読むだけで夏の暑さが吹き飛ぶ!世界一寒い街ベルホヤンスクはこんなところだった さはらチャンネル

読むだけで夏の暑さが吹き飛ぶ!世界一寒い街ベルホヤンスクはこんなところだった

telmin

   

img

定住者のいる地域の中で、世界で最も冬の寒さが厳しいのは、シベリアのサハ共和国にあるベルホヤンスクという街。北極圏内に位置し、冬の気温がマイナス50度台はあたりまえ。マイナス67度という世界記録は、いまだ破られたことのない「寒極」の地だ。

【写真】読むだけで夏の暑さが吹き飛ぶ!世界一寒い街ベルホヤンスクはこんなところだった

日本人でここを訪れたのは、史上10人しかいないそうで、まさに知る人ぞ知るワンダーランド。そこへ、「マイナス50度の世界とはどんなものか」という好奇心を満たすため、11人目の日本人として永久凍土を踏みしめたのが、アーティスト&イラストレーターとして活躍する、まえだなをこさんとその一行だ。

まえださんは、ベルホヤンスクを訪れてのでき事を、コミックエッセイ風の旅行記『世界で一番寒い街に行ってきた: ベルホヤンスク旅行記』(kindle電子出版)に記している。それを読むと、ベルホヤンスクとは、気候だけでなく生活や文化も日本とは全く違う別天地ということが分かる。

今回は、ベルホヤンスクという街がどんなところなのか、概要的な部分をまえださんに伺った。

Q:北海道に住んでいる人でも、気温がマイナス3度くらいになると「寒い、死ぬ~」とぼやきます。それよりも50度も低いと言われても実感はわかないのですが、どれほど寒いものなのでしょうか?

まえださん:外出時は防寒着をしっかり着込み、たいていは車で移動していたので「寒い!」と体感することはあまりなかったです。

ただ、野外のトイレに入ったとき、金属の鍵を触ってしまい、一瞬で指が軽い凍傷になったり、帽子を被らないで歩いていると、街の人が駆け寄ってきて、帽子をかぶるように言われます。これは「脳が凍る」からだそうです。注意しないと危険な土地なんだなと実感しました。

吐く息で髪の毛やまつ毛も凍りましたし、魚は釣り上げた途端急速冷凍です。

あとは、街の商店のアイスのケースの温度はマイナス20度なのに、外はマイナス50度で矛盾を感じました。外に放置でいいじゃんと思いましたが、外の気温だと凍りすぎて歯が折れるかもしれないですね。

Q:室内と野外では、服装は全く違うと思いますが、外に出るときはどんな防寒装備をしますか?

まえださん:ベルホヤンスクで毛皮のジャケット、スキーパンツ、毛皮の帽子、羊毛の手袋、毛皮の靴です。動物製品はすごい!外でも寒さを感じませんでした。着いてから頭からつま先までフルセット借りました。もし日本で揃えたら値段がすごいことになりそうです。

一方、ホテルも学校も室内はガンガンに暖房が効いていて暑くて汗をかいていました。

Q:ベルホヤンスクの住人は、ふだんどんなものを飲み、食べているのでしょうか?

まえださん:お酒は微炭酸・微アルコールの馬乳酒です。甘酸っぱくて飲みやすいです。飲兵衛のメンバーは度数の高いウォッカを街の酒屋で買っていました。あとは宿にはサモワール(ロシアの給湯器)があり紅茶を飲んでました。

主食は馬肉です。馬のハンバーグ、馬の生肉、馬の煮物、馬入り餃子、馬のモツのソーセージ、とにかく馬づくしです。ほかには凍った魚や酢漬けの魚、魚スープ等、魚も出てきました。凍った魚には味がついていないので、わさびと醤油を持っていくと日本人的には嬉しいです。

一方、野菜や果物は酢漬けのキャベツと人参や凍ったベリーなどの保存食しかなかったです。これらは家の床下の保存庫にいれてあるそうです。自然の冷凍庫です。

驚いたのは、ベルホヤンスクの人たちは朝、昼、夕、晩と4回食事をしていることです。寒いとカロリーを消費するからだそうです。

Q:ベルホヤンスクに来て、素晴らしいと思ったことに何があるでしょうか?

まえださん:何度もパンや紅茶やバターを大地に捧げる儀式に立ち会いましたし、学校ではサハの伝説を題材にしたダンスの発表や口琴「ホムス」の授業もありました。自分たちの文化を誇りにし、失われないように工夫していると感じました。学校は近代的で、日本の普通の学校よりも設備が整っているくらいです。近代的なものと、伝統的なものは共存できるんだなと思いました。

ベルホヤンスクの人々の暖かいところも嬉しかったです。なんでみんなこんなに親切なのだろうと聞いてみたら、自然が厳しいので助け合わないと生きていけないからという答えが帰ってきました。そこも守り継がれてきたところなんだなと感じました。

単独行動は危険なため、ツアーでしか動けないのでむしろ初心者におすすめの旅行地です! ぜひ寒いけど暖かいベルホヤンスクを味わってください!

いかがだったろうか?ベルホヤンスクにはガイド付きツアーもあるそうで(詳細は本書参照)、一生に一度の体験として行ってみるのも悪くないかもしれない。ただ、くれぐれも防寒には留意しておこう。

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNzIxLTAwMDEwMDEwLWRpbWUtZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/7/21 19:39

北海道も負けてませんマイナス30℃

2 :名無しのさはら|2018/7/21 19:40

ちょっとマシになったかな。

ところで、夜真っ暗な部屋で1人で稲川淳二の怪談聞くと、寒いとかそういうレベルじゃなくなるよ。

1回やってみそ。

3 :名無しのさはら|2018/7/21 19:50

あまり寒さを感じない記事。

4 :名無しのさはら|2018/7/21 19:56

読んだけど、

暑い時は暑い!

暑さに異常なし!

5 :名無しのさはら|2018/7/21 19:56

北海道の真冬にマイナス3度で、寒いと騒ぐ人はいないと思います。

6 :名無しのさはら|2018/7/21 20:00

>人々が暖かい

>自然が厳しいので助け合わないと生きて…

長年自然災害のなかで生きてきた日本人も

同じもんなんだろうなーと なんとなく思った

7 :名無しのさはら|2018/7/21 20:04

マイナス50℃で凍ったあずきバー、硬そう

8 :名無しのさはら|2018/7/21 20:09

暖房がとまれば、死ぬ危険がある所に住もうとは思わない

9 :名無しのさはら|2018/7/21 20:12

申し訳ないが読んでも暑さが飛びませんでした。

10 :名無しのさはら|2018/7/21 20:12

外から寒い寒いと帰って来てアイスケースに手を入れたら

あ~暖まるぅ~。

ってなるのだろうか?

11 :名無しのさはら|2018/7/21 20:13

読んでも暑いわ!

12 :名無しのさはら|2018/7/21 20:13

え?

北海道でマイナス3度は「あったかい」けど?

何言ってんの?

マイナス30度になれば寒いけど「死ぬ」ほどではない。

ちゃんと調べてから物申して?

13 :名無しのさはら|2018/7/21 20:13

NHKの番組で大高さんが行ってたやつね。

オイミャコンだったっけ。

寒いより痛いみたい。

14 :名無しのさはら|2018/7/21 20:14

もう一声寒くなる内容が欲しいね。まだ暑くてたまらないよ。

15 :名無しのさはら|2018/7/21 20:27

そんなもん読んで涼しくなるくらいなら苦労せんわ。暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い暑い

16 :名無しのさはら|2018/7/21 20:28

マイナス3℃で寒い、死ぬなんて言いません。

17 :名無しのさはら|2018/7/21 20:30

北海道の人はマイナス3℃じゃ寒いとは言わない。マイナス6、7で「今日は冷えるねェ」くらいで、寒くて死ぬって言ったことはあまりない。この地方のブリザードの話がないけど、命に関わるのは気温より天候による視界不良と降雪量だと思う。

吹雪の話なら寒さを感じるのではないでしょうか?

18 :名無しのさはら|2018/7/21 20:30

脳が凍るって凄い。

19 :名無しのさはら|2018/7/21 20:31

猛暑の日本、ピョンチャンオリンピックの特集をしてくれたらいいですね。

20 :名無しのさはら|2018/7/21 20:32

住むのだったら日本の方がいいね。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング