作家の藤原ていさん死去 98歳
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

作家の藤原ていさん死去 98歳

   

url 作家の新田次郎氏の妻で、中国からの過酷な引き揚げ体験をつづった「流れる星は生きている」で知られる作家の藤原てい(ふじわら・てい)さんが15日、老衰のため死去した。98歳。長野県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は、長男、正広(まさひろ)氏。

 諏訪高女卒。戦前、気象台に勤めていた夫、新田次郎氏の転勤に伴い、満州へ。夫が抑留されたため、残された3人の幼い子供をつれて満州をさまよい、収容所暮らしなどを経て帰国。子供たちへの遺書のつもりで、当時の壮絶な経験を基にした「流れる星は生きている」を執筆。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000546-san-ent
1 :名無しのさはら|2016/11/18 17:29
そう思う1945そう思わない1946

2 :名無しのさはら|2016/11/18 18:51
息子の藤原正彦の本はたくさん読んだなぁ。ご冥福をお祈りします

3 :名無しのさはら|2016/11/18 17:59
亡くなった祖母が大切にしていた本で、私も読んで感動したのを覚えています。お疲れ様でした。

4 :名無しのさはら|2016/11/18 17:52
この人の悩み相談の回答が大好きだった!学校の先生を好きになってしまった、いけませんか?という相談に「もっともっと好きになっていいんですよ」ご冥福をお祈りします

5 :名無しのさはら|2016/11/18 17:24
大往生でしょう。

6 :名無しのさはら|2016/11/18 17:41
98歳。僕もそれぐらい生きたいです。藤原ていさん、ご冥福をお祈りします。

7 :名無しのさはら|2016/11/18 17:25
新田次郎氏の奥様ですね合掌

8 :名無しのさはら|2016/11/18 17:30
流れる星は生きている 本当に壮絶な話です。絶対に読むべき一冊です。

9 :名無しのさはら|2016/11/18 17:46
同意!同意!同意!これは絶対に語り継がねばなりません。日本民族の悲劇、歴史として語り継がねばなりません。ユダヤ人が出エジプトを語り継ぐのと同じです。

10 :名無しのさはら|2016/11/18 17:28
高校生のとき、この本を読んで、自分の母の体験と重ね合わせ、満州引き揚げというものを一層身近に感じたものでした。大昔の話かもしれないけれど、世界中に日本人がいる今、何か起きた時、同様の状況に置かれるであろうと考えさせてくれる本です。ご冥福をお祈りいたします。
11 :名無しのさはら|2016/11/18 18:08
私の父も満州からの引き揚げ者でした。因みに名前は「正彦」(笑)。勿論藤原ではありませんけど。苦労をしたらしいということは聞いていましたが、父は私が小学生の時に亡くなり、どんな苦労だったか語らないまま亡くなりました。また当時の私では理解できなかったでしょう。後年『流れる星は生きている』を読みました。壮絶な体験に驚きました。今思い出して涙がこぼれています。多くの人に知ってもらいたい歴史だと思います。

12 :名無しのさはら|2016/11/18 18:52
ご冥福をお祈りいたします。

13 :名無しのさはら|2016/11/18 17:25
流れる星は生きているはすごい内容だった。この家族の小説はみな感動した記憶がある。

14 :名無しのさはら|2016/11/18 17:45
お疲れさまでした。

15 :名無しのさはら|2016/11/18 18:04
幼い子を3人守り育てる母として、戦争を生き抜くということは壮絶で‥私にとって衝撃的な作品でした。

16 :名無しのさはら|2016/11/18 17:42
新田次郎が亡くなってから随分たちますね。ご冥福を祈ります。

17 :名無しのさはら|2016/11/18 17:16
昭和がまた遠なるわ

18 :名無しのさはら|2016/11/18 18:34
こんな壮絶な経験、私だったら耐えられるかとなんども考えました。すごい。とにかくすごすぎる。足の裏に石が食い込んで取れなくなるとか、想像しただけで泣けました。未読の方にオススメします。

19 :名無しのさはら|2016/11/18 17:32
若すぎるな

20 :名無しのさはら|2016/11/18 17:55
『流れる星は生きている』は学生の頃に読了させていただきました。あれほど過酷な経験をされた方が天寿を全うされたかと思うと感慨深いものがあります。貴重な歴史の証人のお一人でした。ご冥福をお祈りいたします。
21 :名無しのさはら|2016/11/18 17:33
こどもの問題集に記載されていて、私の方が続きを読みたくて買いました。お疲れさまでした。ご冥福をお祈りします。

22 :名無しのさはら|2016/11/18 17:49
そういえば昔、読売新聞のお悩み相談者やってた。「ありますまい」がお決まりで、独特な感じだったの覚えてる。98歳だったのにビックリ。そうだよな~当時で70代だったから・・・。

シェアしていただけると助かります。

 -国内ニュース

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング