オバマ氏 最後の外遊で警鐘
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

オバマ氏 最後の外遊で警鐘

   

url【AFP=時事】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は15日、訪問先のギリシャ・アテネ(Athens)で、「露骨なナショナリズム(国家主義)」に警戒するよう呼び掛けた。 オバマ氏は今週、任期中最後となる外遊として、ギリシャに続きドイツ、そして南米ペルーを訪問する予定。欧州訪問では、先週の米大統領選で欧米関係の重要性を軽視するような姿勢を示していたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が選出されたことに動揺する同盟諸国を安心させたい意向だ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00000002-jij_afp-int
1 :名無しのさはら|2016/11/16 15:25
国連もグローバリズムもいらん。

2 :名無しのさはら|2016/11/16 14:50
アメリカではTPPより、PPAPなんだろう

3 :名無しのさはら|2016/11/16 15:55
うまいww

4 :名無しのさはら|2016/11/16 15:27
いつもおもうけど、いう相手を間違えてる。

5 :名無しのさはら|2016/11/16 14:45
なぜナショナリズムが台頭してきたか。行き過ぎたグローバル化が多くの人にとって不利益であることが判明したから。TPPをはじめとした行き過ぎたグローバル化にこそ警鐘を鳴らすべきだろう。

6 :名無しのさはら|2016/11/16 15:05
理念よりも欲が前面に出てきて、時代が「ダークサイド」に傾こうとしているように思える。

7 :名無しのさはら|2016/11/16 16:02
最近この人、「Yes we can!」って言わなくなったな。

8 :名無しのさはら|2016/11/16 15:26
何かを変えたいと思わせたのはオバマさんにも責任があると思う。広島でのスピーチ以外印象が薄い。

9 :名無しのさはら|2016/11/16 16:01
議会の抵抗が強く、オバマ大統領の意思がなかなか通らなかった。

10 :名無しのさはら|2016/11/16 15:59
「自由と平等の国・アメリカ」もたいした事なかった、って思う。
11 :名無しのさはら|2016/11/16 15:10
その最たる者が、トランプ。

12 :名無しのさはら|2016/11/16 16:00
          「トランプ氏が911を再調査する」

13 :名無しのさはら|2016/11/16 15:57
EUの終わりの始まりこれから激動の時代を目の当たりに出来るって幸せ胸熱

14 :名無しのさはら|2016/11/16 16:00
でもって早速トルコで暴力デモ始まってるね

15 :名無しのさはら|2016/11/16 15:19
国家間競争ではなく、都市間、個人間競争が避けられない時代になってきた。ナショナリズムなんて無意味なんだが。

16 :名無しのさはら|2016/11/16 15:27
こんな時代だからこそ、愛国心はしっかり持っていたい。侵略はいけないが、国防は大切だ。主権があるのは本当に素晴らしいことだと思う。

17 :名無しのさはら|2016/11/16 15:29
どちらもバランスが重要だな。

18 :名無しのさはら|2016/11/16 15:45
外遊って言葉が好きになれない。

19 :名無しのさはら|2016/11/16 15:27
ナショナリズムもグローバリズムも元々はどちらが強くても駄目なもの。お互いに敵視するという考え方が、人間として小さい。

20 :名無しのさはら|2016/11/16 15:52
これでアメリカ様が復活したな
21 :名無しのさはら|2016/11/16 15:49
昔と違って掛け声だけでは、何も変わらない。

22 :名無しのさはら|2016/11/16 15:20
実はグローバリズムこそが人々の自由を奪い1%が世界を支配するカラクリがある事を知る人は少ない、最近のナショナリズムの台頭は1%にとっては「不都合な真実」なんですねぇ(¬_¬)

シェアしていただけると助かります。

 -海外ニュース

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング