BTS(防弾少年団)、世界的躍進の背景は? グループが持つ経済的“強さ”と多様な価値観 さはらチャンネル

BTS(防弾少年団)、世界的躍進の背景は? グループが持つ経済的“強さ”と多様な価値観

telmin

   

img

BTS(防弾少年団)に全世界的な関心が集まっている。2017年から加速化した全米での展開、そして日本への本格的進出もあり、その活動は常に世界のアイドル市場の中心に位置している。新アルバム『LOVE YOURSELF 轉“Tear”』が全米ビルボードアルバムチャート第1位を記録し、ファンやメディアの関心だけでなく政治の場でも話題になった。韓国政府はBTSの大躍進を背景に自国の文化的な規制の見直しの検討にも入ったとの報道もある。BTSの経済学的な「強さ」を見るときに、1)全世界的なコアなファンの獲得、2)1)を可能にした前提条件のひとつとしての動画などの「緩い著作権」、3)韓国や世界的な若者たちの経済的閉塞感と多様な価値観への注目、という現象が目につく。さらに4)日本型のアイドル商法の積極的吸収、も見逃してはならない。

なぜ韓国の一アイドルが全世界的な人気を獲得したのだろうか。しかもDJ泡沫氏の指摘にもあるように、コアなファンが米国でもかなりのボリュームで存在している。また南米や欧州、そして日本などアジアでも抜群の強さを誇っている。この全世界でコアなファンを獲得したひとつの理由は、韓国のアイドル市場を制度的に支えている「緩い著作権」の存在である。世界的に視聴者を抱えているYouTubeやVLIVEで、BTSの公式動画だけではなく、ファンたちが彼らが出演した番組やイベントの動画をほぼ自由に掲載している。そしてそれらの「非公式動画」も公式動画とまったく同じ次元で消費され、また新たなファンの獲得に貢献している。いわばコアなファンが自ら全世界的にファンを獲得することに活躍していることになる。

BTS側からすれば、一定のリスクはあるものの、この肖像権などを含む権利の「緩さ」がもたらす利益は大きい。このような動画配信での「緩い著作権」の存在は、ネットワーク外部性をもたらす。個々人が自由に投稿できる動画配信サービスというネットワークが、思想やメッセージを伝えることに効果的なのは周知の事実だ。BTSを含む韓国のアイドルたちは、このネットワーク外部性を実に巧みに利用している。ネットワーク外部性とは、個人が財やサービスを消費する便益が、インターネットのようなネットワークを通じて他の人の貢献が増えるほど上昇することを意味する。例えばBTSの動画を見ると、各国のファンが歌詞に各国語で字幕を加えたり、または彼らの出演したバラエティ番組での発言も実にうまく翻訳している。その速さと翻訳能力の高さは目をみはるのもがある。韓国のアイドルはこのような各国のコアなファンたち、BTSではARMYと呼ばれる人たちの日夜問わない努力によって支えられている。これらのコアなファンの活動が増えれば増えるほど、各国のBTSの新たなファンの獲得につながっていく。このように海外への自国文化の促進に熱心な韓国政府の支援ではなく、まさに世界市民からの草の根レベルでの支持なのだ。

BTSの躍進を考えるときに、やはりその音楽世界の持つ豊かさにふれないで済ますことはできない。BTSの本格的な日本進出のきっかけとなったテレビ番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)を偶然に見ることができた。同番組にはアイドルにも一家言ある評論家の宮崎哲弥氏もいたのでその近距離から見た感想をいつか聞きたい。少なくとも番組でのメンバーは不思議な深みを感じさせる雰囲気を持っていた。この不思議な深みはなんだろうか? 彼らの日本語版の「血、汗、涙」のMVをみて驚いたのも、その作品世界の深み、あるいは解釈を何通りにも可能にする歌詞・音楽、彼らのパフォーマンス、そして映像の三つを基本とする、まさに複合芸術としてのレベルの高さである。おそらく善悪や好き嫌いの感情でははかりしることができない多様な価値観を許容する視点が含まれている。彼らの作品世界での「生きる」ことを訴えるメッセージ性の高さは常に注目されてきた。どんな人でも生きる価値があり、しかし現実が認めなくても、いまここで生き抜け、という激励に思える歌詞が多い。彼ら自身がSNSで発信する発言にも社会のマイノリティへの共感や支持が鮮明だ。この「生きろ」とでもいうべきメッセージ性は、彼らの必然の言葉であることに疑いはない。

ここで注目するのは、彼らがデビューした2013年からの韓国の若者たちがおかれた経済状況だ。実は2013年は韓国の若者たちにとってより過酷な転機であった。ただでさえ韓国の若年雇用は深刻なレベルであった。それは財閥系企業中心の閉鎖的な採用方針、重度な学歴主義、若者に排他的な労働組合の存在、徴兵制の弊害(人的資本の蓄積の阻害)、さらに90年代後半の経済危機以後から加速化する非正規雇用の増大とその所得不安定性などが原因だった。この状況は、BTSがデビューした2013年にさらに悪化していく。12年に7.5%だった若年失業率は13年から悪化し始め、やがて10%台まで到達する。失業率だけではない。雇用の質的な劣化はさらに深刻だ。BTSのメンバーが属する15歳から29歳までの非正規雇用比率は、12年を底に爆発的な上昇をみせている。また男女問わずにこの年齢層の非正規雇用者たちが最低賃金未満で働いている比率は、11年には21.3%だったが、やはり急上昇を見せていて、現段階では32%を軽く上回る深刻な状態だ。まさに韓国の若者はサバイバル的状況に陥っている。朴槿恵政権から文在寅政権に移行してもその若年雇用の改善には光明はあまり見えない。BTSの作品に既存の善悪二元論的な価値観がみえない、あるいは時にそれを破壊するかにみえるメッセージ性(時には暗闇をたたえた残酷さ)があるのは、従来の韓国経済が若者に押しつけてきた抑圧・疎外を抜きには考えることができない。しかもBTSのブレイクが、韓国だけではなく、南米、そして欧州など若者の雇用が悪化している国々でまず注目されたのは偶然には思えない。

最後にBTSだけではもちろんないが、日本のアイドルの手法も多く採用している。ひとつは「物語消費」の手法だ。物語消費とは、アイドルの人生やその成長を物語として提供し、それにファンが共感することでともに物語を作っていくマーケティング手法だ。例えばAKB48のように素人同然のレベルからファンが彼女たちと一緒になりながらグループを成長させていくという例が典型的である。BTSはもちろんデビュー時点で日本のアイドルに比して各段のレベルの修練と苛烈なオーディションを勝ち抜いている。だがBTSの「学校三部作」「青春三部作」には、やはり日本のアイドルが得意とする成長物語の消費が込められている。さらにファンとの直接の交流も大切にしている。いわゆる「会いに行けるアイドル」の側面の重視である。サイン会などのイベントもいまだ積極的でサービス精神が豊かであるのは注目すべき点だろう。そしてファンとの直接の交流は、物語消費をさらに強めることになる。また多くの記事が指摘しているのが、コアなファンが中心となっていると思われるCDの突出した購入数、そして動画の再生数への貢献である。特に特典付きのCD販売で、CD自体の売り上げを増やす手法は日本のアイドル発といわれている。今回のビルボード1位でもこのCDの売り上げが大きく貢献しているのは、日本型アイドルの特徴を巧みに取り入れている成果ともいえるだろう。

もちろんこれら経済的な側面はBTSの魅力のごく一部分を説明するものでしかない。BTSは本当にその作品世界を中心にして豊かな広がりを持っている。彼らのグローバルな活動の進展を今後も注目していきたい。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNjExLTAwMDEwMDIzLXJlYWxzb3VuZC1tdXNp
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/11 17:07

ちょっと、記事が長くて途中で諦めちゃった。

とりあえず、すごいってことだよね?笑

よくわかんないけど、私は防弾少年団好きだよ。

2 :名無しのさはら|2018/6/11 17:28

はなから読む気は無かったが、長過ぎて笑えたわ。

ここまでの長文ゴリ押し、お疲れ様だな。

そうまでして捏造して気に入って貰うようにせんとあかんかね?

余計に嫌いになるって事を理解せえよ。

まぁ初めから嫌いだから別にいいか。

しょーもな…

3 :名無しのさはら|2018/6/11 17:28

そりゃあ政府が金出して大量にCDやチケットを購入したり、暇をもて余しているVANK が何度も何度も一人でネットのアクセス数を稼いでいるからなあ!

4 :名無しのさはら|2018/6/11 17:41

BTS(防弾少年団)にまで読んでやったわww

全米ツアーはいつから?大人気なんだからソールドアウト連発ですよね?(゚∀゚)Wtk

5 :名無しのさはら|2018/6/11 17:44

このグループはよく知らないけど ドラマ「シグナル」の主題歌は良い

6 :名無しのさはら|2018/6/11 18:03

ヤフーの狂ったようなコリアン記事ゴリ押し。腐った企業だ。

7 :名無しのさはら|2018/6/11 18:06

よくよく考えたらヤフーは孫だったな。そりゃあゴリ押しするわけだ。

8 :名無しのさはら|2018/6/11 18:09

世界的人気とか相変わらず大袈裟なアホみたいなデタラメ記事を書いてやがるな

まあ宣伝だから何とでも好きに書けるわな

9 :名無しのさはら|2018/6/11 18:09

結局はランキングという冠を付けて

韓流と韓国物が世界で

流行ってる流行ってると

言いふらし

金かけて日本で宣伝だらけ。

何も知らない子供達は

騙されるかもしれんがね。

10 :名無しのさはら|2018/6/11 18:24

反日=韓国沈没しか、分からない文章ですね。

11 :名無しのさはら|2018/6/11 18:58

全世界でコアなファンを獲得したひとつの理由は、韓国のアイドル市場を制度的に支えている「緩い著作権」の存在である。→この「緩い著作権」は日本音楽界においては絶対に実現できない、有り得ないことですね。これについて過去声を上げた日本のミュージシャンもいますが何ら変わっていません。旧態依然・既得権益に執着する日本のレーベル・エージェントは世界第二位の超巨大音楽マーケットに守られています。それを支えているのは人口比で世界一音楽にカネをつぎ込む民族である日本人たちです。

12 :名無しのさはら|2018/6/11 18:59

普通にすごいんじゃない?

わざわざ記事にしなくてもいいです。

13 :名無しのさはら|2018/6/11 19:01

最近ファンになりましたが、著作権のゆるさに驚愕していました。アルバム発売と同時に全曲セットでYouTubeにあがっていたり。でもその緩さにも利があるのですね。これからの活躍も楽しみです。兵役法の改定で海外渡航が制限されるのかどうかが心配ですが。

14 :名無しのさはら|2018/6/11 19:01

長すぎる、本当に魅力的なら短文で伝わるだろ?

長く書かないといけなかったって事はつまりそう言うことだ。

15 :名無しのさはら|2018/6/11 19:03

防弾少年団の動画に、日本語訳を付けてくれているARMYの皆様には、只々感謝しかありません。

草の根レベルの支援、まさにその通り。

世界中のARMYの昼夜問わない努力が支えているのは間違いないと思います。

16 :名無しのさはら|2018/6/11 19:30

税金を使って自作自演でゴリ押しでしょ。

17 :名無しのさはら|2018/6/11 20:28

国策であり、嘘にまみれたコメントで溢れています。日本女性(なりすまし以外)は感化されないよう注意すべきである。

18 :名無しのさはら|2018/6/11 20:43

こんな奴ら興味ないし、、

日本に来なくて良いし、、

文章長いし、、

19 :名無しのさはら|2018/6/11 21:06

この少年団って子らは、寝る間もなく頑張っているんだろうけど、月収はわずかなんだろうな!いわゆる奴隷契約ってやつで!何年後の契約更新の頃にはこの子らの人気も下火になっているだろ。徴兵されるメンバーや自殺・薬物・強姦・飲酒運転など韓国人お決まりのパターンで!

20 :名無しのさはら|2018/6/11 21:30

韓国お得意のフェイクニュース。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング