追悼「西城秀樹」さん 「郷ひろみ」「野口五郎」と語った貴重な“還暦鼎談” さはらチャンネル

追悼「西城秀樹」さん 「郷ひろみ」「野口五郎」と語った貴重な“還暦鼎談”

telmin

   

img

歌手の西城秀樹さんが亡くなったニュースは、日本中から哀悼の声があがっている。週刊新潮が過去に掲載した「還暦鼎談『郷ひろみ×西城秀樹×野口五郎』僕らが兄弟だったあの時代」記事から、在りし日の西城さんを偲ぶ。(以下は2016年2月25日号掲載時のもの)

***【野口】 何十年ぶりかに、こうしてじっくり話をする機会があるなんて思ってもいなかった。だから、色んな思いがあって、今日、家を出る前に奥さんと1時間以上も話をしちゃったよ。

【西城】 うちの女房がね、今日のことで、そっちの女房と話をしてたらしいよ。

【野口】 そう。女房同士で連絡を取っているみたいでね(笑)。僕は普段、仕事に出る前よりも、むしろ帰ってきてから色々と話す方。でも、気持ちが高ぶっていたんだろうな。「3人とも還暦だよ。久しぶりに会って、どんな話が聞けるのかな」とか、そんな話をして来た。

【西城】 同窓会みたいな感じ。

【郷】 こうやって話しているうちにしか思い出せないことが、それこそいっぱいあるもんね。

――昭和から平成にかけて、日本の音楽界をリードしてきた3人。芸能生活は45年に達し、このほど揃って還暦を迎えた。

【郷】 僕は先日、サントリーホールでクラシックのフルオーケストラをバックに歌う機会がありました。初めてのチャレンジでしたが、新人のような初心に返ることができる、とても貴重な経験でした。やっぱり歌からは、どうやったって離れられないって実感しました。

【西城】 歌っていると、やっぱり「歌って良いなあ」と思うよ。僕は今年の秋に芸能生活45周年の記念コンサートをやる予定。

【野口】 僕はちょうど、それを終えたばかり。先週、45周年と60歳の誕生日ということでね。

【西城】 60歳は一つの節目。僕にとって「還暦」は、感謝の歴史だから、「ヒデキ感歴!」ってとこかな(笑)。

【郷】 60歳というのは、社会でいえば、定年退職を目前に控えた年頃だよね。

【西城】 まさに「第二の人生」が始まるっていうのかな。だいぶ涙もろくなったけどね(笑)。

【郷】 ただ、僕の場合は振り返ってみると、10代から50代というのは自分の人生を最高に持っていくための準備期間だったのかなという感覚なんです。基礎がしっかりしていなければ、その上に建物は作れない。だから、強固な基礎作りをしてきた上で、やっとスタートラインに立った。秀樹が言ったように、新たな第二の人生を素晴らしいものにしたいと思えば、年齢をネガティブに考えなくて良い。そういう感覚かな。

【西城】 60代の次は70代が待っているわけでしょ。だから、60歳というのは新たな10年へのスタートなんだよ。

【野口】 還暦ってものを迎えて、僕はまだ色々考えている最中です。ひろみが、「今までは60代になったこれからのための基礎作り」って言ったのを聞いて、そういう考え方もあるなって思っているところ。それから、秀樹が言う「再スタート」というのもなるほどなと。こういう意識や考え方を、自分はどう消化していこうかなと考えているよ。

【郷】 それぞれが自分の人生をエンジョイして歩いていけば、それで良いと思うんです。決して誰が正しいということじゃなくて、それぞれが気持ちの良いところに行って自分の人生を送っていくんだね。

【西城】 うん。楽しく実りの多い芸能人生を。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTE5LTAwNTQyMzQwLXNoaW5jaG8tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/19 6:47

テレビの歌番組が週に50本もあった、ってあるが、確かに嘗てはそうだったなぁ。紅白の視聴率は70%は当たり前。それが今や地上波でまともな歌番組ってほぼ壊滅、紅白ですら迷走している。音楽シーンは多様になっているはずなのに、多様化故の事なのか?

2 :名無しのさはら|2018/5/19 6:49

60歳というのは新たな10年へのスタートなんだよ。

この前向きな姿勢を心に刻みたい。

合掌

3 :名無しのさはら|2018/5/19 6:53

今のアイドルとは比べものにならないスーパースターの3人。お互いにリスペクトしてて良い関係だったのがわかりました

4 :名無しのさはら|2018/5/19 6:56

郷さん、野口さんもさみしいだろうね。

写真はステキな3ショットです。

5 :名無しのさはら|2018/5/19 6:59

昭和のスターって歌上手かったなぁ。心に残る歌のフレーズも多くて。ただただ残念。

6 :名無しのさはら|2018/5/19 7:01

秀樹さんがこんなに歌を愛し続けていたのに

神様は残酷、、(u_u)

あの大病を患い 言語障害 歌を思うように歌えなくなった、、、

それでもリハビリを続け ファンの前に立ち 生涯歌い続けた。

でも死去後 こんなに皆に愛され 惜しまれる

人柄が表れていますよね。

7 :名無しのさはら|2018/5/19 7:04

若かりし頃に苦楽を共にした親友の

訃報は本当に悲しいでしょうね。

西城さんがお亡くなりになって芸能界や

ファンからたくさん悼む声が聞こえて

いかに人柄が良かったのかわかります。

8 :名無しのさはら|2018/5/19 7:05

“同級生”でもなく“仲良しグループ”でもない

“新御三家” は永遠だ!

9 :名無しのさはら|2018/5/19 7:06

同学年だったんだねえと改めて思う。

安らかに。

10 :名無しのさはら|2018/5/19 7:07

みんな歌がうまかったよなぁ。今のアイドルも上手いとかではなく歌唱力で勝負するべきだ。だからチームを辞めた後仕事がなくなる。使い捨てにしているだけだ。使う側の問題

11 :名無しのさはら|2018/5/19 7:08

持って生まれたものに一番恵まれていた秀樹が、健康という大切なものを失って、最初に脱けてしまいました…本当に悲しい。つらい。

12 :名無しのさはら|2018/5/19 7:12

素敵な対談記事だった

寂しさ増すね。あらためて合掌。

13 :名無しのさはら|2018/5/19 7:36

この対談泣けるわぁ

当時じゃ考えられない貴重な対談。

14 :名無しのさはら|2018/5/19 7:45

70年代はこの三人が歌謡界を引っ張って、年末の賞レースはし烈だった。

15 :名無しのさはら|2018/5/19 7:57

たのきんトリオから音楽的に

アイドルの質はガタ落ちしたなぁ…。

歌唱力に関しては酷いもんだ。

16 :名無しのさはら|2018/5/19 8:09

五郎さんの奥さまと秀樹さんの奥さまがお友達って、何だかステキなお話ですね。

ステキな奥さまをと子ども達を遺して、さぞかし無念だったでしょうね。いつか、私もそちらに行きます。そしたら、またファンにしてください。テレビで毎日出演番組にチャンネルをあわせていた時代。懐かしいなあ。

17 :名無しのさはら|2018/5/19 8:09

歌謡曲と舞台の野口五郎。

ポップとエンターテイメントの郷ひろみ。

ロックで激情の西城秀樹。

三者三様。時代を駆け抜けたスーパースター。

もうこういう人達は出てこないだろうなあ。

18 :名無しのさはら|2018/5/19 8:17

今のアイドルと決定的に違うのは、やっぱ歌唱力だよなぁ…

アイドルだろうがベテランだろうが、歌手は歌で惹き付けてナンボだった。

19 :名無しのさはら|2018/5/19 8:26

昭和の歌謡曲は、その歌手のキャラクターを活かしてるから、今でも深く記憶に刻まれて歌い継がれてるんだなぁ。

20 :名無しのさはら|2018/5/19 8:29

この3人は、ストイックで本当に真面目というか…変なスキャンダルな感じは全くなかった。

それだけ真剣にやってこられたんでしょうね。

今のいい加減なアイドルにも、生き様を見習ってもらいたい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング