ひきこもり仕組み 一端解明へ
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

ひきこもり仕組み 一端解明へ

   

 群れから隔離され不安めいた行動をするようになったマウスの脳内の変化を、京都大医学研究科の成宮周教授と長崎大医歯薬学総合研究科の出口雄一准教授らが突き止めた。人間の引きこもりに関するメカニズムの解明につながるという。米科学誌セル・リポーツに23日、発表する。
 内閣府は、家族以外とほとんど交流を持たない15~39歳の「引きこもり」の人は、全国で54万1千人いると推計。引きこもり生活を終えたいと思っている人の支援が課題となっている。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000013-kyt-l26
1 :名無し|2016/11/23 15:37
引きこもって研究しとったんだろうな〜わりとマジで…

2 :名無し|2016/11/23 15:19
結局、薬飲まないと治らない飲んだら引きこもり解消出来るの。

3 :名無し|2016/11/23 15:45
引き籠ると脳内に阻害物質が出来る、それを取り除く研究をしよう、と言う事では?ただ私、おっさんになってから再就職活動をして分かったのですが、不採用が続くと落ち込むのですよね。「頑張って次受けに行こう」というのが、しんどい。それで出なくなると、更に出るのが億劫になる。薬でそういう不安を突破できるといいのですが。まあそれは新卒の方も同じかな。薬の開発もいいのですが、引き籠っていう人が外に出やすく、少々失敗しても笑って許しあえるような、そんな社会が出来たら、そう思います。

4 :名無し|2016/11/23 15:38
薬でひきこもりを治療しようとする発想は怖い。そもそも、ここで紹介されている「ひきこもり」の定義が39歳が上限というのもおかしい。今は理不尽なリストラで「ひきこもり」に追い込まれる40歳以上の人が急増している。「ひきこもり」が増えた背景として劣悪な雇用環境と10数年前から台頭したコミュ力重視社会がある。

5 :名無し|2016/11/23 15:23
むしろ引きこもりできるだけ裕福なんだろ。貧乏人は外に出て働かないと生活できないから引きこもりなんて無理だから。うらやましいわ。

6 :名無し|2016/11/23 15:19
ひきこもり?気合が足りないだけだよ!甘ったれんじゃねぇ!

7 :名無し|2016/11/23 15:47
引きこもりを病気と見なす考えが現れることが懸念される。お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世さんが自身のひきこもり体験を語った新聞記事から引用しておく。「なんにも取りえがない人間が、ただ生きていても、なんにも責められれへん社会、いうのが正常です」。

8 :名無し|2016/11/23 15:20
この記事は、「ひきこもりした結果として、脳内に変化が起こる。」という事ですね。「この脳内変化を修正し、治療する。」という事ですね。ひきこもりを起こす要因は、生理的(脳内生理機序の整合性異変等)、身体的(骨格・神経系とその関連脳)他が考えられますね。これらの要因は、脳の正常な活動を妨げて、人間関係の構築障害、集団活動阻害他を起こす事がありますね。

9 :名無し|2016/11/23 15:52
白昼コンビニでエロ雑誌立読みできるオレは引きこもりではないと自認している

シェアしていただけると助かります。

 -科学

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング