水星に長さ400kmの渓谷を発見
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

水星に長さ400kmの渓谷を発見

   

url以前にも地殻運動による収縮が伝えられた、太陽系第一惑星の「水星」。その水星で、新たに惑星の収縮を示す大規模な渓谷が発見されました。
 
今回の渓谷は、2015年に水星の観測を終えた探査機「メッセンジャー」のデータから発見されたものです。同衛星からのデータから、研究者は深さ3km、長さ400kmにもおよぶ渓谷を発見。これは水星の冷却とそれに伴う縮小からできたものと考えられます。
 
すべての惑星は時間の経過とともに冷却し、その表層とマントル上部(リソスフェア)は移動し歪みができます。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161121-00010001-sorae_jp-sctch
1 :名無し|2016/11/21 18:12
死ぬまでに 青い地球 を この目で見てみたい!一般人が行けるようになるまで生きていられるか? ww

シェアしていただけると助かります。

 -科学

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング