アンネ直筆詩に1650万円の値
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

アンネ直筆詩に1650万円の値

   

url 【ベルリン時事】「アンネの日記」で知られるユダヤ人少女アンネ・フランク(1929~45年)が手書きした詩が23日、オランダで競売に掛けられ、14万ユーロ(約1650万円)で落札された。

 
 詩は42年3月28日付。欧州メディアによると、親友の姉に宛ててオランダ語で書かれ、「熱心に仕事に取り組もう。誤りを正すことが大事」などとつづられている。8行の詩の前半は出版物からの引用とみられている。

 競売会社の代表は「アンネの直筆文章が出てくることはめったにない」と強調していた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000105-jij-eurp
1 :名無しのチャンネル|2016/11/23 23:07
二度とこういう形で「日記」や「詩集」が有名になるような事態にはなってほしくないね。改めてご冥福をお祈りします。

2 :名無しのチャンネル|2016/11/24 00:03
バーカ、アンネ・フランクなんていないよ。パルチザンが「捏造」と認めたんだ。マキャベリズムのオーベルシュタインの名前をよく騙るものだ。馬鹿が。

3 :名無しのチャンネル|2016/11/24 10:10
アンネの日記、途中からボールペンで筆記されている。お父様が水増しなのだ。

4 :名無しのチャンネル|2016/11/24 10:51
オランダ戦時資料研究所自体は、アンネ・フランクのルーズリーフに挿入されたボールペンによって書かれた2枚の紙を確認していたが、翌1987年、裁判所から筆跡鑑定を依頼されたハンス・オクルマンは、その2枚の紙は彼の母ドロシー・オクルマンがミナ・ベッカーと共同して日記の調査を行ったときにドロシーが書いたものであることを明らかにし、ボールペン問題には決着がついた。2003年に出版された改定批判校訂版には以下のように記されている。「ボールペンで書かれた痕跡があるのはルーズリーフ帳に挟まれていた僅か2枚の紙である。図 VI-I-I と 3 に示されているように、これらの紙はプラスチックのカバーに対応する場所に置かれている。実際の日記においてこの事は何ら意味を持たない。2枚の用紙に書かれた筆跡は他の日記の部分の筆跡とは大きく異なっている」

5 :名無しのチャンネル|2016/11/23 23:09
フランシン・プローズさんはさぞ喜んでいる事でしょう。

6 :名無しのチャンネル|2016/11/23 23:59
ユダ公は金持ってるからな。パレスチナで市民大量虐殺し続けてるしヒトラーは正しかったと思う。

7 :名無しのチャンネル|2016/11/24 10:43
さぞアドルフ・ヒトラーは無念であろう(一一)ユダヤ系を絶滅させていたら現代社会は全然違った経済発展を遂げたであろう今、世界の金の流れはユダヤ系が牛耳っている

8 :名無しのチャンネル|2016/11/24 00:02
これは「ユダヤ版慰安婦」ですね。リーマン・ショック主犯の糞ユダヤ。またアウシュヴィッツで屠殺されろ。

シェアしていただけると助かります。

 -海外ニュース

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング