置(乗客用液晶モニター)が設置されているほか、訪日外国人向けのWi-Fiサービスも提供される。
営業開始は12月24日16時09分の京橋駅発で、24日にはこの1編成が、翌日の25日に3編成がデビューし、2018年度末までに全21編成が出揃う予定だ。それと同時期に、1969年から約半世紀に亘って大阪環状線の主力車両であった103系の運用は消滅することになる。
◆「改造プロジェクト」進める環状線、各駅も全面リニューアル
新車両導入でイメージの一新を図る大阪環状線であるが、その変化は車両のみに留まらない。
JR西日本は、2011年5月に環状線の起点である大阪駅に新たな駅ビル「大阪ステーションシティ」を誕生させたことに続いて、2013年には「大阪環状線改造プロジェクト」を発表。同プロジェクトでは、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、大阪そのもの活性化を目指すことを目標としており、その一環として、大阪の力強さをアピールするデザイン電車「OSAKA POWER LOOP」の運行や、人気漫画「進撃の巨人」とコラボレーションしたトイレ改良事業、薄暗い高架下をアート空間に変えるなどいった様々な企画を実施するとともに、各駅の全面リニューアルを推し進めている。
その改造プロジェクトにおいて「モデル駅」となっているのが森ノ宮駅だ。
森ノ宮駅は1932年に開業。大阪市営地下鉄中央線・長堀鶴見緑地線との乗り換え拠点でもあり、1日5万人もの乗降客(市営地下鉄含まず)がある環状線内における拠点駅の1つだ。同駅は大阪市中央区の大阪城公園近くに所在しており、周辺には大型医療機関やオフィス、住宅のほか、2015年には駅近くの日生球場跡に東急グループの大型ショッピングセンター「もりのみやキューズモールBASE」も誕生。NHK大河ドラマ「真田丸」の影響も相まって、乗降客は増加傾向にある。しかし、一大ジャンクションでありながら、その内外装は大阪環状線内の多くの駅と同様にほぼ国鉄時代のものを引き継いだままだった。そこで、改良のモデル駅として選ばれたのが当駅であった。
まず、2013年9月には駅改良第一段として、近年は積極活用されていなかった高架下部分も利用するかたちで駅併設の商業施設「ビエラ森ノ宮」が開業。その後、駅構内の機能面を中心とした改良を進め、2015年5月に全体のグランドオープンを迎えた。
◆モデル駅の森ノ宮駅
森ノ宮駅の改良にあたっては、OCT大阪工業技術専門学校(大阪市北区)の協力のもと、大阪環状線全体のリニューアルテーマ「明るい、きれい、わかりやすい」に加えて「森」をコンセプトに空間構成をおこなったという。このような沿線の学校との産学連携は、他駅の改良・改装や、先述の「OSAKA POWER LOOP」のデザイン制作においても行われている。
駅舎についても「森」をテーマに全面リニューアルされ、構内は昭和初期からの無骨なリベット打ちの柱も生かしながら、バリアフリーなどの機能面強化のみならず案内表記類も一新。タッチパネル式案内板などの最新機器を新たに導入しつつ、それだけに頼るのではなく「直観的」に分かりやすい大型のピクトグラムを要所に配置した。
また、新たに発車メロディとして「森のくまさん」を導入。誰でも知っている童謡を用いることで自然と「森」を印象づけるという遊び心も見える。
この「モデル駅」となった森ノ宮駅を皮切りに、同様の大規模改良は環状線内各駅で行われている。
例えば、桃谷駅などでは、森ノ宮駅と同様に高架下を利用した商業施設の開発が行われ、普段は大阪環状線を利用していない駅周辺住民にとっても便利な場に生まれ変わったほか、玉造駅では103系電車を模した形のシンボリックな駅ビル「ビエラ玉造」が誕生。また、寺田町駅では、一連の改良工事中に70年ほど前のものと思われる駅名標が見つかり、駅のシンボルとして修復・保存されたことも話題となった。
さらに、各駅でシンボルフラワーを定めたり、新たに発車メロディを導入するなど、機能面での充実(バリアフリー化、トイレ改修、商業施設の充実)・案内表示類の統一を行いつつ、駅ごとの「個性」を活かす取り組みも行われている。
大きな「変化」を印象付けた「大阪ステーションシティ」の誕生から早5年。かつては古くさい印象の強かった大阪環状線も劇的な変化を遂げつつある。
JR西日本では、新型車両323系の増備と並行して、今後も「大阪環状線改造プロジェクト」に基づく改良工事に取り組んでいく方針であるという。
USJ人気や真田丸ブームの影響もあり、大阪環状線を利用する観光客は増加傾向にある。大阪では近い将来、万国博覧会を再誘致する構想も動いており、開催が決定した暁には、いま以上に多くの観光客が世界中から押し寄せることは間違いない。そうしたなかで「乗ってみたくなる路線」「行きたくなる駅」として大きく生まれ変わりつつある大阪環状線の今後にも大いに期待したい。
<取材・文・撮影/都市商業研究所>
【都市商業研究所】
若手研究者で作る「商業」と「まちづくり」の研究団体。Webサイト「都商研ニュース」では、研究員の独自取材や各社のプレスリリースなどを基に、商業とまちづくりに興味がある人に対して「都市」と「商業」の動きを分かりやすく解説している。Twitterアカウントは「@toshouken」
※都商研ニュースでは、今回の記事のほかにも下記のような記事を掲載中
・クリスピークリームドーナツ新宿サザンテラス店、1月閉店-閉店続くクリスピークリーム、日本1号店も
・京橋エドグラン、11月25日開業-明治屋京橋ビルもリニューアル
・中目黒高架下、11月22日開業-蔦屋書店など28店舗が集う“高架下商店街”
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE2MTIyNC0wMDEyMzA3MS1oYm9sei1zb2Np
1 :名無しのさはら|2016/12/24 9:18
国鉄時代に首都圏通勤五方面作戦でいろんな東京の路線が複々線化したりと増強され、次に関西でと言われていたが、国鉄解体されたので関西は未成線など不便な路線や駅が多いのが原因です。
1 :名無しのチャンネル|2016/12/24 9:53
今でも北陸新幹線をみれば首都圏最優先のインフラ整備で関西は後回しにされているのが分かる。関西が首都圏並に重要視されていれば北陸新幹線の着工&開通がもっと早期に出来ていると思いますね。
2 :名無しのさはら|2016/12/24 9:20
阪急沿線から見た環状線は改造しても変わらない。
沿線住民がやから、ぼろ切れきた服に素足にローファー、縮れ髪、アンモニア臭の乗客に遭遇。臭かった
3 :名無しのさはら|2016/12/24 9:23
いくら頑張ったところで、民度の低さが否めない…
1 :名無しのチャンネル|2016/12/24 9:40
そうそう!
大阪を無理矢理落とすような発言でしか、自分の立場を保てない可哀想な人ね
2 :名無しのチャンネル|2016/12/24 9:41
民度の定義は?
3 :名無しのチャンネル|2016/12/24 9:57
通りすがりのサラリーマン?
お前は
通りすがりの在日ニートだろ
4 :名無しのさはら|2016/12/24 9:27
大阪は環状線より御堂筋線でしょ。
大阪は南に行くほどカオス
1 :名無しのチャンネル|2016/12/24 10:03
奈良もだぜ
5 :名無しのさはら|2016/12/24 9:29
本線系統に比べると今まで投資が少なかったが今からどう変わるかは楽しみ
6 :名無しのさはら|2016/12/24 9:32
撮り鉄とかも寄ってくるのかな。
1 :名無しのチャンネル|2016/12/24 9:44
人に迷惑掛けんかったら別にええやんけ。
7 :名無しのさはら|2016/12/24 9:33
国鉄分割民営化で煮え湯飲まされて苦しい思いをさせられたJR西日本ですが本当にJR西日本は素晴らしい車両作ってますね
8 :名無しのさはら|2016/12/24 9:46
本日の夕方に323系がデビューします。それと引き換えに長年環状線の顔だった103系は徐々に姿を消してゆき来年の今頃は環状線の姿も323系と201系になりその光景も様変わりしている事でしょうね。環状線と阪和線で国鉄型が消えていく光景は何か切ないですね。
9 :名無しのさはら|2016/12/24 9:56
これまでの国電タイプの電車に比べて外観から今の時代に合うような新型車になっていますね。非常に良いと思います。
10 :名無しのさはら|2016/12/24 9:57
終日女性専用車は必要無い。

シェアしていただけると助かります。

 -国内

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング