トム・クルーズ、上空7620mから決死のダイブ 『ミッション:インポッシブル』新作日本版予告 さはらチャンネル

トム・クルーズ、上空7620mから決死のダイブ 『ミッション:インポッシブル』新作日本版予告

telmin

   

img

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の日本版本予告が公開された。

トム・クルーズが主演を務める『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6弾となる本作では、クルーズ演じる主人公のイーサン・ハントが、“同時核爆発を未然に防ぐ”というミッションに挑む。複数のプルトニウムが何者かに盗まれ、3つの都市が核爆発の標的になり、イーサンとIMFチームは、手掛かりが薄い中、72時間の間に爆発を防ごうと奮闘する。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』日本版予告

公開された日本版本予告では、本作の一番の見どころでもある、“ヘイロージャンプ”と呼ばれる超高速落下スカイダイビングに、クルーズが挑戦するシーンが映し出されている。ヘイロージャンプとは、レーダーを避ける軍の潜入作戦用に開発されたもので、酸素がほとんどない成層圏ギリギリ上空7620mの高さから特殊マスクを装着し、パラシュートを開かず時速320キロで下降、地上寸前でパラシュートを開くという降下方法。高度7620mは、シリーズ4作目で登場した世界一高いビルであるブルジュハリファ=828mの9倍、さらに5作目でクルーズが素手でつかまったジェット機の高度=1524mの5倍となる高さ。選び抜かれた兵士のみしか行わない超危険なジャンプをクルーズ自らやってのけた。

最新作『フォールアウト』の撮影を終えたクルーズは「シリーズの集大成だ。作品もミッションも凄まじい。シリーズを続けてきたひとつの到達点と言える、これまでで最高の『ミッション』になった。ハラハラドキドキで感動的で笑えるし、特にアクションは最高だ!」と自信たっぷりに豪語した。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNjIxLTAwMDEwMDAzLXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/21 6:06

公開日は??

2 :名無しのさはら|2018/6/21 6:28

この人は凄い!

3 :名無しのさはら|2018/6/21 6:46

ええ加減にしとかんとヤバイで。

4 :名無しのさはら|2018/6/21 7:05

どこまでやるんだ!

映画観るけど、心配です。

5 :名無しのさはら|2018/6/21 7:08

007より凄いわ〜

この人︎

6 :名無しのさはら|2018/6/21 7:38

年齢的にも10代後半から20代前半でもかなり難しいアクションをこの年齢でやるってプロだね。

シリーズは毎回楽しみにしています

7 :名無しのさはら|2018/6/21 8:46

>選び抜かれた兵士のみしか行わない超危険なジャンプを。。

いやいや、HALO JUMPって兵士しかやんない位危険って事無いから。

最低、Cライセンス(アメリカのスカイダイビングライセンス/200回以上飛んで試験通れば取れる/最初はA→一番上でDライセンス)有ったら、お金有れば出来るとこはアメリカ行けば普通に色々有ると思うけど?

スカイダイビング業界では200回程度ではまだまだ。

1000回以上って人はザラに居る業界。

Cライで出来る程度の事ですから。そんなに危険ならもっと基準も厳しいですけどね。

どっちかって言うと、ブルジュハリファとか、飛行機にしがみついて飛んでく方が、ず~~っと危険ですけどね。カテゴリもベースジャンプになっちゃうし。

高度が高い=派手=危険みたいな事でミスリード。USでそう言う説明になってるのがまずおかしいんで、この記事書いた人がどうという事では無いですが。

8 :名無しのさはら|2018/6/21 8:48

鳥になってこい

9 :名無しのさはら|2018/6/21 9:00

ジェレミー・レナーがいない、、、

10 :名無しのさはら|2018/6/21 9:24

トムクルーズの集大成コメントですが、何だかこのシリーズが終わるかのような言い回しですね。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング