桂歌丸さん、最期に見せた弱音 弟子の桂歌春が告白「とてもつらかった」 さはらチャンネル

桂歌丸さん、最期に見せた弱音 弟子の桂歌春が告白「とてもつらかった」

telmin

   

img

落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなったことを受け、歌丸さんが生前に会長を務めていた落語芸術協会の会長代行・三遊亭小遊三、歌丸さんから『笑点』の司会を引き継いだ春風亭昇太、弟弟子の桂米助、総領弟子の桂歌春が3日、都内で会見を行った。亡くなる2ヶ月近く前まで高座に上がり、噺家としての生涯を全うしてきた歌丸さんの最期の様子をそれぞれの立場から語った。

【写真】目を真っ赤にして涙を拭う桂米助

小遊三は「ご家族と一部の方が(看取って)残念ながら、私はできませんでした。最期に会った時は6月26日に病院に行った時だったんですけど、『協会の方針はこうだからね!』と言うのがすごい迫力でした。『師匠そんなに力まないでください』と早々に退散しました」と回顧。「最期の死に物狂いの努力というものを嫌というほど見せつけられているんで『あぁー楽になりましたでしょうね』ということでしょうね」と天を仰いだ。

歌丸さんから日本テレビ系演芸番組『笑点』の司会を引き継いだ昇太も「小遊三師匠がおっしゃっていたように、僕は直接指導されたわけじゃないですが、高座に立っている姿勢みたいなものを見せていただいて、とてもありがたかったなと。本当にカッコよくてステキな師匠でした」と感謝。米助は「僕は本当に下っ端の時から面倒をみてくれましたので、たった一言『師匠、ありがとうございました』。これしかないですね」と涙をぬぐった。

総領弟子という立場から歌丸さんを見てきた歌春は「歌丸はとても意思が強くて、運が強くて、芯も強い師匠だと私はずっと思っていました。ですから、苦しい時でも見舞客に対しては『苦しい』とか『痛い』とかの弱音を吐くことはめったになかったんですけど、さすがにその危篤を過ぎて意識が回復して、苦しいのが実感するようになってくると『苦しい、楽にしてくれ』と言っていました。そういう時に『そういうこと言ったらダメですよ。まだ、お客さんが待っているんですから頑張りましょう』と言ったんですけど、その言葉がとてもつらかったですね」と率直な思いを吐露。その上で、こう続けた。

「こんなことを言っていいのかどうかわからないですが、本当の安楽死というのは、一番苦しい時にさせてあげるのが、意味があるんじゃないかなと、その時は思いました。本当に苦しかったんだと思います。だけど、それを乗り越えて生き返った訳ですから、また何度も何度も奇跡を起こしているから、またきっと蘇るだろうと思って、そのことは言いませんでしたけど、やっぱりそれだけつらいとか、本当に見ている方もつらいし。最後まで呼吸器をつけていたものですから、鼻の頭がすりむけていまして、いつも痛がっていたんですけど、これが痛がっていることだったんだなと。2ヶ月も飲み食いできないのもツラいし、呼吸も苦しいし、つらかっただろうし、本当に全部から解放されて『師匠、お疲れ様でした』という言葉を最期にかけました」。

歌丸さんは1936年横浜市生まれ。51年、五代目古今亭今輔に入門、のちに桂米丸門下となり68年に真打昇進。2004年からは落語芸術協会の5代目会長も務めた。最後の高座は、今年4月19日の国立演芸場定席での演目「小間物屋政談」となった。11日に、椎名家・落語芸術協会の合同による告別式が、神奈川・横浜の妙蓮寺にて行われる。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDcwMy0wMDAwMDMxNC1vcmljLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/7/3 12:55

ヘビースモーカーだったからなぁ。タバコは止めた方が良い!

2 :名無しのさはら|2018/7/3 15:29

タバコが百害あって一利なしということがよくわかる。

ご冥福をお祈りします。

3 :名無しのさはら|2018/7/3 15:30

>そういうこと言ったらダメですよ。

そんな説教を垂れてる暇があったら、自分ならお医者にモルヒネでもなんでもお願いする。

4 :名無しのさはら|2018/7/3 15:30

一日ピースタバコ50本は吸い過ぎだろ?

5 :名無しのさはら|2018/7/3 15:30

(そのネタでその下げは)苦しい・・・

最後まで指導していたと

6 :名無しのさはら|2018/7/3 15:31

>本当の安楽死というのは、

>一番苦しい時にさせてあげるのが、

>意味があるんじゃないかなと、

素直な言葉ですね

7 :名無しのさはら|2018/7/3 15:31

お写真の件ですが、生え際を隠していらっしゃるんでしょうか・・・。

歌丸さんのご冥福をお祈り致します。

8 :名無しのさはら|2018/7/3 15:31

安楽死はあってもいいと思う

主治医、患者本人、家族すべての同意があればの話だけど

9 :名無しのさはら|2018/7/3 15:31

ここまで克明なのは要らんわ

死は誰に取ってもそんなものと思うし、読者にしても

書き手にしても。誰しも他人事ではない。

10 :名無しのさはら|2018/7/3 15:32

最後まで落語家であり、男であった

ご冥福をお祈り申し上げます

11 :名無しのさはら|2018/7/3 15:32

圓楽の襲名の時、一門を関係なくみんなで祝う音頭取りをした方でした。今の落語会のまとめ役かな。立川談志のような破天荒な人間にはとても出来なかった事だと思います。

この方、愛煙家で晩年の十年ほどはCOPDに苦しんだ。その姿をNHKの番組などでも見せてインタビューに応じて、たばこは辞めた方が良い、自分が良い見本だと説いていたことを思い出す。

酸素吸入器をつけて高座に上がることも最初は嫌がったそうだが、もっと状態の悪い方への励ましになるということで踏み切った。

そういう面も画期的だったと思う。

12 :名無しのさはら|2018/7/3 15:32

悲しかった最期。

ご冥福をお祈り申し上げます。

13 :名無しのさはら|2018/7/3 15:33

時代は変化している。安楽死制度の見直しを是非お願いしたい。

14 :名無しのさはら|2018/7/3 15:34

特に肺の病気で亡くなるときは苦しいんだよなぁ・・・

15 :名無しのさはら|2018/7/3 15:34

タバコはね。。。

未だに害が無いという方がいらっしゃるが・・・考え方を改めて欲しい

私は10年位前に止めました

16 :名無しのさはら|2018/7/3 15:34

私の祖父も酸素吸入器つけながら生活してたけどツラそうだった。

もうツラいと祖父も言っていたのでその言葉を聞くと心が苦しく辛かったです。

亡くなる数年前までタバコ吸ってたのでやっぱりタバコは良くないなと改めて思いました。

歌丸さん天国でゆっくり休んでください。

17 :名無しのさはら|2018/7/3 15:35

あー、やっぱりねえ、呼吸器系の疾患でなくなるのは、苦しいんだよね。

師匠、お疲れさまでございました。

18 :名無しのさはら|2018/7/3 15:35

本当に、お疲れ様でした。

19 :名無しのさはら|2018/7/3 15:35

プロ中のプロでした、最期まで咄家で居続けた歌丸師匠はかっこよかった。笑点メンバーのご心痛を察すると共に、ご冥福をお祈り致します。

20 :名無しのさはら|2018/7/3 15:35

ちびまるこちゃんが面白かった頃、

笑点すごく見てた!!

なんかすごくさびしいです。

歌丸さんて、素敵な本名だったんですね。

ちょっと驚きました。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング