【ネタバレあり】『ハン・ソロ』はスター・ウォーズとしては異端だが、娯楽作品としては完璧だ:『WIRED』US版レヴュー さはらチャンネル

【ネタバレあり】『ハン・ソロ』はスター・ウォーズとしては異端だが、娯楽作品としては完璧だ:『WIRED』US版レヴュー

telmin

   

img

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が日本で公開された。ソロの知られざる過去が明かされる本作は、必ずしもシリーズ全体においては重要な存在とはいえないかもしれない。だが独立して1本の映画として見れば、派手なアクションや、ファンなら思わずニヤリとさせられるユーモアが満載の素晴らしい娯楽作品に仕上がっていた。『WIRED』US版による、ネタバレありのレヴュー。

作品を貫くユーモアとゆるさは誰の影響?これまで、ハン・ソロの過去が語られたことはなかった。記念すべきシリーズ第1作『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977年)で初めて登場したときも、ほかの誰よりもスマートな雰囲気を漂わせていた。

どこから見ても最高にクールなハリソン・フォードは、オビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーに向かって、「ハン・ソロだ」と完結に自己紹介する。「ミレニアム・ファルコンの船長をしている」

ソロのそれまでの人生については、わずかなことしかわかっていない(借金があって、そのために賞金稼ぎに追われている。ミレニアム・ファルコンは賭けに勝って手に入れたらしい)。しかし、ソロにとって過去は単に遠い昔の話というだけで、それほど謎に包まれているわけではなかった。

一方、ファンが知っているソロは、うぬぼれ屋で、冷淡だがどこか間の抜けているところもあり、失敗することはあっても最後には絶対に頼りになる男だった。そして、ソロがどうやってそんなふうになったのか、知る必要などなかったのだ。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、その問いに答えを出そうとしている。オリジナル三部作の前日譚としては5本目で、ディズニーがルーカスフィルムを買収してから製作が決まった「アンソロジー・シリーズ」の2作目となるこの作品は、特に誰も気にしていない重要性の低い疑問にも、何らかの説明を与えてくれる。

「ケッセルランって結局は何なの?」というような難題は、これまでは単に無視されてきた。友だちの家に泊まって夜中に議論したり、ピザを食べたりしながら延々とスター・ウォーズの話をするときも、こういった点はスルーするのが一番だとファンは知っていたのだ。

それはむしろ、オリジナル三部作の楽しみのひとつだとも言えた。ランド・カルリジアンをめぐるわけのわからない言説や、ほかにもたくさんの謎や空白があったが、ファンは驚くべき想像力を駆使し、フォースの力でこの空白を補ってきた。いまでも、自分のなかで話がうまくつながると感心することすらある。

ところが、2018年になってテクノロジーが想像力に勝利を収めることになった。ルーカスフィルムの買収により、スター・ウォーズをめぐるあらゆる権利を40億ドルで手に入れたディズニーが、この資産を最大限に有効活用することを決めたのだ。

このまま行けば、そのうちジャバ・ザ・ハットと道化師サレシャス・B・クラムのポッドキャストでも始まるのではないだろうか。タイトルは『Just B.』で、テーマはマインドフルネス瞑想についてだ。

とにかく、『ハン・ソロ』という映画は、いまや銀河を支配することになったディズニーの横暴によって突如として誕生した。ここでは20代のソロがチューバッカに出会い、ミレニアム・ファルコンを手に入れて、かの有名なケッセル・ランをやってのける。

明かされたソロの過去には、悲惨なほどばかばかしい話もある。正直に言って、『ハン・ソロ』はスター・ウォーズという壮大な物語においては、まったく重要性をもたない。

しかし、そこから独立して1本の映画として見れば、実はなかなか面白いのだ。すごいアクションシーンに、チューイのように格好いい異星人や機知に富んだドロイドが登場して、スター・ウォーズというよりはディズニーランドのアトラクションのスター・ツアーズのように楽しめる。

もちろん、スター・ツアーズだって悪くはない。ティバナガスのように記憶からはあっという間に消えてしまうだけだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNzAzLTAwMDEwMDA0LXdpcmVkLW1vdmk-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/7/3 19:54

記念すべき、第1作目のエピソードⅣは、当時 小学4年生の心を鷲掴みにした。

全てのシーンでワクワクした思い出がある。

しかし最近のスターウォーズは、何か大切なものを忘れいる気がしてならない。

2 :名無しのさはら|2018/7/3 20:11

そもそもルーカスはスターウォーズ作るにあたって宇宙冒険ものじゃなくて家族愛なんかをテーマを基に作ったんじゃなかったっけ?

だとしたらディズニーが作った映画ってもう方向性も全く違うものになってるんだと思う。

3 :名無しのさはら|2018/7/3 20:23

期待してなかったが、観たらめちゃくちゃ面白かった。

4 :名無しのさはら|2018/7/3 20:44

クソ展開の小説がレジェンズ扱いで無かったことになって喜んだら、

ディズニーの映画がさらにクソでね……

5 :名無しのさはら|2018/7/3 21:16

キャリーフィッシャーさんが好きでねぇ。随分お世話になりました。

Ⅳをガキの時に見たときには広大な広大な宇宙を感じたのにⅥを見終わった時は銀河系が2LDKくらいに感じたよ。

6 :名無しのさはら|2018/7/3 21:44

パワードロイドのスピンオフが 観たくなった

7 :名無しのさはら|2018/7/3 23:52

必死ですね・・・

8 :名無しのさはら|2018/7/4 5:44

スターウォーズシリーズである限り、スターウォーズとして異端であればアウト。

ディズニースターウォーズに対しての反対運動は日本でも起こっている。言わば悪の帝国ディズニーに対しての反乱軍だ。

エピソード8が最低作である事に変わりはないし絶対に認めない。ディズニーが屈服するまでディズニースターウォーズを叩く。

9 :名無しのさはら|2018/7/4 10:04

なんだろう?この薄っぺらい記事は・・・

SWファンは、新作を批判することが定番になっているが、何か大切なものを忘れてしまっている気がします。

10 :名無しのさはら|2018/7/4 10:37

パイロット視点がいい

11 :名無しのさはら|2018/7/4 19:33

ネタバレ注意。

キーラがあの御方の部下になっていたという事は、ソロよリ出世しちゃってたよね!

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング