<明日の半分、青い。>5月9日 第33回 鈴愛、旅立ちと涙の別れ 東京では早速… さはらチャンネル

<明日の半分、青い。>5月9日 第33回 鈴愛、旅立ちと涙の別れ 東京では早速…

telmin

   

img

永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」は第6週「叫びたい!」を放送。9日の第33回は、鈴愛(永野さん)は上京前夜、母・晴(松雪泰子さん)の布団にもぐり込み、“最後の時間”をかみ締める。翌朝、家族や親友の菜生(奈緒さん)に見送られ、涙で故郷をあとにする鈴愛。東京に着くと早速、マンガ家の秋風羽織(豊川悦司さん)のオフィスを訪ね……。

【写真特集】菜生が鈴愛に渡したものとは? バブルまっただ中の東京… これがオフィス・ティンカーベルだ!「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。第5週「東京、行きたい!」は、秋風から「弟子にならないか?」と提案された鈴愛は、東京行きを決意。最初は猛反対していた母の晴も、鈴愛の思いの強さを知り、東京に送り出すことにする。一方、律(佐藤健さん)はセンター試験当日、受験票が入ったクリアファイルが誤って鈴愛の手に渡っていたことに気付くが、鈴愛はそのころ、東京に下見に行くバスの中で……という展開だった。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDUwNy0wMDAwMDA0MC1tYW50YW4tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/8 13:06

嫁ぐみたいに・・ウーちゃんとの父娘にジーンと。。。

菜生ちゃん独りぼっち寂しいですよね~何気に一人京都ブッチャーも(笑)

特上すき焼き美味しそう~

2 :名無しのさはら|2018/5/8 13:06

岐阜篇が終わるの、寂しい!

3 :名無しのさはら|2018/5/8 13:08

毎週楽しく観ています。女性の一代記に飽きていたのもあり新鮮です。あまちゃん、ひよっこのような作品になってほしい!

4 :名無しのさはら|2018/5/8 13:14

お好み焼き、美味しそうだった。時々は里帰りした、岐阜でのシーンを見たい!!

5 :名無しのさはら|2018/5/8 13:18

『怖い夢』とは何を意味するのだろうか?

天井のシミが『龍に似ている』とは?

穏やかならざる切り方。

6 :名無しのさはら|2018/5/8 13:26

4人で卒業式の途中で抜け出す所、青春だったな〜

4人でのシーンがなくなるのは悲しいが東京編もまた新しいゲストが出てくるみたいだし楽しみだな!

7 :名無しのさはら|2018/5/8 13:33

NHK東京製作の朝ドラは何でもかんでも東京に行かせすぎ!岐阜の人々からすれば名古屋じゃないの?!

8 :名無しのさはら|2018/5/8 13:37

なんでもかんでも、東京に舞台を移すな!

それなら最初から「梅ちゃん先生」みたいに東京で始まり東京で終われ。

「天ちゃん」岩手から(アイドルになると言って)→ 東京に行き→岩手に戻る

「まれ」福井から(パティシエになると言って→東京に行き→福井に戻る

「ヒヨっこ」茨城からで就職→東京行→行方不明の父を連れて帰郷 茨城

「とと姉ちゃん」父親の死で会ったことの無い父方の、祖母をたより→上京追い出されるけど舞台は、東京のまま

9 :名無しのさはら|2018/5/8 14:12

切符の取り違え

律の東京、、

なんか呆気なく進んだ(((((((・・;)

10 :名無しのさはら|2018/5/8 15:18

この写真の鈴愛の泣き顔見ただけで

何だかウルッと来てしまう(笑)

11 :名無しのさはら|2018/5/9 6:05

感動を押しつけるドラマでは、感情移入は難しい。

12 :名無しのさはら|2018/5/9 22:03

本日の放送で「架空バス会社」の設定が「東濃交通」になっていましたが実際にあのあたりに路線網を持つのは「東濃鉄道」と言う名鉄系バス会社が有ります

ドラマ設定の1990年当時は東海環状開通前で中央線で名古屋まで出て新幹線が一番スタンダードルートかな

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング