『午後の紅茶』炎上でわかった柳原可奈子、横澤夏子ら女芸人の文脈を読む技術〈dot.〉 さはらチャンネル

『午後の紅茶』炎上でわかった柳原可奈子、横澤夏子ら女芸人の文脈を読む技術〈dot.〉

telmin

   

img

4月26日、キリンビバレッジ株式会社がツイッターの公式アカウントから『午後の紅茶』を飲んでいそうな女性を揶揄するようなイラストを投稿したところ、「顧客をバカにしている」などと批判が殺到。5月1日、キリンビバレッジ株式会社は該当ツイートを削除して、謝罪文を発表した。

【ネタで炎上したことがない?横澤夏子さん】問題となったツイートでは、『午後の紅茶』のユーザーを「午後ティー女子」と名付け、それを「モデル気取り自尊心高め女子」「ロリもどき自己愛沼女子」などと4種類に分けてイラストにしていた。それぞれのイラストの中にはそれぞれの細かい特徴を示す注釈が加えられていた。例えば、「モデル気取り自尊心高め女子」であれば「太ってないのに太ったと連発する」「冬でも夏でもスタイルのわかる服を着る」といった具合だ。

このように特定の女性の生態を描くネタは、お笑いの世界では決して珍しいものではない。例えば、柳原可奈子や横澤夏子はこの手のネタを得意としている。彼女たちは、日常の中で無意識のうちに人間観察をしている。そこでちょっとした女性の仕草や口癖に引っかかりを感じたら、それをベースにしてネタを作っていく。

女性の自意識が無防備に外に漏れ出る瞬間を彼女たちは決して見逃さない。時には「さすがにそんなヤツはいないだろ」というところまでデフォルメを加えて演じることで、笑いを誘う。

彼女たちがそういうネタを演じて「炎上した」「反感を買った」という話は今まで聞いたことがない。皮肉の次元を超えて、悪意がややむき出しになっているように見えるネタであっても、あくまでも「笑えるもの」として消費され、批判の対象にはならない。

なぜなら、そこには適切な「文脈」というものがあるからだ。女性芸人が不特定多数の人を笑わせるために演じる「ネタ」と、企業が商品PRのために公式アカウントで発信する「投稿」は、その表現が置かれている文脈が異なるのである。

問題となったイラストの制作に携わっていたのはイラストレーターのつぼゆりである。彼女はさまざまな女子の生態をシニカルなタッチで描くイラストで人気を博していた。女性や恋愛に関する著書の多い恋愛アドバイザーのDJあおいとの共著『DJあおい×イラストレーターつぼゆりの発酵女子カルテ』(主婦の友社)も出版している。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTA0LTAwMDAwMDEwLXNhc2FoaS1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/5 11:34

文脈云々ではなく、女芸人が言うか企業の公式が言うかの違いだろう

2 :名無しのさはら|2018/5/5 11:35

今回の場合は、「買ってもらっている人」をネタにしてしまったのが要因だよね

買ってほしいなら、顧客をネタにはしちゃいけないよね

3 :名無しのさはら|2018/5/5 11:37

文脈とか関係ないわ。

柳原にしろ横澤にしろ、本人達がホンマモンの店員でその店の名前出してやってたら間違いなく炎上だわ。

4 :名無しのさはら|2018/5/5 11:48

キリンがバカだったってだけのこと。

5 :名無しのさはら|2018/5/5 11:50

文脈っていうか、あれじゃあ

「午後ティーを買ってる人はみんな、こんな勘違い女子ばかりですw」

って感じがするんだけど

6 :名無しのさはら|2018/5/5 11:53

>女性芸人が不特定多数の人を笑わせるために演じる「ネタ」と、企業が商品PRのために公式アカウントで発信する「投稿」は、その表現が置かれている文脈が異なるのである。

まさにそれ。

7 :名無しのさはら|2018/5/5 12:02

単純な自虐と他虐と仮定してみる。

企業は「女」じゃない。女芸人もつぼゆりもDJあおいも「女」である。

自虐なら笑えるが他者からの攻撃だと反発する。

例えば、一人がその場から居なくなった途端にソイツの悪口で盛り上がるが、それも一応仲間内の自虐範疇というノリ。

とか?

企業と個人ってのとは違う気がする。

だとしたら、女に自虐と認めてもらえそうな企業、例えば下着メーカーが同様の発信をしたらどうなるのか………見てみたい。

8 :名無しのさはら|2018/5/5 12:06

あるあるネタと商品を一緒にするから。

うちの商品買ってる女はバカばっか。って、普通仕上がり見てこれちょっとまずいぞって思うだろ。

単なるネタとしてもちっとも面白くなかったし。

9 :名無しのさはら|2018/5/5 12:08

例えばご老人が自分で「わたしゃもう棺桶に片足突っ込んでるからねぇ」とか老化をネタにすると達観してて笑えるが、見ず知らずの他人が同じセリフを高齢者に投げかけると人格を疑うのと同じで、言葉は5W1Hで変化する生物。

本質を理解もしてないのに世間でバズってるものを使えば売れるだろと安易に抱き合わせた企画がアホとしか言いようがない

10 :名無しのさはら|2018/5/5 12:12

とは言え、キリンみたいな規模の会社なら、広告代理店が噛んでるはずでしょ。

その人たちは一応は表現のプロなわけじゃない?炎上するのが想定できなかったのかな?

11 :名無しのさはら|2018/5/5 12:14

これで売上げがどのくらい下がるか見たい。

前月比、あと昨夏の売上げと今年の夏の売上げを記事にしてほしい

12 :名無しのさはら|2018/5/5 12:20

自称頑張ってる、周りからは痛い女にしか映らない女達が選ぶミルクティの種類…なんてされたら、今まで飲んでた人たちも嫌な気持ちになるかと。

13 :名無しのさはら|2018/5/5 12:24

このてのタイプはこの味プッシュとか、そこら辺で良かったと思うよ

ディズニーやドリンクのラベルで購入していたけれど、どうしてその企画を採用した意図は分かりませんし、そういうつもりじゃなくても、午後ティー買う奴はこうだ! と思われても仕方ない。

そしてディズニーのラベルとかで購入意欲は出たけれど、これを見て購入したい気分にはならなかったし、売上落ちるんじゃないかなと思ってしまいました

14 :名無しのさはら|2018/5/5 12:28

午後の紅茶なんて普通のCMでいいじゃん。何でそんな、虎の尾踏むようなことする?

15 :名無しのさはら|2018/5/5 12:39

彼女たちは、女性のあるあるを面白おかしく茶化すけど、「こういう人いるよねー」ってノリで、「あなた、そうでしょ?」とは言わないの。

だけど午後の紅茶は、イラストの女の子に午後の紅茶をわざわざ持たせて「午後の紅茶を飲んでる女子はこんな感じ。」って暗に「午後の紅茶飲んでるあなた!そうでしょ?」って思わせちゃったんだよね。おまけに「周りにいたらファボ、自分が当てはまるならリツイート」ってもはや、「君たちは、こじらせ女子でしょ?」の押し付け感がまずかった。女性蔑視というより、購買層を低く見ていると見られたね。

16 :名無しのさはら|2018/5/5 12:42

最近こう言う企業での宣伝が世間ズレしてて炎上してしまう一因は?

まず明らかにヤバイネタを推してGOサイン出すバカ上司、その人たちバブル期めいいっぱい遊んで来てそのノリまだ引きずってるようなやつらじゃない?もうアラフィフになってきて役職もついてるだろうし。その部下は常にバカ上司の尻拭いさせられるアラフォー世代。この世代が我慢我慢で頑張ってるから会社も社会もなりたってんのよ。

だいたい想像つくでしょバカ上司がノリと勢いで下らない内容押し進めちゃって部下は『それやっちゃヤバイけどこいつ意見聞かねえしなぁーとりあえず話し合わせて誉めておこう』って誰も炎上分子を孕んだ危険な企画を止めようしない。

そして満を持して世間に発信され大炎上。こんな感じ。

バブリーな奴らって実力微塵もないのにプライドだけは高くて会社のお荷物だよね。基本寝てない自慢しか出来ない奴ら。

御愁傷様。

17 :名無しのさはら|2018/5/5 12:46

「こんな風に見られたくなきゃ午後の紅茶を飲むなよー」ってことですよね、わかります。

18 :名無しのさはら|2018/5/5 13:12

空気を読めない人は「毒」を使って笑いを取ろうとするのはやめたほうがいいということ。

政治家とかまさにそう。ちょっと毒づいてひと笑い取ろうとしたら「失言だー」って騒がれちゃう。

19 :名無しのさはら|2018/5/5 13:14

最近の広告は意味不明な物が多すぎる。

いかに美味しいのか、高品質なのかを伝えて、買いたくなるような宣伝すれば良いのに…

20 :名無しのさはら|2018/5/5 13:23

企業全体で「うちの商品飲んでる客ってこういうバカ共でーすww」と思ってる社員ばかりなんだろう。午後ティーだけじゃなく、生茶やファイアを担当してる部署でも大して変わらないんだろうなと感じた。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング