「西郷どん」愛加那の兄・富堅役の高橋努を直撃!三味線シーンの裏側を明かす さはらチャンネル

「西郷どん」愛加那の兄・富堅役の高橋努を直撃!三味線シーンの裏側を明かす

telmin

   

img

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。5月27日(日)に放送された第20回では、島流しで奄美大島(あまみおおしま)へ渡った主人公・吉之助(鈴木)が、愛加那(二階堂ふみ)と結婚。吉之助は愛加那と出会ったことで初めて男女の愛を知り、島に残る決意をする。

【写真を見る】妹・愛加那(二階堂ふみ)と結婚した吉之助を、兄はどう見ている?

そんな愛加那の兄であり、西郷がやってきた集落の若者たちのリーダー的存在の富堅を演じる高橋努にインタビューを敢行。

妹・愛加那への思いや、奄美大島・沖永良部島(おきのえらぶじま)で行われた大規模なロケの感想などを聞いた。

■ 2度目の大河ドラマ出演に「やったー!」

――大河ドラマへの出演は2度目ですが、今回の出演が決まったときはどんな思いでしたか?

「やったー!」って思いました(笑)。

ただ、決まったときには富堅について何も知らなかったので、すごく調べましたね。

愛加那については僕も少し知っていて、文献もたくさん残っていたんですが、その兄である富堅については文献などもあまり残っていなくて…。写真も、この人物が“おそらく”冨堅であろうと言われている、というものが1枚あるだけだったので、調べるのも難しかったです。

――富堅や愛加那たちの故郷である、奄美大島でのロケはどうでしたか?

まず空港に着いたときに、とても空気がいいなと感じました。空気だけではなく、島全体の“気”がいいという印象も受けましたね。

島を回っていたら、いたるところに「愛加那」や「西郷さん」と書いてあって、宿泊していた場所の近くにも「愛加那」という名前の飲食店があったんですよ。でも、富堅の文字は全然なかったです(笑)。

あとは、龍佐民さんの家を見学しに行ったんですが、そこにも富堅の文字はなく…『僕、本当にいたのかな?』って少し思ってしまいました(笑)。

――史料も少ない中での役作りになったかと思いますが、どのように富堅という人物を捉えて演じられましたか?

喜怒哀楽が激しくて、笑ったり泣いたり怒ったり、その後歌ったり踊ったりする振り幅の大きい役なので、演じていて楽しかったです。

富堅は、すごくチャーミングな人だったんじゃないかなと思います。だから、みんなに慕われていて、龍佐民(柄本明)さんの次に集落のリーダー的存在になれたんだろうと考えながら演じていました。

役作りとしては、髪の毛を4、5カ月伸ばしたり、ひげを伸ばして見た目を変えていきました。

あとは、島唄や三味線、方言を習ったり…習い事のオンパレードでしたね(笑)。

一番難しかったのは三味線です。三味線は、演奏の技術は上達したんですが、芝居で感情を乗せると弾けなくなってしまうんです。でも、そこが演技にリアルさを生むのかなとも思いました。

三味線と踊りには譜面や教科書がなくて、育った環境で弾き方や踊り方、歌い方が変わるらしいんです。だから、三味線の先生には指を置く位置を教えていただくのではなく、「タララランって弾いてください」とだけ言われて、感覚で弾いていくんです。それが面白かったですね。

――三味線を弾く場面で、特に印象深いのはどのシーンでしたか?

愛加那が、吉之助の第一子を出産したシーンです。

富堅は、妹の子供が生まれたことを祝うために三味線を弾くんですが、愛加那の気持ちを思うとすごく苦しくて、三味線がなかなか弾けなかったんです。

だから、演出の方に「弾けないです」と相談したんですよ。そうしたら「応援したいという気持ちで弾けばいい」とアドバイスをいただきました。結果的に、とても切なくて、いいシーンになったと思います。

■ 亮平くんは、健康的で爽やかでエネルギーのある、いいやつ

――妹思いの富堅にとって、愛加那の夫である吉之助とはどんな存在だったんでしょうか?

義理の兄と弟ですが、関係性は友人に近かったと思います。

ドラマの中では描かれていませんが、西郷さんは農業にも詳しかったので、島民たちは西郷さんにいろんなことを教わって発展したことも多かったと思います。だから、大人たちにとっての先生のような存在だったんではないでしょうか。

島を離れた吉之助と、後に再会するシーンも出てきますが、富堅は吉之助に会いたかったんだと思います。それに、吉之助の息子である菊次郎を、お父さんに会わせたいという思いも強かったんではないでしょうか。

――妹の息子である菊次郎への思いも強いんですね。

富堅は愛加那と一緒に子育てをしていましたし、自分の息子同然だと思います。

菊次郎が吉之助に会うシーンの撮影のとき、菊次郎役の赤ちゃんが僕になれているので、亮平くんが抱っこしたときに泣いちゃったんです。

そのシーンは、実際に菊次郎と吉之助の親子が会えていなかったことと重なって、切なくなりました。

――吉之助を演じている鈴木さんの印象はいかがですか?

亮平くんは、健康的でさわやかでエネルギーのある、いいやつです。一緒に芝居していると学べるものがたくさんありますね。それに知識もあって、年下なんですけど、僕の“筋トレ”の先生でもあるんですよ。

――富堅も島民の中では体格がいいように見えますが、役作りとして“筋トレ”もされていたんですか?

“筋トレ”はしていたんですが、島民は米も砂糖も食べられないひもじい生活をしていたということもあり、節制しつつ鍛えるようにしていました。

史実でも、島一番の力持ちが西郷さんに相撲で負けたということが残っているくらい、西郷さんと島民には体格差があったそうですね。

だから、僕が亮平くんと並んだら、そんなに体格がいい人に見えないと思いますよ。

亮平くんの体は本当にすごいんですよ。愛加那を追い掛ける吉之助を止めるシーンの撮影のときは、僕にぶつかってきた亮平くんが“軽トラ”かと思うくらい衝撃が大きかったです(笑)。

――今後の見どころを教えてください。

思い出深いのは、吉之助が薩摩に帰ってしまうシーンですね。

そのシーンは、愛加那と吉之助の別れがメインなので、富堅が泣く必要はないんですけど、リハーサルの前から悲しくなってしまって、ずーっと泣いてしまいました。

あとは、愛加那が出産した赤ちゃんを見に行くシーンです。

そこも、吉之助が泣くべきシーンなので、僕はニコニコしていなくてはならなかったんですが、なぜだか涙が止まらなかったんです。

このドラマ「西郷どん」だから、僕が先に泣いちゃ駄目だと、「富堅どん」じゃないんだからと思い直して、本番では泣かないようにできました(笑)。(ザテレビジョン)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTI3LTAwMTQ4MTcxLXRoZV90di1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/27 20:40

今日も面白いですよ!

2 :名無しのさはら|2018/5/27 20:50

どんなきっかけで愛加那と富堅が、子供達を連れて鹿児島に向かうのだろうか。

愛加那と糸との邂逅はどんな風に描かれるのだろうか

気になるが。

3 :名無しのさはら|2018/5/27 20:58

今夜も呼吸を止めて、見てしまった。

薩摩藩内の当時の様子は、ドラマのような緊迫した状況だったと思う。

4 :名無しのさはら|2018/5/27 20:58

高橋さん、いい人だな。

今日も面白かった。熊吉がおゆらを見て「美しかぁ~…衣装が」で吹き出した。今日の小柳ルミ子さんチャーミングだった。二度目の「お久しぶりね~」もウケた

(笑)

5 :名無しのさはら|2018/5/27 21:00

クローズの牧瀬ね

6 :名無しのさはら|2018/5/27 21:35

富堅役の高橋努さん。

ところどころで、映画やドラマ等では観ていたのですが今回の【西郷どん】】では最初は気がつきませんでした。

もう一度観たいシーンの為に早戻しして、名前を見て『兄ょ役は高橋努さんやったかー。』と、感心してました。(奄美出身者は兄ょとも言います。)

インタビューを初めて読みましたが、役柄に対して深く掘り下げようとされていて、気持ちも優しそうな印象を持ちました。

さらなるステップアップと、名バイプレイヤーから主役の獲得を期待しています。

7 :名無しのさはら|2018/5/27 21:57

今回は「大久保どん」だった。

8 :名無しのさはら|2018/5/27 22:00

三味線じゃなく三線じゃないの?

9 :名無しのさはら|2018/5/27 22:13

元ヤンキー俳優だけど遠藤要とは違うな

10 :名無しのさはら|2018/5/27 22:48

西郷どんほんといいなあ

一丸となって良くしようと皆さんお一人お一人頑張ってるのが伝わってきます。こんなに楽しみに心待ちになる大河は初めてです。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング