「モンテ・クリスト伯」にハマる理由は“容赦のない描写” さはらチャンネル

「モンテ・クリスト伯」にハマる理由は“容赦のない描写”

telmin

   

img

ディーン・フジオカ主演の「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(フジテレビ・木曜、14日の最終回は通常より1時間早い午後9時から2時間スペシャル)が、回を追うごとに話題となり、最終回への期待が膨らんでいる。盛り上がり続ける視聴者の声を拾うと、そこには時に目をそむけたくなるような“容赦のない描写”があった。

「エグイ展開で、目が離せない」(56歳女性)、「復讐鬼の怖さが回を追う毎に増していきハマっていく」(66歳女性)、「ボーっと見ているとダメなドラマ。いろいろ衝撃的!」(30歳女性)…。テレビの視聴分析を行っているデータニュース社(東京)のテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象2400人)に集まる番組視聴後の感想にはどれも、復讐劇や目を覆いたくなるような描写に対する衝撃が伝わってくるものばかり。刺激が次の刺激欲求を呼び、最終回は時間も延長することから、「ボーっと見ているとダメ」な展開になるようだ。

仲間の裏切りにあった主人公が次々と復讐を遂げていくというストーリーを軸に、初回から激しい暴力シーンなど“容赦のない描写”が登場した。「拷問されている姿がつらくて、途中で見るのをやめました」(42歳女性)という人も少なくなかった。最近のドラマは昭和やドラマ全盛時代の90年代と違って、さまざまな“規制”を制作側自ら課してマイルドな描写に落ち着くことが多い。が、「モンテ・クリスト伯」はそこに挑戦するかのように、エグいシーンを撮り続けた。復讐のため、生き別れになっていた母子を近づけ男女の仲へと誘導、自らの手を汚すことなく命を絶つところまで追い詰めていくなど、そこまでやるのか…というものばかりでかなり驚かされた。

その極みが、最終回前の第8話でのシーン。ドロドロの復讐劇の中に清涼剤のような役割を果たしていた若い男女のカップルにも悲劇が起きた。毒を盛られた岸井ゆきが演じる未蘭が、好意を寄せる高杉真宙演じる信一朗から渡された解毒剤を飲み、助かったと安心した直後、鼻血を流し白目になり、口から泡を吹き…。かなりショッキングに視聴者も「何で未蘭まで復讐の対象に?」(50歳女性)、「未蘭を毒殺させてしまったのは狙い通りとしても酷い!」(53歳女性)など、画面に映った描写の恐ろしさもさることながら、何の罪もない人物にまで及ぶ復讐に背筋が凍る思いをした視聴者もかなりいたに違いない。

「テレビウォッチャー」の満足度調査によると、これまでの平均満足度3・82(5段階評価)は今春クールで3位。最終回前の7日放送の第8話では番組最高の4・04を記録し、単回計算でGP帯春ドラマトップの数値を獲得した。最終回は2時間スペシャル。復讐劇の結末、怖いもの見たさ、いろいろな思いが交錯するが、“容赦のない描写”に心も体も最後まで耐えられるか。久しぶりに緊張してドラマを見なければならないかもしれない。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDYxMy0wMDAwMDE3Ni1zcG5hbm5leC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/14 6:37

最終回、今から楽しみです

きっと想像を上回るラストを用意してくれていると期待してます

2 :名無しのさはら|2018/6/14 6:37

今まではいい感じに来てるから終わり方次第でどっちにも転ぶ!

最終回見もの

3 :名無しのさはら|2018/6/14 6:40

って言うか、「容赦だらけの描写」のドラマが多すぎ。

4 :名無しのさはら|2018/6/14 6:47

復讐の仕方がエグイのでワクワクするね・・・

面白くて引き込まれます。

5 :名無しのさはら|2018/6/14 6:49

>容赦のないグロい描写

死体現場が嫌で刑事モノは苦手…手術シーンが嫌で医療モノは苦手

でも「モンテ・クリスト伯」に於けるその類のシーンに

嫌悪感はそれ程なくて、大丈夫でした

しっかり見れて有難かったです!

この名作は一瞬たりとも目を離したくないので

今夜9時が待ち遠しいです

6 :名無しのさはら|2018/6/14 6:53

役者さんの演技力が素晴らしい。

高橋さんの悪徳さ、新井さんの狡猾さ、伊武さんの恐ろしいほどの目力、山口さんの狂気…たまりません。

で、エグいのに上品に持っていってしまう映像美とディーンの存在。

来週から見られないなんて。

今夜、堪能します。

7 :名無しのさはら|2018/6/14 6:55

昨今の刑事ドラマと比べて、そこまでエグいかな

「モンテ・クリスト伯」は演出が文学的で芸術的だからきつくない

母子の男女の仲も無理やりの計画ではなく

ふたりの今までの習慣で自然の流れ

前回の稲森いずみは母の顔で実に美しくしあわせそうだった

8 :名無しのさはら|2018/6/14 6:59

ドラマは観ていないけど、そもそものモンテ・クリスト伯もかなりエグいからなぁ・・・・

9 :名無しのさはら|2018/6/14 7:02

未蘭さんの服毒後の白目+泡吹きは、正直トラウマもの。凄すぎて…。

でも目が離せない。最終回も楽しみです。

10 :名無しのさはら|2018/6/14 7:05

最終回、思わぬ逆襲にあってディーンさんまたラデルに強制送還とかないよね??笑 今からドキドキだわ~。

11 :名無しのさはら|2018/6/14 7:10

みらんのは日本未承認の解毒剤で実際は助けたことになるんだろうけどね

12 :名無しのさはら|2018/6/14 7:14

今日で最終回か…。

楽しみにして見ます!!

13 :名無しのさはら|2018/6/14 7:30

目には目を、じゃないけど

悪い奴にはとことん地獄をってのがいい。

演技が下手な人がいないから話に集中できるし、

人間関係が複雑で、本当にボーッとしてたらダメ(笑)

未蘭は助かってると思う。暖の優しさがあるはず・・・

14 :名無しのさはら|2018/6/14 7:35

意外に原作に忠実、と思ったら終盤になってオリジナル展開なので読みづらいw

さて、不朽の名作をどう味付けしてまとめるのか・・・!?

15 :名無しのさはら|2018/6/14 7:40

たしかに、最近の復讐系ドラマはちょっと生ぬるい描写が多かったけど、これはかなり攻めてる。

16 :名無しのさはら|2018/6/14 7:47

音楽もいい

17 :名無しのさはら|2018/6/14 7:51

ついに来た2時間スペシャル

18 :名無しのさはら|2018/6/14 7:57

初回は正直ピンとこなかったドラマでしたが、話が進むにつれての鳥肌が立つ展開にすっかり引き込まれました。

最終回、期待してます!

19 :名無しのさはら|2018/6/14 7:57

デュマという天才の最高傑作と言われ100年以上経っても色褪せない小説と、そのへんの作家が流れ作業で書いた小説では、そりゃ違うでしょ。

富岳三十六景と、ヨーロッパで売られている500万円の現代絵画を比べるようなもの

20 :名無しのさはら|2018/6/14 8:00

未蘭はあんな形になったけどあれこそ解毒で助かったんじゃないのかな?あれを飲んだからこそ助かった!と信じたいけど。

いずれにせよ最終回が楽しみ。入間への復讐がどうなるかわからないけど成功しますように。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング