IT業界 トランプ氏距離感探る
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

IT業界 トランプ氏距離感探る

   

 【ワシントン=小雲規生】ドナルド・トランプ次期米大統領が政権発足に向け組閣作業を進める中、IT業界ではトランプ氏が規制や税制で強い権限を持つことへの困惑が広がっている。トランプ氏は大統領選の期間中、アップルやグーグルなどのIT企業をさまざまな理由で批判。各社は今後、次期政権とどのように渡り合っていくか、慎重に距離を測っている。

 「アップルは外見や出身、信仰、愛する対象が誰であるかを問わず、多様性を尊重する」

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000041-san-n_ame
1 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:04
大企業に課税、庶民には減税、アメリカは人道的良識派が復活しそうだ日本とは真逆だ、羨ましい、51州目にして頂きたい

2 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:43
> 「アップルは外見や出身、信仰、愛する対象が誰であるかを問わず、多様性を尊重する」多様性・・・ではまず自社独自仕様のゴリ押し抱え込みを止めていただきたい

3 :名無しのチャンネル|2016/11/20 10:14
> 「アップルは外見や出身、信仰、愛する対象が誰であるかを問わず、多様性を尊重する」きれいごとを言うな。その理念と対極の「チャイナ」で自社製品を生産するのは何故だ?

4 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:28
探ってるのは 落としどころ

5 :名無しのチャンネル|2016/11/20 07:59
アップルからしたら人件費の安い中国で生産したいから、トランプだとキツイだろうな!

6 :名無しのチャンネル|2016/11/20 09:06
米国生産品の品質とホワイト労働賃金を先ず改革しないと牛以外、輸出は無理なのではないでしょうか。

7 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:42
米国の敵は米国

8 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:44
多国籍企業ではなくIT企業とフォードに絞っているのは、なぜ?ドル基軸を強化しないと実効性が、なくなるけど。全体計画がとてつもなく難しいことを実行出来たら、どえらい大統領になる。

9 :名無しのチャンネル|2016/11/20 10:43
所詮米国のアップル社員は英語を話せるインド人や中国人台湾人がほとんど。ハードをアジアで生産するから、アメリカ人の中流が減り、アジアの中流が増えた。自国優先に移行は当然、現在はアジア系に依存しすぎだ

10 :名無しのチャンネル|2016/11/20 11:40
獅子身中の虫。敵は、自国にいるんですよ、トランプさん。
11 :名無しのチャンネル|2016/11/20 08:31
お前らアメリカの企業なんだからアメリカに税金払えよという当たり前のことを言ってるだけなのだが。とりわけアップルの税逃れスキームはiMacより創造的。

シェアしていただけると助かります。

 -IT・情報

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング