西城秀樹さんが語っていた死生観「楽 我 生(=らくがき)」の意味 さはらチャンネル

西城秀樹さんが語っていた死生観「楽 我 生(=らくがき)」の意味

telmin

   

img

「自宅に帰ってきた西城さんの亡骸は、死んでしまったとは思えないほど、すごくきれいな顔をしていたみたいですよ。病気で亡くなったりすると、やせ細ってしまったりもしますが、突然でしたからね。苦しむこともなかったそうです」(芸能プロ関係者)

【写真10枚以上】若かりし西城秀樹さん

5月16日の午後11時53分、西城秀樹さんが亡くなった。先月25日に自宅で家族と過ごしているときに、突然意識を失い、横浜市内の病院に緊急搬送されていた。

彼は倒れる直前まで元気な姿を見せていたという。3年前から通っていた、都内にあるリハビリジム『フリーウォーキングメディカル』総院長の大明龍八氏は、そのときのことを振り返る。

「最後にうちに来たのは4月25日ですね。5月2日まで予約が入っていたのに来ないからどうしたんだろうって思っていたのですが……」

西城さんは'72年3月に『恋する季節』でデビュー。

'74年の『傷だらけのローラ』や'79年の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』が大ヒット。俳優としての活躍も記憶に残る。

「'74年に放送された『寺内貫太郎一家』(TBS系)シリーズで演じた主人公の長男役が大人気に。同年に公開された映画『愛と誠』では主演を務めました。また、'73年から

'85年まで放送された『バーモントカレー』のCMでは、“ヒデキ、感激!!”のフレーズが大流行しましたね」(スポーツ紙記者)

歌謡曲の枠にとらわれず精力的に音楽活動を続けたが、'03年と'11年に脳梗塞を発症。万全の状態ではなかったが、ファンの前に立ち続けた。

「'15年には還暦ライブ、'15 ~'17年は、同窓会コンサートなどで年間に70~80か所を回っていました。今年は少しスローダウンして、体調を整えようと思っていたようです」(前出・芸能プロ関係者)

残念ながら、今年の4月14日に栃木県足利市で開かれた同窓会コンサートが最後のステージとなってしまった。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTIyLTAwMDEyNDA5LWpwcmltZS1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/22 4:11

飾らないスーパースター、ヒデキ

身近に感じすぎて偉大さを忘れていたけれど

亡くなって、その眩しい存在に気が付きました

いつまでも忘れません・・・

貴方が理想の男性像でした

2 :名無しのさはら|2018/5/22 4:27

優しい西城秀樹さんは、家の近所でも気さくな方でフレンドリーだったのですね。

本当に温かい大スターだ。

秀樹さんのお人柄は、今後もあちこちで語り継がれる事でしょう。

3 :名無しのさはら|2018/5/22 4:36

子供の事、奥さんの事、ファンや友人・仕事仲間の事、いろいろ全て含めて、心臓が停止した時の最後の涙『ポロリ』が全てを語っているようで切なく悲しい。

4 :名無しのさはら|2018/5/22 4:50

最近は芸能界も魅力無いしロクな事無いけど、久々にテレビの向こう側の人から勇気をもらった気がする。

5 :名無しのさはら|2018/5/22 5:05

若い頃から最近までずっと変わらず、笑顔が優しくて。一世を風靡した人なのに、愛される飾らない人だったんですね。

6 :名無しのさはら|2018/5/22 5:07

こうやって、彼の生きざまを見せつけられると、ますます喪失感が強くなる。

ファンではなかったし、西城秀樹なんて自分の生活にはなんの関わりもなかったはずなのに。

彼のミュージシャンとしての魅力や、人柄どんどん引き込まれて行く。

歌、表現力、ほんとにすごかった!

亡くなって今から気づかされて、愕然としている自分がいる。

どうぞ、安らかに…

7 :名無しのさはら|2018/5/22 5:10

「楽我生」....とてもいい意味の言葉です。

8 :名無しのさはら|2018/5/22 5:17

大好きだったブルースカイブルー聴いたら

涙が出ました。私の心にはずっと残っているだろうな。

9 :名無しのさはら|2018/5/22 5:28

健康であれば「死」を意識することはあまり無いが、そういう状況に置かれてるひとは少なくないはず…。秀樹さん、がんばったね。安らかに。

10 :名無しのさはら|2018/5/22 5:29

走れ正直者。

11 :名無しのさはら|2018/5/22 5:33

カッコイイなかにも茶目っ気あって。

近所やフロンターレ、みんなに愛されてたんでしょうね。

最期までよく頑張りました。

12 :名無しのさはら|2018/5/22 6:12

『楽我生』らくがき 良い言葉ですね。

13 :名無しのさはら|2018/5/22 6:53

ありがとう秀樹さん!

「楽我生」胸に刻みます。

14 :名無しのさはら|2018/5/22 7:42

人柄がわかるから、泣けてくる。

心からご冥福をお祈りします。

15 :名無しのさはら|2018/5/22 7:44

けっして長い人生だったとは言えないかもしれないけど、太く濃い生きざまだった。

最期の時、ご家族との団欒の中で意識を失い数週間の昏睡の後苦しまず旅立った。

苦しまなくて良かった、ご家族と一緒にいられて良かったとそう思うことで自分を納得させています。

16 :名無しのさはら|2018/5/22 8:08

読んでるだけで苦しくなった。

本当に居なくなってしまったんだね。。

『楽我生』か。。いい言葉だね。

エネルギッシュでパワフルで深く生き抜いた秀樹。忘れない。

17 :名無しのさはら|2018/5/22 8:19

記事の写真を見る限り、とても後遺症があるなんて思えない。

真のプロってこういう人のことをいうのでしょうね。

18 :名無しのさはら|2018/5/22 8:55

ヤングマンの頃出版された本「今☆光の中で」~秀樹は「一生青春」という言葉が大好きでした…秀樹は広島に居る母の言葉から子供の頃「本当は皆仲良くしたいのに違う夢を見ているから仲良く出来ない時があるのよ…。」これは今も考え深いなあと思うよ!……秀樹は永遠の私達のヒーロー素敵なsinger…優しい秀樹smile忘れないよ…寂しいよ…☆

19 :名無しのさはら|2018/5/22 12:27

不謹慎ですが遠くの親戚、近くの他人よりずっとずっと遠いスターの秀樹さんを失った方が何か悲しい…。

20 :名無しのさはら|2018/5/22 13:02

ある番組でリハビリ中のヒデキを取材し流した映像を見たが脳梗塞を2度患っている。

その後は医師の指示の下で血圧計測したり脈拍、酸素濃度計りその値でリハビリするのが普通だと思うのだが!

映像では、リハビリがハードに見えた脳梗塞の患者に過度に刺激すると血圧が上がり又、心臓にも負荷が掛かるから医師の指示の下でリハビリを行うのが通常だと思う。

整体師のような感じのリハビリを見て違和感が感じられた!→【思い過ごしならゴメンなさい】

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング