歌丸さん 最期は最愛の妻に看取られ…“鬼嫁”はネタ、61年支え続ける さはらチャンネル

歌丸さん 最期は最愛の妻に看取られ…“鬼嫁”はネタ、61年支え続ける

telmin

   

img

演芸番組「笑点」などで親しまれた落語家の桂歌丸=本名・椎名巌(しいな・いわお)=さんが2日、午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなった。81歳。4月19日の国立演芸場定席が最後の仕事となった。同24日から肺炎で入院しており、6月30日までは話もできていたという。しかし、2日朝になって容体が急変。最愛の妻、冨士子さんらに看取られ、息を引き取った。

【写真】弟子の妻の女子アナが1月に出産 命名由来は「歌丸」と「笑点」

横浜・真金町の遊女屋に生まれた。3歳で父が亡くなり、母は父方の祖母と折り合いが悪かったこともあり、小学生の時に家を出た。以来、厳しい祖母に育てられた。小4の時に「落語家になる」と決意。15歳だった中3で、五代目古今亭今輔に入門。中学を卒業した翌年(1952年)4月に上野鈴本で初高座をつとめた。

テレビや高座で“鬼嫁”キャラでネタにしてきた5歳年上の冨士子夫人と結婚したのは1957年。冨士子さん25歳、歌丸さんが21歳の時だった。

結婚生活は長らく貧乏との闘い。夫人は下積み時代、化粧品のセールスや内職で家計を支えた。昨年、結婚60周年を迎えていた。

サイダーと天ぷらが好物。酒は飲めない。渓流釣りが趣味。2日夜、独演会終了後に取材に応じた春風亭昇太(58)によると、「(釣りに)行きてぇなあ、釣りに行きてぇなあ」と話していたという。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDcwMi0wMDAwMDE1NC1kYWwtZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/7/2 23:20

藤子さんでしたっけ?

メンバーから恐妻のネタにされていたよね。

2 :名無しのさはら|2018/7/2 23:21

歌丸師匠も奥様も心が広いなと感じた。

ネタのために罵りあいや自虐も当たり前のようにあったなかで

嫌な感じにさせず、それらをちゃんと笑いに変えていた。

ご冥福をお祈りします。

3 :名無しのさはら|2018/7/2 23:21

ずっと走り続けてこられて、休む暇もなかったのではないでしょうか?

ゆっくり休んでください、本当にお疲れ様でした。

4 :名無しのさはら|2018/7/2 23:22

特技の入院をまだまだ繰り返してほしかった。

5 :名無しのさはら|2018/7/2 23:22

笑点が長年続いてるのはあなたのおかげです。

ご冥福をお祈りします。

6 :名無しのさはら|2018/7/2 23:22

最後まで落語家として精いっぱい頑張られていた姿に励まされてきました・・・

ご冥福をお祈りします。。。

7 :名無しのさはら|2018/7/2 23:22

お茶の間にたくさんの笑いをありがとうございました。びっくりしています。安らかに眠ってください。

8 :名無しのさはら|2018/7/2 23:24

「楽」も「苦労」も寄り添って来た

リアル「槽糠の妻」 ですね。

お疲れ様でした。

9 :名無しのさはら|2018/7/2 23:25

普通に歌丸ロスと思う。

10 :名無しのさはら|2018/7/2 23:27

歌丸さん

天国でゆっくり渓流釣りしてください

ご冥福をお祈りいたします

11 :名無しのさはら|2018/7/2 23:28

寂しい。

12 :名無しのさはら|2018/7/2 23:28

ちょっと、ショックが大きすぎる…

13 :名無しのさはら|2018/7/2 23:29

またいい落語家が一人去ってしまった。

14 :名無しのさはら|2018/7/2 23:31

横浜のご自宅で奥様と仲よさげにくつろぐ歌丸師匠をテレビで見たが、奥様を大事に思う師匠の姿にホッコリした。天国から見守ってあげてほしい。

15 :名無しのさはら|2018/7/2 23:32

奥さん影で支えられていたのですね。

ご冥福をお祈りいたします。

16 :名無しのさはら|2018/7/2 23:34

少し前にhuluか何かで「桂歌丸物語」を見た。

歌丸師匠が落語家を志し笑点に出演するまでの話だった。

機会があったら見てほしい。歌丸師匠の人柄と真面目さ、落語に対する真摯さがよく分かるドラマでした。

訃報が速報で入った時はホントにビックリして信じられなかった。

心よりお悔やみ申し上げます。

17 :名無しのさはら|2018/7/2 23:36

長きにわたりお茶の間に笑いを届けてくれた歌丸さん。

落語はもちろんお笑いの職人、人間国宝ですね。

最近のお笑い芸人の質が落ちている事を嘆いていた。

本当に「笑いを取っている」のでは無く、「笑われている」のだと。

酸素吸入器を着けて命尽きる直前まで高座に上がっていた心意気は

誰もが真似できるものではない。

本当にお疲れさまでしたと言いたいですね。

18 :名無しのさはら|2018/7/2 23:36

遊郭に生まれて両親と幼い頃に生き別れ、落語家になって幼馴染みのお姉さんと結婚したと思ったら破門。そして復活。こうして書いてるだけでも波乱万丈な人生。

こんなにドラマのような人生を歩んだ落語家って、歌さんと志ん生くらいでは?と、思う。

19 :名無しのさはら|2018/7/2 23:36

いつか、いつかと思っていた日が来てしまった・・・

天国でも『笑点』やってるだろうなぁ〜

20 :名無しのさはら|2018/7/2 23:40

歌丸さん、長い間お疲れ様でした。

お茶の間に笑いをありがとうございました。

ご冥福をお祈り致します。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング