二宮和也&内野聖陽が衝突 『ブラックペアン』第4話が提示したスナイプへの答え さはらチャンネル

二宮和也&内野聖陽が衝突 『ブラックペアン』第4話が提示したスナイプへの答え

telmin

   

img

渡海(二宮和也)の機転によって“スナイプ手術”を2例同時に成功させたことで、スナイプ手術推進へと舵を切った東城大学付属病院。5月13日に放送されたTBS系列日曜劇場『ブラックペアン』第4話は、これまで描かれてきた“スナイプ”という最新技術に、ひとつのアンサーを提示するエピソードとなったようだ。

二宮和也、TBS入社式にサプライズ登場【写真】

今回の患者は7歳の少女・小春。高階(小泉孝太郎)が強い思い入れを抱くその少女の存在は、高階がスナイプという技術を持ち込んだきっかけであったと語られるほどだ。しかし小春の手術には大きな問題が生じており、彼女は血液が固まりにくい症状で出血を伴う佐伯式は不可能。それだけでなくスナイプ手術であっても成功率5%という高い難易度の手術となる。

さらに問題は重なり、佐伯(内野聖陽)から執刀を指名された渡海が佐伯式でなければ引き受けないと言い出し、佐伯と衝突。手術に関わることを禁止されてしまうのだ。それによって執刀することとなった高階は、例によってシミュレーションを重ねていくのだが、一向に成功の糸口が見えてこない。そんな高階に佐伯が言い放つ「医療とはシミュレーション通りにいかないものだよ」の言葉に、改めて医者の腕の重要性を痛感させられるのだ。

何としても小春を助けたいと願う高階は、敵対しつづけてきた渡海に頭を下げることに。佐伯からの命令に従い拒否する渡海は、いつも通りの冷たい言い草で突き放すのだが、そこで彼は高階が思い浮かばなかった手術の方法を提案する。先週も指摘した通り(参考:『ブラックペアン』二宮和也&小泉孝太郎、対立の行方 “患者を救う”テーマが鍵?)、「患者を助ける」という目的が共通しているこの2人の関係は、やはり徐々に解けてきているようだ。

その方法とは、従来の心臓外科手術で頻繁に用いられてきたカテーテルを使用した手術。しかし太ももの血管からカテーテルを使って到達できるのは右心房で、スナイプ手術を行う僧帽弁があるのは左心房。ところが小春の心臓には、このふたつの間にある中核の部分にわずかな欠損があったのだ。そこに目をつけた渡海は、カテーテルの先にスナイプの先端部を繋げこの欠損部を通過するという方法を思い浮かぶのだ。はじめに高階が模索をつづけた、スナイプの直径ギリギリの幅に切開して行うのと同じぐらい難易度の高い手術にも思えるが、そこは渡海の技量の賜物というわけだ。

そして渡海は高階にこう語る。「古いやり方にも強みがある。前に進むだけが医療じゃないんだ」。一方で、佐伯も高階に「医療には道具も必要だが、腕も必要だ」と語るのだ。このスナイプという技術をめぐる一連のエピソードに決着をつけるかのようなふたつの言葉。そしてそれを象徴するように、渡海と高階が手を組んで成功率5%の手術を成功させる完璧なチームプレーが展開。医者の腕と最新鋭の高い技術が組み合わさって初めて、患者を救うことができるのだと、証明されたのである。

とはいえ、どうやら次週の第5話でも小春という少女とのエピソードが持ち越されるようだ。手術後に中核に発生した問題を解決するために、新たに導入されるのは“ダーウィン”という名の内視鏡科手術支援ロボット。もはや医師の腕を超越した最新鋭の技術を前に、このドラマにおける“技術”をめぐる闘いはさらに熾烈化していくことだろう。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTE0LTAwMDEwMDA1LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/14 8:14

久々にハマってみてます!

2 :名無しのさはら|2018/5/14 8:24

昨日も面白かった

原作がー身長がー

色んな雑音はありますが

これからの展開が気になる毎週楽しみなドラマです

ドラマをドラマとして楽しめない人は

見なきゃいいのに

3 :名無しのさはら|2018/5/14 8:28

面白くなってきましたね~

一時間があっという間なんだよなぁ、次がすごく楽しみ!

4 :名無しのさはら|2018/5/14 8:31

渡海が卵かけご飯食うくだりと 佐伯教授がミシュランとか美味しいもの食うくだりが毎回ある 結構な飯テロドラマ

5 :名無しのさはら|2018/5/14 8:33

小春ちゃんが可愛かった。

6 :名無しのさはら|2018/5/14 8:41

いつも冷静沈着なのに、佐伯教授のご乱心は、とても迫力があった。

それだけ佐伯教授にとって高階の論文が重要なのだなと思った。

高階も優男かと思っていたらかなりの野心家で強かだったのが少し意外だった。

7 :名無しのさはら|2018/5/14 8:41

毎回ハラハラしながら観られるドラマ

身長が演技がと言っている人は観なければ

いいのにと思う

8 :名無しのさはら|2018/5/14 8:43

ブラックニノ、よき。

9 :名無しのさはら|2018/5/14 8:46

医療コーディネーターとの食事会がクレームあった途端のラーメン食事会!笑

極端過ぎるねぇ~!

やっぱり大根役者がやってるから余計に目立つ?笑

10 :名無しのさはら|2018/5/14 8:49

原作も読みました。少し離れていて異なる部分もあると思いますが、ドラマとしてはこれはこれで面白いと思っています。来週また楽しみです。

11 :名無しのさはら|2018/5/14 8:51

今シーズン、コンフィデンス.jpと双璧をなす面白いドラマだと思う。

コーディネーター役のフリーアナウンサーや患者役のベテラン芸人さんなど、配役は目を惹くが、演技力重視で選んで欲しかったね。

12 :名無しのさはら|2018/5/14 8:56

今まで、連ドラは家庭環境で見れなかった私が、唯一 強引に見させて貰っているドラマ。

だからドラマというものを正直知らないから上手にコメントすることは出来ませんが、ブラックペアンを見れて幸せ!…これだけは確かです。

13 :名無しのさはら|2018/5/14 9:02

昨日、過去の三話と、ライブで四話を見ました。

妻の母が月末に、カテーテルによる、心臓手術で、右心房の穴とか、弁の異常なんか似ていて、ドラマと言いつつ、真剣に見ていました。

とても他人事とは思えませんでした。

ドラマとして見る人だけでなく、心臓病を抱えた家族として見ると、違うドラマに見えてきます。

ブラックニノさんが居てくれたらなあ、って真剣に思います。

14 :名無しのさはら|2018/5/14 9:12

純一郎の息子、演技だいぶん上手くなってるやん。

15 :名無しのさはら|2018/5/14 9:20

渡海の亡父と佐伯に因縁があり、タイトルのブラックペアン、体内レントゲン画像もその事情に関係する

とネタ振りがあった回だったね

16 :名無しのさはら|2018/5/14 9:20

まあ、スナイプの手術シーンは、おいといて、昨日のブラックペアンも面白かった。二宮 演じる渡海が、どこまでもブラックで。小泉孝太郎演じる医者に小さい子の手術やってくれと頼まれても「手術するなって言われてるんだわ。俺。」とニヤリ、ブラック渡海、益々 楽しみ。

17 :名無しのさはら|2018/5/14 9:25

要は復讐劇なんだから...

18 :名無しのさはら|2018/5/14 9:36

1時間があっという間でした

面白かったです

緊迫したやりとりの合間に、卵かけご飯のシーンはほのぼのしました

19 :名無しのさはら|2018/5/14 9:58

体のなかに残ったかんし が気になる

20 :名無しのさはら|2018/5/14 10:10

原作よりブラックジャックの世界観に近い気がします。現実とも原作とも違うけどドラマの世界観は魅力的です。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング