玉山鉄二のバカボンパパ タモリとの“珍エピソード再現”ある?〈週刊朝日〉 さはらチャンネル

玉山鉄二のバカボンパパ タモリとの“珍エピソード再現”ある?〈週刊朝日〉

telmin

   

img

漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「バカボンのパパよりバカなパパ」(NHK総合 土曜20:15~)をウォッチした。

【「バカボンのパパよりバカなパパ」のイラストはこちら】* * *

「天才バカボン」や「おそ松くん」を生み出した天才ギャグ漫画家・赤塚不二夫の破天荒な生きざまと家族を描いたこのドラマ。演じるのは玉山鉄二だ。もうね、イケメン。ギャグ漫画家なのに、顔面の作画が少女漫画なタマテツなのだ。

ちなみに朝ドラ「半分、青い。」に出てくる少女漫画家・秋風羽織先生(豊川悦司)の顔面は、劇画調だ。ドラマ全体のタッチは淡い少女漫画風なのに、ひとりベタ(黒い部分)が濃い秋風先生。なんなの、漫画家役だけは、独自な作画で仕上げたいの? NHK。

とにかくバカボンパパのハチマキ巻いてもキラキラしてるタマテツ。鼻の下にアホなヒゲ描いてもキラキラ。「賛成の反対なーのだー」って叫んでもキラキラ。

夜な夜な編集者やアシスタントと酒場にくり出して、赤いリボンにセーラー服で「お祭りマンボ」を熱唱する。どうです? このハチャメチャなギャグ漫画人生……て場面なんだろうけど、「やだ、意外と似合う」って感想しか出てこないのは、どうしたらいいの。

ある日、担当編集者が連載原稿を紛失する。落ち込む彼を飲みに誘う赤塚先生。「こういう時こそ、バカになれ~」と。そして、編集者が飲みつぶれている間に全ページを描き直し、翌朝一言。「2度目だから、上手く描けたよ」。ニッコリ。

まーじーイーケーメーン。赤塚先生という人間の優しさ、ふところの大きさを感じさせる「いい話」も、イケメンが演じるとシンプルに「イケメンなんだから!」で済んじゃうという。誠にイケメンという視覚情報は、見る者の脳をツルツルにするのである。

さて、赤塚先生といえばタモリ。先生の葬儀で「私もあなたの数多くの作品の一つです」と、白紙の弔辞を読み上げたあのタモリ。はたしてこのドラマに出てくるんだろうか? すでに、先生の家に居候してるはずだけど。まさかタモリまで作画が少女漫画だったらどうしようと、ドキドキが止まらない。

私の大好きな二人のエピソード。真冬の雪の軽井沢で、全裸でギャグ合戦をした話だ。闇の中、揺らめく光。極太のロウソクを尻に突っ込んで、林の中から全裸で後ろ向きに這ってくる赤塚先生。後にタモリが、「もうこの世のものとは思えない」と言った光景を、ぜひタマテツで再現してもらいたい。頼むNHK。

※週刊朝日 2018年7月20日号

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNzExLTAwMDAwMDA5LXNhc2FoaS1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/7/13 11:42

作中でもタモリが居候してる頃なら出すつもり無いんだろうな…。

編成の繋がり(ブラタモリの後にドラマ)もあって面白いし、タモリ役でも本人でもいいから出て欲しかったけど…。

赤塚不二夫を玉山鉄二が演じたこと自体は、赤塚不二夫の若い頃って本当にイケメンだから女性にモテたのも納得だし当時と今で女性にモテるタイプの顔が違うから適役だと思った。

2 :名無しのさはら|2018/7/13 11:47

再現して欲しい。面白そう。

3 :名無しのさはら|2018/7/13 11:56

地震で中断以来まだ、二話目 見れてない

4 :名無しのさはら|2018/7/13 12:11

第4回24時間テレビのロウソクSMショーも再現してほしい。

5 :名無しのさはら|2018/7/13 12:25

タモさんの件やらなきゃ意味ないね

6 :名無しのさはら|2018/7/13 12:30

出版タイムラグで初回しか観てないんだろな。第2回にタモリは登場、でも松尾スズキのエピソード紹介みたいな感じで、本筋には絡んでこない感じだった。その後、地震速報でドラマは中断。

原作は娘さんで、彼女から見たパパ像だから、極端なキワモノは出てこないと思うけど。

7 :名無しのさはら|2018/7/13 13:27

2話冒頭の豆知識程度でしたよ。

本題に入ってすぐ中断でしたが。

8 :名無しのさはら|2018/7/13 14:03

テレビ東京の深夜バカボンの前後に放映して欲しかった。民放深夜ドラマなら可能でした。タモリと二人でのイグアナ観たかった

9 :名無しのさはら|2018/7/13 20:40

イケメンの連呼に笑ったけど、かくいう自分もそう思って見てたから同類かもね。

顔はもちろんの事、さらに素敵と思ったのは胸筋。

時代再現のせいかピチTとかタイト目のシャツ着てるせいでプロポーションの良さが目立つことこの上ない。

往年の先生をどんなに若く男前補正かけて想像しても追い付かない…。

ウェイクCMに劣らないハチャメチャぶりを楽しんでるけど、真面目に語ってじーんとくるところも好きなドラマだなぁ。

10 :名無しのさはら|2018/7/13 23:49

玉山鉄二さんと雰囲気は異なるが、若かりし頃の赤塚先生はイケメンだった。

どちらからというと東出昌大に近い。

でも玉山鉄二さんの赤塚先生はなかなかハマっている。やはり上手いなと思う。

別番組では若かりし頃のさんまさんもえんじているからね。

11 :名無しのさはら|2018/7/14 13:48

晩年しか知らない人は意外かもしれないが、赤塚先生も実は美少年だったし売れる前に漫画家仲間から「赤塚氏は顔が良いからホストになれ」と言われた経験があったらしい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング