黒岩よしひろ氏の死に思う 描き切れぬ漫画家の苦悩 さはらチャンネル

黒岩よしひろ氏の死に思う 描き切れぬ漫画家の苦悩

telmin

   

img

5月16日、漫画家の黒岩よしひろ氏が死去したと報じられた。同8日、心筋梗塞のため55歳で亡くなっていたとのことだった。

代表作は月刊少年ジャンプで1992年から連載され、アニメ化もされた「鬼神童子ZENKI」(谷菊秀氏原作)。だが、1980年代後半から90年代の少年期に週刊少年ジャンプをむさぼり読んだ記者としては、当時の黒岩氏の作品が懐かしい。

残念ながら同誌ではヒットに恵まれなかった。初連載の「サスケ忍伝」(86年)は10週で終了し、続く「魔神竜バリオン」(87年)は11週、「変幻戦忍アスカ」(88年)は18週、「不思議ハンター」(90年)は17週と短期で終わっている。

少年時代の記憶であいまいな部分も多いが、絵はキレイで、女の子もかわいかったと思う。エロもあった。当時のジャンプに他誌より硬派な印象を持っていただけに、気になる先生だった。

中でも印象深いのは「バリオン」。当時の週刊漫画誌…いや漫画では珍しいオリジナルのロボットもので、メカデザインも格好良かった。動力源は水から取り出すエネルギーという設定など世界観も練られたもので、11週での連載終了は残念だった。

戦闘ヒロインものの「アスカ」は、後の「セーラームーン」や「プリキュア」シリーズの盛り上がりを考えれば、時代を先取りしすぎたのかもしれない。

なぜか気になっていた黒岩ワールド。今思えばコンセプトの面白さ、スケールの大きさを感じていたからだと思う。それだけに描き切れぬ作者の無念、また読者として読み足りぬ思いが混然となり、心に残っていた。

当時のジャンプは、同じく短命に終わった「飛ぶ教室」「メタルK」「てんぎゃん」「恐竜大紀行」なども印象深い作品だった。「海人ゴンズイ」「ラブ&ファイヤー」など人気漫画家の作品でも、あっさり切られた例もある。巻末コメントに、不完全燃焼の思いをつづって消えていった作家もいた。毎週ワクワクして読む漫画誌の裏に、厳しい生存競争があると感じていた。

黒岩氏は「不思議ハンター」を最後に週刊少年ジャンプを去った。“黄金期”と言われる当時のジャンプだが、少年読者の心に残るのはひと握りの看板作品だけではなかった。黒岩氏の作品も、記者は毎週楽しみにしていた。…と今ごろ書いても黒岩氏には届かないのだが。

その後、月刊少年ジャンプで連載した「ZENKI」がヒットしたのはうれしかった。漫画家として苦しい時期もあったはずだが、残されたブログには、日常のささいな報告や漫画に向き合う真摯(しんし)な姿勢がつづられ、人柄がしのばれた。

ホーム社のWEB漫画無料サイト「Z」で連載中だった「乙女神天照」が、黒岩氏の遺作となった。日本の神話をモチーフとする、こだわりの“戦うヒロイン”を描いたものだった。ペン入れの進んでいた14話とラストまでのアイデアを何らかの形にして発表する予定という。(岩田 浩史)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDYwNC0wMDAwMDA4OC1zcG5hbm5leC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/6/4 10:53

そしてそのギャラは出版社が独り占めする予定だという・・・

浮かばれないね、漫画家なんて商売は・・・

2 :名無しのさはら|2018/6/4 10:54

当時的に「オタク向けっぽい」作品は

サンデーが水にあっていたと思う

今でこそオタク向けのジャンプ

古臭いサンデーだけど

3 :名無しのさはら|2018/6/4 10:55

黒岩先生の作品タイトルも懐かしいものばかりですが、他の打ち切りになった作品名も懐かしい!

4 :名無しのさはら|2018/6/4 10:58

バリオン好きだったなぁ。

連載が打ち切られた時はショックだった。

単行本にいずれ続編を書きたいみたいなことをあとがきにつづってきたけど、それも夢となったか…残念です。

5 :名無しのさはら|2018/6/4 10:58

ジャンプじゃなければまた結果も違ったのかなと思う

6 :名無しのさはら|2018/6/4 10:59

「バオー来訪者」(荒木飛呂彦)は17回で連載終了したにも関わらず見事に物語が締めくくられていた。

それからほどなくして始まった「ジョジョの奇妙な冒険」がまさかサーガと呼べるほどまでになるとは想像もしなかった。

7 :名無しのさはら|2018/6/4 11:01

ZENKIはちょっとエロも入ってて、少年時代はお世話になった記憶があるわ。

8 :名無しのさはら|2018/6/4 11:01

サスケ忍伝は大好きだったし、

『美琴』って名前を子どもに付けたかった

けど、女の子生まれず(笑)。

バリオンも水からエネルギーを得たり、

バリアブル重合金製のボディだったり

心をくすぐられるカッコいいマンガ

でした。

ご冥福をお祈りします。

9 :名無しのさはら|2018/6/4 11:04

当時のジャンプは、他の作品が圧倒的すぎて票を持っていかれてた印象。

個人的には大好きだったから、打ち切りには納得できなかったなぁ。

10 :名無しのさはら|2018/6/4 11:04

正直名前だけでは誰だか分からなかったが、絵を見てすぐに分かった。

子供の頃見てたが、記憶に残るインパクトの作風だったなぁ。

11 :名無しのさはら|2018/6/4 11:09

「サスケ忍伝」は絵が綺麗で好きだったな…。

他のジャンプでの作品は「ZENKI」以外は作品名を見聞きしても内容を思い出せない。

その後、ライトエロに活動の場を移した時やSNSで原稿を買って貰いたいと発信してた時は少なからずショックだった。

ゴッドサイダーの作者の描いた本では担当者との巡り合わせも含めて悲哀を全て綴ってたかは、黒岩先生は晩年、ホーム社のWEBサイトで執筆できたんだから、良い担当には巡り会えてたんだと思う。

12 :名無しのさはら|2018/6/4 11:12

黒岩先生はほんと打ち切りばっかりだったよな。

とかくジャンプではロボット物と戦国物など他のメディアでヒットしたものは受けない。

13 :名無しのさはら|2018/6/4 11:14

メタルKは印象に残る漫画だった・・ストーリーはエグいのにエロかった(笑)。作者の巻来さんも黒岩さんと似たようなイメージがある。容赦ない打ち切りも当時のジャンプの醍醐味だったね。

14 :名無しのさはら|2018/6/4 11:14

当時のジャンプに合ってなかったかな。

途中でやたらバトルトーナメント始めたり小宇宙を感じたりスカウターで数値化されたりとかあれば受けたのかな……残念です。

15 :名無しのさはら|2018/6/4 11:16

当時は面白いのも多かったけど打ち切りも多かった。面白くなってきたら終わるのが多かったです。

今では読めない飛ぶ教室や赤点先生、恐竜大紀行とかまた読みたいな。

16 :名無しのさはら|2018/6/4 11:23

>同じく短命に終わった「飛ぶ教室」「メタルK」「てんぎゃん」「恐竜大紀行」なども印象深い作品だった。

赤点教師梨本小鉄、だったけ?

教え子の一人が演歌歌手デビューして脚光を浴びたことでクラスメイトに虐められる。

ある日雨降るデパート屋上の客一人いないステージで歌っている姿を小鉄が虐めっ子に見せて一言のセリフの場面が今だに忘れられない。

短命でも自分の心に響く作品ってあるんだよね。

17 :名無しのさはら|2018/6/4 11:24

黄金期と呼ばれ、爆発級のヒット連発時代の影に埋もれた名作数知れずよな

飛ぶ教室、メタルK、てんぎゃん、どれも結構読ませる中身だったよ

黒岩作品も絵がまず綺麗でカッコ良かったんだが、コマに対する構図とか、キャラクター一人ひとりの台詞回しだったり、誰かとコンビでの活動にして、細かい所を詰められる人とやってたらまた違ってたのかなぁ?ってのは思っていたね

18 :名無しのさはら|2018/6/4 11:28

ZENKIテレビで観てました。お悔やみ申し上げます。

19 :名無しのさはら|2018/6/4 11:29

ZENKI、懐かしいなあ。

とても思い出深い作品です。

アニメのオープニングとか、今でも口ずさめるくらい好きですね。

好きな作家さんだっただけに、世の無常を感じます。ご冥福をお祈りします。

20 :名無しのさはら|2018/6/4 11:33

作家・漫画家の早死にと断筆の多さよ

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング