SNSに虚偽情報 オバマ氏言及
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

SNSに虚偽情報 オバマ氏言及

   

url 「Facebookページやテレビで正しい情報と区別がつかないようにうまく仕上げられた偽情報が流れる今の時代、われわれは何と戦っているのか分からなくなる」──。バラク・オバマ米大統領は11月17日(現地時間)、独ベルリンで開催したアンゲラ・メルケル独首相との合同記者会見でこう語った。

 米国では、8日の大統領選で大方の予測に反して共和党のドナルド・トランプ氏が勝利した後、同氏の勝利には米Facebookなどで出回った「虚偽のニュース」が与えた影響が大きいという批判が高まった。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000035-zdn_n-sci
1 :名無し|2016/11/18 11:05
アメリカの国民の多くが報道に疑惑を持っている。ネット=嘘が多いというのも事実だが、なかには既存のメディアが報道しない事実も少なくない。アメリカはメディアが買われてるし、クリントンは新自由主義にべったり。「いい人」そうというイメージだけでオバマを評価してる人が日本には多いが、正直やったことは微妙だったと思う。トランプのほうがマシかどうかという議論は別として。

2 :名無し|2016/11/18 11:02
出ましたマスコミのSNSネガキャン記事。翻訳が合ってればの話だけどな

3 :名無し|2016/11/18 10:07
世界で最も早い段階でインターネットが整備されたアメリカでさえこのザマなんだから、日本含めたその他の国の情報リテラシー能力の低さはやむを得ないところがあるよなぁ。

4 :名無し|2016/11/18 11:04
特に日本はSNSやスマホを批判してガラケーで身内からのチェンメとかを信じて、受け身、事なかれ主義が蔓延るような国だからそりゃリテラシーも育つわけないわな。

5 :名無し|2016/11/18 11:33
さりとて中国のように情報統制に力を入れる方向にかじを切るわけにも行かず、成熟しきった民主主義、言論の自由の弊害でもあるわけです。個々人の情報リテラシー能力の向上、つまりはさらなる教育の向上はもちろん、あとから事象を検証できる国家としての健全性を失わないことが肝要ではないかと。

6 :名無し|2016/11/18 12:03
ホームページ、ブログ、SNSと進んでいくの連れ、ネット情報もマスゴミの様に劣化していってると思うマスゴミの世論操作がー、とか言ってる人たちが、ネットの嘘情報に踊らされてるのをみると、方法は変わっても本質は変わらんという事を再確認させられる情報の本質は、出所の透明性と、受け手のインテリジェンスネットが発達しても、実はあまり変わってないよね〜

7 :名無し|2016/11/18 11:36
どちらがどちら、と言う議論はさておき。言ってることはあながち外れてはいないだろう。嘘やでっち上げをさも事実のように報道することに何の罪悪感も持たなくなったメディアが最も強く寄って立つ民主主義を一番に悪用し貶めている ってことか。

8 :名無し|2016/11/18 11:50
上院では2014年までは民主党が第一党であったがその後共和党と入替り、下院では2010年以降共和党が第一党。今回の議会選挙、大統領選挙でも敗北。まさに完全敗北。ヒラリーが負けた理由の大半は「オバマや民主党には辟易とする、ねじれを解消し政治を取り戻したい、地方の声を聞いてくれ」が正解じゃないか?SNSは関係無い。SNS利用者はそんなに低脳じゃない。嘘のニュース等を面白がって、ゴシップと同じ扱いをしているだけ。そもそも、アメリカじゃ誹謗中傷は選挙中当たり前。その中から有権者は情報を選んで投票している。ヒラリーも昨日変な事言っていたが、民主党って党は世界共通なのか?

シェアしていただけると助かります。

 -IT・情報

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング