ゴッホ作品 真贋論争が激化
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

ゴッホ作品 真贋論争が激化

   

url【AFP=時事】19世紀の画家ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の「失われた」スケッチブックとされる作品の真贋(しんがん)性をめぐる論争が17日、新たな局面を迎えた。作品を本物と考える専門家らが、贋作と一蹴しているオランダ・アムステルダム(Amsterdam)のゴッホ美術館(Van Gogh Museum)に対し、公開討論を要求した。 専門家らは、美術館側の鑑定内容に逐一反論した上、同館がゴッホ作品の真贋を判断する「独占権」を振りかざしていると批判。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161118-00000003-jij_afp-int
1 :名無しのさはら|2016/11/18 08:26
真相は、本人にしか分からないのかも知れない。

2 :名無しのさはら|2016/11/18 09:56
筆致などは本物と比較してデジタル判定できるんじゃないの?よくわかんないけど(笑)

3 :名無しのさはら|2016/11/18 10:41
美術品の真贋性はとかく筆跡や作風に重きを置かれるけど、ウダウダ議論するより指紋やDNA鑑定の方が早く解決しそうだけどね〜。

4 :名無しのさはら|2016/11/18 10:08
仮に贋作だとしても、ここまで議論が起こる時点で贋作製作者の腕は確かだね。人真似もここまで達すれば本物。

5 :名無しのさはら|2016/11/18 10:19
そもそも、これをゴッホの偽物として描く理由が無い。贋作ってのは作る理由(高く売れる)があるから作るんであって、こんな当時から値段にならない、今でも未発表で値段の付いてないものの贋作を作る理由がない。紙の質やインクの質で時代が解ってるなら尚の事、当時ゴッホの贋作なんて作る理由が無い。

6 :名無しのさはら|2016/11/18 10:51
紙とインクをその時代のものを使って作るのが、’プロの贋作’だから。真偽は分からんが、別にお墨付きはいらないんじゃないか・・・

7 :名無しのさはら|2016/11/18 10:55
>>そもそも、これをゴッホの偽物として描く理由が無い。>>贋作ってのは作る理由(高く売れる)があるから作るん>>であって、こんな当時から値段にならない、今でも未発表>>で値段の付いてないものの贋作を作る理由がない。そうとは言えないゴッホの絵が評価されだしたのはゴッホの死後、15~20年経ったあと1905~1910年ごろからとされる100年前から評価は高まっていたわけで100年前はそれほど高額で無かったにせよ画風に憧れて練習がてら模倣する奴がいてもおかしくは無いそれより、この当該の物はスケッチブックに描かれているのであり利益目的に贋作を作るのならスケッチブックなんぞに描くわけは無い

8 :名無しのさはら|2016/11/18 10:03
医師の記録も、本当かよくわからいけど。

9 :名無しのさはら|2016/11/18 10:15
ゴッホの作品なら星月夜が一番好き

10 :名無しのさはら|2016/11/18 09:43
半分本物、半分偽物という事例は他の分野でも幾らでもある。本人の筆が少し入った弟子の作だとか。
11 :名無しのさはら|2016/11/18 09:56
>私の修論は当時の彼女が殆どやってくれました。まぁ卒論や修論なら大丈夫でしょw博士論文は他人には任せられないですけど!

12 :名無しのさはら|2016/11/18 10:14
これが自分語りってやつか。

13 :名無しのさはら|2016/11/18 10:28
ゴッホに弟子はいない・・・・。

14 :名無しのさはら|2016/11/18 10:34
要は本物のゴッホもさほど大した画家ではないということでしょう。ニセモノのほうがうまいときもあるぐらいですからね。ゴッホ展を見てもあまりわかりませんでしたね。

15 :名無しのさはら|2016/11/18 10:23
そんなものに興味のない人間としては、本物かどうかなんてどうでもいいような気がしますけど。芸術作品が素晴らしいかどうかなんて、人が鑑定するのではなく自分の感性に聞けばいい。自分がいいと思うものは人がどう思おうといいのである。ブランドのバッグや靴など、偽物は使ってみればすぐにわかるではないか?わからないなら買う必要がない。

16 :名無しのさはら|2016/11/18 11:01
本物と認められたら一躍有名になれるし金持ちにもなれるそれだけが動機じゃないとは思うけどね

17 :名無しのさはら|2016/11/18 09:40
絵の良さで判断してないんだから全部ゴッホって言っとけばみんな喜ぶんじゃない

18 :名無しのさはら|2016/11/18 09:33
世の中の美術品の類、後で見つかったとか一般家庭にひっそり眠ってたとかで出てくるのを良く見るが、その鑑定ってどこまで正確なのか?鑑定団みてても思うけど、その鑑定は100%正しいのか?誤って本物認定されてたり、本物を偽物認定されたものも意外と多いんじゃないか?

19 :名無しのさはら|2016/11/18 09:43
本物と鑑定されて美術館が購入したはずなのに、気がついたら収蔵庫から消えていた・・・なんて話は(嘘か真かわかりませんが)聞きますね。購入後に偽物なのが判明して、こっそり処分されたという・・・。

20 :名無しのさはら|2016/11/18 09:44
偽物であっても欲しい人がいれば値段がつく。鑑定団なんかは事前にある程度のチェックをしてるんじゃないかな。素材の年代チェックで偽物をある程度正確に弾くくらいはできるはず
21 :名無しのさはら|2016/11/18 09:52
それは、冤罪があるのと同じでなくなりはしないことだと思います。冤罪で殺人犯にされて終身刑や死刑にされることだってありえるんだから。。

22 :名無しのさはら|2016/11/18 09:33
ゴッホより~普通に~

23 :名無しのさはら|2016/11/18 09:42
写楽が好き~

24 :名無しのさはら|2016/11/18 08:45
ラッセンより鈴木英人の方が好き

25 :名無しのさはら|2016/11/18 09:06
ラッセンの絵の美しさは認める。

26 :名無しのさはら|2016/11/18 10:02
500年後のドラゴンボールである

27 :名無しのさはら|2016/11/18 10:26
美術館側の肩を持つわけじゃないけど、学者とか研究科の意見ってあんまり当てにならないんだよね。画家の印象の方が正しかったりする。画家はこのスケッチブックを見てどういってるんだろう?

28 :名無しのさはら|2016/11/18 09:54
本物か偽物かなんてわからないだ専門家が「本物」って言えばそうなるんじゃないのか本人はいないのだから

29 :名無しのさはら|2016/11/18 10:00
絵は、いい絵だなと感動するなら買えばいい。本物かどうかを気にするのは投資家。しかし本物を買っても盗難を恐れて地下室とかに隠すから鑑賞できないw

30 :名無しのさはら|2016/11/18 10:10
自分にとって、ゴッホの作品なんて、1円の価値もない。だって、いいと思わないから。芸術性の評価とは、「作者が誰か」ではなく、「作品そのもの」に対してなされるものではないのかな。絵画ビジネスの世界は摩訶不思議だ。
31 :名無しのさはら|2016/11/18 09:37
真鍮に見えた

32 :名無しのさはら|2016/11/18 09:47
金が絡むとそうなるわな。

33 :名無しのさはら|2016/11/18 10:50
絵画の鑑定はホント難しいね。上手すぎるから贋作って鑑定もタマにあって笑える。

シェアしていただけると助かります。

 -海外ニュース

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング