米ギブソン、事実上の“経営破綻”を選んだ理由 老舗ブランドが消える可能性は? さはらチャンネル

米ギブソン、事実上の“経営破綻”を選んだ理由 老舗ブランドが消える可能性は?

telmin

   

img

米ギブソン・ブランズが5月1日、米連邦破産法第11章(英名通称チャプター11、日本の民事再生法に相当)の適用を米裁判所に申し立てた(参考:5月2日付日本経済新聞電子版『老舗ギブソン破綻、ヤマハが狙う米ギター市場』)。負債額は最大5億ドル(約545億円)に上り、事実上の経営破綻に当たると報じられたことから、多くの音楽ファンからギブソンのギターがなくなるのでは、と不安の声が上がった。そこで今回のギブソンの動きについて、楽器業界での勤務経験もある音楽ライターの冬将軍氏に話を聞いた。

「“経営破綻”と言っても、ギブソンおよび、エピフォンのギター生産開発及び販売事業は継続していくそうです。今回ギブソンが申請した米連邦破産法第11章は、最近だとゼネラルモーターズやリーマン・ブラザーズ、東芝のウェスティングハウス・エレクトリックカンパニーなどが適用したもので、更生管財人制度がなく、旧経営陣がそのまま企業に残ることができる法律。あくまで会社の再生を目的としたもので、日本の倒産法である会社更生法とは異なり、民事再生法に近いものです。ユナイテッド航空やアメリカン航空はチャプター11申請後にしっかり再生していて、アメリカン航空に関しては、現在世界最大規模の航空会社になっているほど。また、自動車メーカーのクライスラーは申請からわずか1カ月で再建に成功しています。ギブソンも再建する可能性は十分あるでしょう。チャプター11では経営再建計画を策定し、債権者数にして過半数かつ債権額にして3分の2以上の賛成により承認されなければならない、と定められており、今回ギブソンは承認されています。つまりそれは、負債を返済できる見込みがあるということです」

ではギブソンはそもそも、なぜ経営破綻にまで追い込まれてしまったのだろうか。

「オンキヨーやティアック、オランダのフィリップスのオーディオ事業であるウークスの買収が一因でしょう。中でもウークスに関しては買収金額に見合った回収ができていないと言われています。実は、ギブソンはギター事業だけで見ると黒字だったので、今後は買収した企業を手放してギター事業に徹することによって、会社自体の再建を図っていくようです」

再建のキーパーソンは誰なのか。冬将軍氏は、ギブソンCEOのヘンリー・ジャスキヴィッツを挙げる。

「彼はもともと投資家で、1986年に倒産しかけていたギブソンを買収して救ったやり手です。80年代に、その概念すらまだなかったヴィンテージに目をつけ、リイシュー(復刻)モデルを作ったり、フラットマンドリンやバンジョーの生産を復活させるなど、古き良きギブソンを目指した。今の多くの人が知っているギブソンの姿は、このヘンリー・ジャスキヴィッツが作り上げたものなんです。ギブソンは1902年に創業し、最盛期とも呼ばれる1944~1969年はChicago Musical Instrumentsの傘下でした。その後業績不振に陥り、コングロマリット(全く異なる業種に参入する企業形態)が流行した1969年に、パナマに拠点を置くビールやセメントを扱っていたエクアドルの複合企業ECL(のちにNorlin Corporationに社名変更)に買収されます。この“Norlin Era”(ノーリン期)と呼ばれる時代は、木の切れ端を寄せ集めてプラスチックでラミネートしたギターをはじめ、デザインや機能性含めて“B級ギター”や“ビザールギター”に属されるような数多くの“迷器”を作っていたこともあり、多くのギターファンから迷走期、低迷期と呼ばれています。老舗ながら、現CEOが入るまでは経営自体はあまりうまくなかった企業だと言えるでしょう」

万一ギブソンが倒産した場合、ギブソンというギターブランドもなくなってしまうのだろうか。

「もちろん再生が失敗し、本当に倒産することもあるかもしれません。しかし、たとえそうなったとしてもブランドとしてギブソンがなくなることはあり得ないと思います。企業規模が保てない最悪の状態になったとしても、ブランドと特許を管理しながら他社にOEM生産を委ねるという事業形態も十分考えられます。ギブソンと並んで伝統ある楽器メーカー、グレッチは何度か経営不振に陥り、1967年にはボールドウィンというピアノメーカーに買収され、1980年にギターの製造を中止しています。その後、Stray Catsのブライアン・セッツァーが使ったことで人気が再熱。そして、1985年に会社は創業者であるグレッチ一族の手に戻り、1989年からリイシューモデルを中心としたラインナップで製造を再開するんですが、現在に至るまで製造を担当しているのは日本の企業です。商標ライセンスと権利を持つブランドと、製造事業は別だという在り方ですね」

冬将軍氏は最後に、「あくまで『会社を再建するため』の米連邦破産法第11章申請であり、今回の経営破綻は、ギブソンブランドを守るための現段階における最良の手段だったのでは」と指摘した。

世界中で長年にわたり愛されてきたギブソン。これからも多くのアーティストとリスナーから支持されるブランドであり続けてほしいものだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNTAzLTAwMDEwMDA0LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/5/3 7:37

ギブソンという名前は何があっても消えることはないでしょう!

2 :名無しのさはら|2018/5/3 7:40

グレッチって日本製なんだ…知らなかった

3 :名無しのさはら|2018/5/3 7:42

冬将軍って誰やねん。

ちょこちょこ出てくるから内容が頭に入ってこんわ。

4 :名無しのさはら|2018/5/3 7:44

アナログ時代の音楽資産で、大した投資もなしに儲けてるIT大手は、こういうものにこそ救いの手を差しのべないといかんですよ!

5 :名無しのさはら|2018/5/3 7:48

普通に品質悪い!

6 :名無しのさはら|2018/5/3 7:50

ギブソンのヴィンテージギターは演奏はもちろん眺めているだけでも至福。

何とか健闘してほしいですね。

7 :名無しのさはら|2018/5/3 7:51

ギターは残るのね。でも、楽器やさんには中国産の安いギターも多くなったよな。昔、バイトしてバイトしてやっとギター買えたのをふと思い出した。

8 :名無しのさはら|2018/5/3 7:53

335

9 :名無しのさはら|2018/5/3 7:56

昔はギブソンは高嶺の花だったけど、最近じゃ高校生の1ヶ月のバイト代くらいで買える価格帯になっていって明らかに品質の低下が見られました。品質の低下はブランドの定価です。もっともめちゃくちゃ歪ませたりとかするプレーヤーは正直ギターの鳴り自体よりピックアップの方が重要です本当に。安物使おうが高いの使おうが本当に分からないですから。

10 :名無しのさはら|2018/5/3 7:59

近年モノは

値段とクオリティが、合わない。

11 :名無しのさはら|2018/5/3 8:03

ヤナギブソンが1番心配してるって、そんな話誰が興味あるねん!!

12 :名無しのさはら|2018/5/3 8:06

2018年以降のgibsonは、品質がどうこうと語るんだろうなー。

13 :名無しのさはら|2018/5/3 8:31

ヴィンテージのギブソンには当たり外れがあるって事なのかな?見極めが難しいなあ。いつかはJ-45かJ-160Eを入手したいのだが。

14 :名無しのさはら|2018/5/3 8:34

アメリカのメーカーの悪いパターンの典型。物作りに素人の投資家が買収して目先の収益のみを考え、品質管理をおざなりにした挙句、ものが売れなくなって破綻する。記事にで出てきたピアノメーカーのボールドウィンも今や誰も買わない中国製の安物と成り果てた。どんなにCNCとか取り入れても物作りには職人技が必要。そこのところの金をケチったら終わりだよ。

15 :名無しのさはら|2018/5/3 8:45

昔のギブソンにしか出せない音があった。

アコギならJ-200

ソリッドならレスポール、

セミアコならES-335

フルアコならL-5

分厚く太〜〜い低音。

何とも言えない音色。

渡辺香津美がL-5で

若い時に録音したラウンドミッドナイト。

良い音だったな〜〜。

ギター部門は黒字だったから、

立て直せると思う。

ただ、最近は評判悪いよ!

廉価版のギターは止めて、

材料、製造過程にこだわった優れたギターだけを

作って欲しい!

高くても良いのではないかと思う。

16 :名無しのさはら|2018/5/3 8:48

ギブソンは職人がいれば資本が変わっても生き残る。

17 :名無しのさはら|2018/5/3 8:49

高級ギターは最近PRSに押され気味な印象だけど、ギター市場にギブソンブランドは必要でしょう。

18 :名無しのさはら|2018/5/3 8:49

無い無い。 Gibsonのブランド名が欲しい会社や投資家なんて世界中にいくらでもいる。 勿論金額が見合えばだけど、万一の時にはどこかで折り合うでしょ。

19 :名無しのさはら|2018/5/3 8:53

今後は規模縮小してマスタービルダーとカスタムショップだけ残し、高価格で客を選ぶくらいの真に良いギターだけを作り 新たなギブソン伝説を作るくらいの方向性でブランド力を取り戻せ。多角経営、

廉価なのばかり力を入れて失敗したと思う。

日本では代理店、山野楽器時代までは本当に良いものがあった。

20 :名無しのさはら|2018/5/3 8:53

代表モデルのリイシューに力を入れるというのはクオリティ低いギター作ってたノーリン経営時代からの正しい路線変更なんだとは思うんだけど、ゴリゴリのプレイヤーはディテールにそこまでまで拘らないし、ヴィンテージユーザーは拘りのリイシューよりもコストと品質のバランスとれたブランド選ぶように思います。あの木材のレベルからしてリイシューの価格は高いなって思います。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング