蛭子能収のゆるゆる人生相談「アメフトで反則タックルを命じられたら」 さはらチャンネル

蛭子能収のゆるゆる人生相談「アメフトで反則タックルを命じられたら」

telmin

   

img

昨年秋、“世界一ゆるい70歳”となった蛭子能収(70)。大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)を刊行したばかりの蛭子が、読者からの相談に答える!

【Q】「アメフトをしている大学生の息子は、試合前に監督から『相手をケガさせてこい』と言われて悩んでいます。コーチにも『わかっているな』と念を押され――。どうすればいいですか?」(タクルさん・39・派遣社員・愛知県)

【A】「日大のあの監督は“悪質タックル学部”を創設してみては?」(蛭子能収)

ネタですよね。オレは日大アメフト部の“悪質タックル”が危険だと最初は理解できなかったんです。ルールを知らないから、当たり前にやることなんだと思っていました。

あの選手は監督の指示でやったそうですが、オレもテレビ局のプロデューサーに言われたら、かなり無理なことまでしました。「先生がやるとおもしろいから」と言われて熱湯風呂に入ったり、パンツ一丁になったりしたことも。

あるプロデューサーはオレのことを、最初は「先生!」と呼んでいたのに、最後には「オイ、オヤジ!」でした。でも、それなりに仕事をくれたから、「ハイハイ」と応じていました。

権力がある人は、横暴ですが面倒見がいいところもあったりするんです。たぶん、アメフト部の人も、監督の言うとおりにしていたら、就職先を紹介してもらうこともあったかもしれませんね。どうでもいいけど……。

どうせならあの監督は、“悪質タックル部”を創設して、毎日“悪質タックル”を指導したらどうですかね。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNjExLTAwMDEwMDA3LWppc2luLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/11 16:24

いつもの損得勘定

2 :名無しのさはら|2018/6/11 16:25

ホントにゆるいなw

3 :名無しのさはら|2018/6/11 16:31

トータルで見れば損のほうが多いだろうと思う。

4 :名無しのさはら|2018/6/11 16:34

本当に特殊な状況に追い込まれていたんだと思う。

日本の体育会系に結構残っているし自分もそういった体育会系の中にいたから「反則タックル」していたかもしれない、、、

そういう意味でも今回のことを丁寧に検証していった方が良いと思う。

5 :名無しのさはら|2018/6/11 16:41

日大のお偉方は小島一朗にタックルしてみろ。

6 :名無しのさはら|2018/6/11 16:54

俺は、気が弱いから、

潰す振る舞い(振り)をして

スゴスゴと戻って来るだろうな!

その結果、退部を迫られたら

それまでの事と思って、諦める!(-_-;)(;^_^A

7 :名無しのさはら|2018/6/11 17:12

横暴な人は結局弱い人だから、面倒見よくする事で自分への風当たりを少なくしようとしているんだよね

8 :名無しのさはら|2018/6/11 18:03

こんなに長引くと思ってなかった。蛭子さんで一息。

9 :名無しのさはら|2018/6/11 21:47

反則タックルまでやって与えられる就職なんかの進路なんかの将来なんて、所詮、その程度。

監督から見ると、そんな事頼まれる程度は、監督自身の損得のための捨て駒。

乗ってはいけない。

10 :名無しのさはら|2018/6/11 21:55

関係ないけど、この記事の蛭子さんの写真カッコいい。プロの手にかかると違うね

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング