乃木坂46 生駒里奈、卒業を決めたきっかけを明かす 「私的にも区切りがよかった」 さはらチャンネル

乃木坂46 生駒里奈、卒業を決めたきっかけを明かす 「私的にも区切りがよかった」

telmin

   

4月22日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「生駒ちゃん卒業おめでとうSP」の模様がオンエアされた。

間もなく乃木坂46を卒業する生駒里奈に内緒で、メンバー全員から手紙をプレゼント。代表して、同じ1期生の若月佑美、井上小百合、高山一実、2期生を代表して堀未央奈、3期生からは与田祐希が手紙を読み上げ、キャプテンの桜井玲香が全員分の手紙を卒業文集としてプレゼントした。

生駒はメンバーへのメッセージを話し始める。「こういう風に私のために時間を割いてくれる人と、涙を流してくれる人がいるっていうのを、教えてくれるのはメンバーで。卒業だからとかじゃなくて、今までの活動の中で、私はみんなにフォローしてもらえたからセンターができていたし、意見を変えることができなくて、暴走気味な時もありましたけど、そういう時に、みんなの存在に助けられたし、みんなに本当にフォローしてもらったり、自分を助けてもらった時がたくさんあります。このメンバーだったから、私はここまで続けてこれました。とっくの昔にやめる時だってあったと思うし、このメンバーに巡り合えて本当によかったです。人が嫌いだったけど、人を好きにさせてくれて、ありがとうございます」と涙を浮かべながら、メンバーに向けて感謝を述べた。

MCであるバナナマン・設楽統、日村勇紀と生駒による3ショットトークでは、卒業の真相と今後の活動について語る。生駒が乃木坂46に加入したのは、高校1年生の15歳の頃。あれから7年が経ち、現在は22歳になった。日村は2011年の番組での企画「地方出身を都会に慣れさせよう」にて、渋谷で人の多さに怯えて号泣する生駒を鮮烈に覚えているという。設楽は、他局の番組で一緒になった時に、不安が大きすぎて収録後に泣いていた生駒の姿を明かす。生駒は当時を振り返り、「『どうすればいいか分からない……』が涙になっちゃう」「(いろんなことを経験できて)私的には『人間になれた』って感じです。必要最低限のことしかしないで生きてたので、人間として多彩に色が付いたというか。1色だった人間が、7色も8色もみたいな」と成長した7年間を語る。乃木坂46の顔として、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から『制服のマネキン』まで5作連続でセンターを務めた生駒。映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』で描かれている、6枚目『ガールズルール』で白石麻衣へとセンターが受け渡される解放から駐車場を飛び跳ねる彼女の姿に設楽が触れた。

センターの重圧から選抜発表時の収録で過呼吸になり、スタジオで倒れたこともあった。卒業を決めたきっかけについて設楽が質問すると、「はっきりと乃木坂を卒業しようと決めたのは『太陽ノック』のツアー(『真夏の全国ツアー2015』8月31日)で、『神宮ー!』と叫んだあの日です。私的にも、区切りがよかったんですよ。センターをやって外れて、AKB48と兼任をして、戻ってきてセンターというので、自分的に『アイドルとしてやりきった』と思って、一段大きくなった乃木坂でいろんなことも見れて楽しくて、そこで次に行こうと思ってても何をするかは分からなくて、そこで舞台とかバラエティをやらせてもらって、『私たぶん舞台好きだ』とか、一段落つけたこそ見えるものがあって。別にアイドルだから、全部が完璧じゃなくてもいいと思うし、発展途上の成長過程を見せるのもアイドルのコンテンツじゃないですか。本物の役者さんと共演する中で、『どうしよう……自分、本物になりたい』と思っちゃって」と成長した姿で仕事がしたくなる興味が湧いたことを明かす。

卒業後の不安については「“乃木坂46”っていう看板があるからこそ、“乃木坂46の生駒ちゃん”だから仕事ができている」としながらも、「怖くて当たり前。それを頑張って乗り越えないと。怖いけど大丈夫、進む」と強い決心を覗かせた。卒業後の未来予想図については、「ダンスを習いたい、もっと技術を上げたい。イベントとかで踊りながら暮らせる人になりたいっていうのが、本当に思っていた夢で、もっと自分の体を動かせる人になりたい」と今後の展望を話し、バラエティについても「続けられる限り、続けていきたい」と意欲を見せた。

次回5月6日放送では「生駒里奈卒業ライブに密着」をオンエア予定だ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDMwLTAwMDEwMDA4LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/30 11:28

キツかったろうなぁ。お疲れ様でした。

2 :名無しのさはら|2018/4/30 11:29

生駒さんが凄いと思いました。

感謝があるから仕事を貰えるとか、笑顔が

あるからテレビに出れるとか、子供だと

思っていましたが、いつの間にか少女から

素敵な女性になったんだな。って感動しました。

3 :名無しのさはら|2018/4/30 11:30

確かに「乃木坂46」の看板は外れるかもしれないけれど、「元乃木坂46」という新しい看板は終生付いて回るもの

同様の事例でその最たるものが宝塚

乃木坂というホームグラウンドが盤石であり続ける限り、生駒ちゃんには追い風になるはず

4 :名無しのさはら|2018/4/30 11:34

ゆきりんは手越さんとやっちゃったことが発覚したことで卒業したら区切りがよかったのにねw

5 :名無しのさはら|2018/4/30 11:37

アイドルがタレントとして「亜流」ときちんと認識した上でアイドルとして誇りを持ち矜恃を感じる。

「本物」目指して頑張って欲しい。

6 :名無しのさはら|2018/4/30 11:40

最大の犠牲者であり

最大の功労者

生駒の人生に幸あれ

7 :名無しのさはら|2018/4/30 11:40

乃木坂46物語の第1章が完結した感じがあるね

8 :名無しのさはら|2018/4/30 11:52

現世地獄東京でよく頑張ったもんだ(´・ω・`)

9 :名無しのさはら|2018/4/30 11:55

5枚目は制服のマネキンじゃなくて「君の名は希望」

努力 感謝 笑顔で これからも頑張って下さい

ずっと応援してます

10 :名無しのさはら|2018/4/30 11:55

かなり前の工事中で、生駒ちゃんが80歳くらいのお爺さんからもアンタ知ってるよー!と言われていたのを観て、この人は凄いなと思いました

生駒ちゃん卒業おめでとう

11 :名無しのさはら|2018/4/30 11:56

本当に良い意味で精悍な顔つきになったというか、本当に大人の女性になったという感じですね。

コメントの内容も色々な経験をした彼女だからこその重みもあるし、何ら迷いない言動に素直に応援したくなりました。

まぁ彼女なら少なくともAKBの一部メンバーの二の舞にはならないと思いますが、努力や感謝を忘れず細々と…そして末長くこの業界に生き残って欲しいと思います!

これからの活躍に期待してます!

12 :名無しのさはら|2018/4/30 11:57

今どきのアイドルはネットとかで辛辣な意見とかも耳に入ってるだろうから、自分がどう見られているか客観視できるコが多い気がする。その上で笑顔でパフォーマンスをする。

握手券がとか、口パクがとか、言われてしまうけど、それでも私は彼女たちはすごいと思います。

13 :名無しのさはら|2018/4/30 11:59

冒頭の放送日時から誤りなんですが。

14 :名無しのさはら|2018/4/30 12:04

よく頑張ったよね。俺が嫁に貰ってあげたい。

15 :名無しのさはら|2018/4/30 12:10

真面目でしっかり者の生駒ちゃんなら、この先もきっとうまくやっていけると思う

16 :名無しのさはら|2018/4/30 12:13

乃木坂ファンってさ、生駒ちゃんが卒業するって決まってからようやく生駒ちゃんの大事さを思い出してる部分って無い?

それまではまいやんだの飛鳥だの西野だのいくちゃんだの…他のメンバーばかりやたら応援していて生駒ちゃんを軽んじてたと思うよ。

生駒ちゃんが乃木坂の看板として地盤を築いた最大の功労者なのにさ。

17 :名無しのさはら|2018/4/30 12:21

5作目は「制服のマネキン」ではなく「君の名は希望」ですよ。

18 :名無しのさはら|2018/4/30 12:28

太陽ノックの次のシングルで、生駒さんが3列目になったとき、乃木坂

46の彼女に対する扱いに少々寂しさを感じました。しかし、その後の彼女の映画や舞台での活躍は目を見張るものがありました。舞台は、犬天に始まり、じょしらく、こち亀、あさひなぐ、モマと経験を重ねてきました。特にモマでは、演劇のプロ集団である少年社中でW主演という重圧のなか、すべてを捨てて役作りに打ち込み、舞台では多くの称賛を浴びました。私も天王洲で舞台を観ましたが、素晴らしい舞台でカーテンコールのときスタンディングオベーションは圧巻でした。

彼女なら、きっとみんなに感動を与えられる舞台女優になれると思います。

19 :名無しのさはら|2018/4/30 12:34

>発展途上の成長過程を見せるのもアイドルのコンテンツ

アイドルの定義とも言える

この事が分かってる生駒ちゃんが凄いと思う。

20 :名無しのさはら|2018/4/30 12:52

右も左もわからない子がたくましくなった。去年レコ大を取ったインフルエンサーでダブルセンターの背後で踊っていた顔つきが大人びてたくましかったのが今でも印象に残る。乃木坂を出ても愚直に突き進んで欲しいし、根性もありそうなので乃木坂出身者は活躍するという道筋を作って欲しい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング