『万引き家族』は、なぜカンヌ最高賞を受賞したのか? 誇り高い“内部告発”を見逃してはならない さはらチャンネル

『万引き家族』は、なぜカンヌ最高賞を受賞したのか? 誇り高い“内部告発”を見逃してはならない

telmin

   

img

東京の片隅で万引きをする父と幼い息子。彼らは1人の少女を救い出し、家族に迎え入れる。是枝裕和監督が日本の現状を世界にまざまざと見せつけて、21年ぶりに日本にパルムドールをもたらした『万引き家族』が描いているのは、日本という国が“見て見ぬ振り”をしてきたことのすべてであろう。

パチンコ玉を万引きする樹木希林【動画】

この映画が注目を集めたことで、どうやらネット上の一部では「日本の恥を世界に晒している」などという揶揄があがったらしいが、そのような恥さらしな発言に目を向けるのは時間の無駄だ。工事現場で日雇いで働く父、クリーニング店で働く母、JK見学店でアルバイトをする母の妹、月6万円ほどの年金を受給する祖母。そしてどこか様々な感覚が麻痺してしまったかのようでありながら、時に無邪気な表情を見せる少年と、本当の両親からネグレクトされた少女。

2004年に同じくカンヌを沸かせた是枝作品『誰も知らない』では母親から育児放棄された幼い兄弟たちが、孤独な少女と出会い、子供たちだけで生きていく様が描かれた。劇中で彼らがそのように生きていることを“誰も知らない”だけでなく、実際にあった事件が題材になっていながらも社会の誰もが彼らのような存在がいたことさえ知らなかったのだ。

しかし、そう考えると『万引き家族』で描かれる一家は、劇中でこそ“誰も知らない”存在として密かに生きているわけだが、彼らひとりひとりが抱えている影は、ここ数年現実の世界の中で取りざたされつづけている社会問題そのもの。それを凝縮し、救済を求めた彼らが崩壊していくあまりにも残酷なプロットに、日本中の誰一人として見て見ぬ振りはできなくなってしまうはずだろう。

これまでの是枝作品と照らし合わせてみれば、いかにこの作品が彼の集大成的な作品かがよくわかる。前述した『誰も知らない』のスタンスを本作で背負うのは2人の子供たち。そして過去を背負って生きる大人たちには『DISTANCE』などの典型的な是枝作品のエッセンスが合わさり、その他大勢の性の対象から唯一無二の安らぎに出会う松岡茉優には『空気人形』が重なる。そこに複雑な家庭事情と作品の死生観を担う役割を、これまでの作品同様に樹木希林が担うというわけだ。

さて、改めてこの映画がなぜカンヌの最高賞を受賞することができたのか。会期中に発表される現地媒体のジャーナリストの星取りからは、何かしら受賞する可能性が高いことは察していたが、まさか最高賞になるとは予想だにしなかった。前パラグラフで述べたような集大成的なスタイルを繰り出した是枝裕和に監督賞が贈られるか、もしくは『ボルベール <帰郷>』のように女性キャスト全員に女優賞が与えられるのではと思っていた。

しかも、前述したような各国社会の縮図的要素を備えた作品は、コンペティション部門には数多あった。『人生タクシー』と『チャドルと生きる』で、すでに三大映画祭の他の2つを勝ち取っているジャファル・パナヒの『3 Faces(英題)』であったり、審査員賞を受賞したナディーン・ラバキーの『Capernaum(英題)』であったり。その中でもケイト・ブランシェットを筆頭にした審査員団の心を動かすだけの筋書きや演者の魅力、是枝裕和という作家のこれまでの実績、それらの要素が掛け合ったと考えるのが最も自然な考察だろう。

パルムドールを3年前に受賞した『ディーパンの闘い』はスリランカの内戦と、フランスの移民問題を描き出した。そして、一昨年の『わたしは、ダニエル・ブレイク』ではイギリスの地方都市の貧困。映画は時に、世界中に向けてそれぞれの国が抱える現実を発信する役割を果たす。そしてそれが、世界中が注目する映画祭で最高賞を獲ればなおさら、世界にその実情が知れ渡るということだ。

この『万引き家族』では、それが世界からも高く評価され憧れられている(と言われているが実際どうなのかは知らない)経済大国のひとつ、日本という国のしかも首都・東京で起こる“実情”を、日本人が包み隠さずに映し出したことに大きな衝撃と意義があるということだ。自国の歴史や抱えつづける様々な問題。それらを客観的に見つめることを、なぜかこの国はいまだに避け続けている中で、この誇り高い内部告発が為された事実を見逃してはならない。

今まで世界で高く評価されてきた日本映画といえば、黒澤明のような並外れたスケールをもつタイプの作家を除けば、『東京物語』や『雨月物語』にはじまり、『HANA-BI』や『楢山節考』、『うなぎ』、『千と千尋の神隠し』、そして『おくりびと』と、いずれも日本独特の死生観への好奇が伴っていた印象だ。もちろん本作でも例外なく死に向き合う姿と、生きることへの模索がひとつのキーとして描き出されているが、そこに“日本らしさ”などという特殊性はもはや存在していないのだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNjA5LTAwMDEwMDA1LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/9 10:29

実力や運では受賞できません。

その他の理由で受賞できます。

2 :名無しのさはら|2018/6/9 10:34

作品としては何か素晴らしいようですね。

ただ個人的には辛い映画・気持ちが暗くなりそうな映画を今は見たくないなぁ。

仕事等で日常生活で色々考えてしまう事が多いせいか、映画やTVに娯楽(お笑い・スポーツ)や現実逃避(旅番組)を求めてしまう。

3 :名無しのさはら|2018/6/9 10:35

官邸からの祝意を辞退~~此れでこの監督の思想がハッキリ判った!

こういう態度を取ることは?カッコいいの?大人じゃないねえ。それなら文化庁から1円も受け取らなきゃ良い!

損得勘定だけはしっかりしてるのね!

この手の、監督が演出家が昔から底辺にはいっぱい居る。いわゆる新劇の劇団には左翼系がごまんといた!

私は其の急先鋒の。俳~座に居たから

良く判る。 安保体制全て反対 政権を全て拒否。 私はそれが嫌で其処を辞めた!主義が違うと。つま弾きにされる恐ろしさで。

私の好きな俳優さんも監督兼業だが

毒され無い様に、祈ってる。

4 :名無しのさはら|2018/6/9 10:37

政治的な理由で受章した?

5 :名無しのさはら|2018/6/9 10:41

どうせ裏でうまくやったんだろ

フジの社員もビジネスありきって言ってたし

6 :名無しのさはら|2018/6/9 10:44

是枝さんとか経歴見ても恐らく貧乏体験したことがない(学生時代金がなかったとか偽の体験じゃなく、親が借金まみれだった的な)人の作品って、貧困を妙に美化したり、悲惨さはそこはかとなく世間の問題と匂わせがちなんだよね

うちのオヤジは俺が中学の頃からほぼ無職で、ギャンブルで金稼ごうとしてたような奴だったから、貧乏ってほぼ自己責任だろって思っちゃうんだよね

あの親みたいになりたくないって頑張って働いてるから、今はそれなりの年収もらって生活できてる

7 :名無しのさはら|2018/6/9 10:44

それをダシにして有名になって儲かってんでしょ?

24時間テレビと同じではないか。

8 :名無しのさはら|2018/6/9 10:46

最後の特殊性を否定したら、日本でないし。

否定や、怨みつらみでは生きられないよ。

人間は希望が必要だし、明るさが必要だ。

いつ、自分が立ち上がるかが、重要。

万引きされた店の悲しみは観ないのか、

それは酷いことを親父はしている。

9 :名無しのさはら|2018/6/9 10:52

自分の周りに万引き家族はいない。

欧州では、スリの学校があるらしいし、親子の物乞いを普通に見かける。

日本では、ホームレスは男性に多いけど、欧州は、家族で、ホームレスみたいな人いますよね。

日本人は、ギョッとするけど、

万引き家族やスリ家族、欧州では、多いから、カンヌ映画祭の方々には、身近なテーマなのでは?

海外で評価の高い今敏監督も

東京ゴットファーザーズという作品は、

東京のホームレス家族が主人公でしたね。

10 :名無しのさはら|2018/6/9 10:53

そんな難しいことじゃないよ、だれも皆「他人の不幸は蜜の味」なんだよ。

11 :名無しのさはら|2018/6/9 10:55

正直、なぜパルムドールを獲れたのか分からない。ケイト・ブランシェットが審査員長でなければ無理だったと思う。女性には響く作品だと思う。Me Too ムーブメントも内容には関係ないが影響してると思う。少なくとも自分は映画に共感できなかった。

12 :名無しのさはら|2018/6/9 10:56

その家族構成での収入で万引き暮らしする必要性があるのかな?

パチンコ屋に吸われている描写でもあれば納得出来るんだけど?

誇り高い内部告発?喜平のこと?

13 :名無しのさはら|2018/6/9 10:56

見たらわかる。内部告発が目的の映画ではありません。よかれと思ってこの記事を書いて下さった方には申し訳ありませんが、違います。

14 :名無しのさはら|2018/6/9 10:58

5才の少女が虐待で殺されて騒ぎになっている時に『誰も知らない』を持ち出してるんじゃねーよ。

15 :名無しのさはら|2018/6/9 11:28

現在の日本のほんの一部であることは確かだよね。

でもこういう家族って、多分江戸時代とか、もっと昔から居たと思うし、発展途上の国では今ももっといると思うよ。

映画を見た海外の人も、こういう日本人が結構居るとは思わないと思う。

16 :名無しのさはら|2018/6/9 11:35

良い映画なのかもしれないけど

題名に抵抗がある。

小売業の敵「万引き」を生活するためにやっても良いって勝手に思い込む人多そうで嫌悪。

17 :名無しのさはら|2018/6/9 11:42

同じ監督が万引きのせいで経営に苦しんで殺伐とした小さな商店の話を映画にしたときには評価しようと思う。

18 :名無しのさはら|2018/6/9 11:46

良い記事 きちんとこの作品の本質を捉えている

19 :名無しのさはら|2018/6/9 11:50

日本にこんな恥ずかしい家族はおらんで!

と 言いたいけど いると思います。

実際 夜に公園の水道から タンクに水汲んで

盗んでいくオッサンを何度も見たことある。

20 :名無しのさはら|2018/6/9 12:21

零細小売業者にとって、万引きは死活問題。タイトルだけで生理的に受け付けない。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング