<来週の半分、青い。>第6週「叫びたい!」 家族や親友と涙の別れ… 鈴愛のマンガ家修業がスタート! さはらチャンネル

<来週の半分、青い。>第6週「叫びたい!」 家族や親友と涙の別れ… 鈴愛のマンガ家修業がスタート!

telmin

   

img

永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(総合月~土曜午前8時ほか)は、7日から第6週「叫びたい!」に入る。家族から東京行きの許しをもらった鈴愛(永野さん)。上京当日、母・晴(松雪泰子さん)や親友の菜生(奈緒さん)らに見送られ、ふるさとをあとにする鈴愛の目には、涙があふれる。そして、バブル真っただ中の東京で、鈴愛のマンガ家修業がスタートする……。

【写真特集】律が進学する大学は? 目に涙を浮かべる鈴愛… 第6週は新キャラ登場も!マンガ家になるため、カリスマ少女マンガ家の秋風(豊川悦司さん)に弟子入りすることになった鈴愛。一方、幼なじみの律(佐藤健さん)は大学への進学が決まり、ともに東京に行くことになる。卒業式も終わり、晴と宇太郎(滝藤賢一さん)は、娘の旅立ちを思い寂しさを募らせる。出発の日、晴や宇太郎、祖父の仙吉(中村雅俊さん)、弟の草太(上村海成さん)ら愛する家族に見送られ、涙で岐阜をあとにする鈴愛。東京に到着すると早速、秋風の事務所「オフィス・ティンカーベル」を訪問するが、秋風や秘書の菱本(井川遥さん)、アシスタントもみな作業に没頭し、鈴愛に見向きもしない。そんな中、鈴愛は失敗を犯してしまう。「半分、青い。」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られ、“恋愛ドラマの神様”の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル作品。1971年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。第5週「東京、行きたい!」では、秋風から「弟子にならないか?」と提案された鈴愛は、東京行きを決意。最初は猛反対していた母の晴も、鈴愛の思いの強さを知り、東京に送り出すことにする。一方、律はセンター試験当日、受験票が入ったクリアファイルが誤って鈴愛の手に渡っていたことに気付くが、鈴愛はその頃、東京に下見に行くバスの中で……という展開だった。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDUwNC0wMDAwMDAzNC1tYW50YW4tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/5 13:14

すずめだけのせいじゃあないよね。

2 :名無しのさはら|2018/5/5 13:17

すずめは明治アーモンドチョコ派か。

自分は細長い箱に一個ずつ銀紙で包装したグリコアーモンドチョコ派

だった。

3 :名無しのさはら|2018/5/5 14:16

受験票は紛失しても受験可能だが・・・。

律は、何を考えているのだろう?

4 :名無しのさはら|2018/5/5 14:20

センターは受けられず、早慶とかに行くことになるのかな?

でも、それだったらブッチャーがちょっとかわいそう。まあ、舞鶴と京都は離れてるから、仮に京都でも全然近くないんだけどね。

5 :名無しのさはら|2018/5/5 14:38

これで岐阜は放ったらかしになるな

6 :名無しのさはら|2018/5/5 15:15

・・・にしても・・・

この番組の舞台は岐阜県・・・つまり中京地区

・・・しきりに使われる「マグマ大使」

なんかつい「・・・三冠落合 広角打法~・・・レフトへライトへホームラン・・・」を思いだします

・・・ま・・・コレも「80年代モノ」ですから

7 :名無しのさはら|2018/5/5 17:04

中身を見ずに渡した律君にも責任あるような。だから、律のご両親、鈴愛を責めないでほしいです。

仲良し四人組の姿をみれるのも、来週でお別れ。寂しいです。

8 :名無しのさはら|2018/5/5 18:38

そんな 数多く 見てませんが・・

ハマった 朝ドラ

ちゅらさん あまちゃん 純と愛

抜いて

自分史上最高に きてます

ハマってます 半分、青い!

9 :名無しのさはら|2018/5/5 19:33

律くんも東京かぁ。

ブッチャーくん京都行き一人になっちゃうんだ

10 :名無しのさはら|2018/5/5 19:41

20年くらい前はナウい脚本家だったけど今は話の展開、小ネタ、全部古い

11 :名無しのさはら|2018/5/5 21:14

一回ヒットすると同じような昭和ネタ作るよね

ひよっこ然り

12 :名無しのさはら|2018/5/5 21:51

北川悦吏子氏、ついにやらかした!!

本日のファイルとりちがえ事件。

律が取りに来たときは、まだファイルがあった。

つまり、まだ鈴愛は寝ていたことになる。

そのとき、じいちゃんが倒れ、病院へ…

なぜ律は付き添ってて、鈴愛はいないのか???

律が付き添うことになった過程は説明があったが

鈴愛は???

じいちゃん倒れたら、普通、鈴愛も起すだろう!

鈴愛が起きてきたときは誰もいないのに、そのまま

間違ったファイルを持って東京へてこと????

ありえないだろう、こんな展開。

どう解釈しても脚本の大穴だ。

せっかくメイちゃんの演技がのってきてるのに。

こんな話しを書いた北川氏は切腹ものだ!!

いつもは自分は穏やかな方だが、今日のはほんとうに

頭にきた。

13 :名無しのさはら|2018/5/5 23:09

律が東京の大学に行くのは基本設定のようなもので元々知ってたけどブッチャーがどうなるか気になる。

一人で舞鶴は可哀想だ。

14 :名無しのさはら|2018/5/6 3:15

漫画家になりたいと思えば、大漫画家さんからスカウト。

ご都合主義過ぎて、気持ちが入らないなぁ。

15 :名無しのさはら|2018/5/6 7:38

いらないエピソードでしたね

ファイルの取り違え

一生を左右するのにぼけ〜と病院に付き添って

しかも置いてあったファイルを回収するくらいは救急車待ち中にするでしょう普通

鈴愛も弟もいるはずなのに大事なセンター試験当日のよその息子が付き添いとか無理がある

イライラさせて結果東京へ

最初から東京の大学進学で良かったでしょ

くだらない

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング