「いま日本は障害者バブル」 初の専門タレント事務所誕生 さはらチャンネル

「いま日本は障害者バブル」 初の専門タレント事務所誕生

telmin

   

img

リオと平昌のオリンピック・パラリンピックが相次いで開催され、テレビや雑誌、ポスターなどでパラアスリートの姿を見ることが急激に増えた。

環境面と精神面の両方から障害者が外に出ることが難しかった時代には「どう接したらいいか判らない」という声もあったが、今や義足や義手も含め「カッコいい」存在に変わってきている。

一方、3月に放送されたピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり2018』では、視覚障害のある濱田祐太郎さんが優勝し話題になった。

【写真】事務所にはこんなタレントも…

そんな中、日本で初となる障害者専門のタレント事務所が誕生した。母体となったのはNPO法人 施無畏(せむい)が発行する、難病や障害のある女性向けの季刊フリーペーパー『Co-CoLife(ココライフ)☆女子部』(2008年創刊・毎号1万部発行)。

事務所を立ち上げた意図などを代表の岡安均さんと『Co-Co Life☆女子部』編集部の守山菜穂子さんに聞いた。

「『Co-CoLife☆女子部』には読者サポーターとして約850人の女性が登録しています。みな難病や障害のある方で、読者モデルなどとして日頃から誌面の撮影や編集に協力していただいています。

2014年頃から官公庁や企業からの講演依頼や商品開発などの依頼が編集部に来るようになりました。当初は演者のキャスティングや人材のブッキングをボランティアでやっていましたが、件数が増えたことで事務所にしてきちんと告知しようと考え、『Co-Co Life☆女子部 タレント事業部』を立ち上げました。

それまでは取材の際の繋がりなどで仕事を紹介していたのを、きちんとプロフィール写真やデータを載せたウェブサイトを作り公開したのです」(岡安さん)障害者の多くは望む仕事、やりがいのある仕事に就くのが難しいのが現状だ。障害者雇用枠で入社したものの受け入れ側の態勢が十分ではなく、出社しても仕事が無いというケースもあるという。

しかし、講演や商品開発では「障害者」である各自の知見が活かされる。自分の身体だからこそできる仕事だ。事務所開設は、雇用の創出や活躍の場を提供することにもつながると考えた。

岡安さんは長く広告会社に勤務し、ボランティアを経てこの仕事に就いた。企業のニーズやビジネスの大きな流れには敏感だ。

「2006年に国連で障害者権利条約が採択されましたが、当時の日本はこの条約の水準に達しておらず、4年前にようやく国連から承認されました。この分野はいま世界に追い付けという大きな流れがありますし、法整備や雇用推進など国の後押しもある。2020に向けてビジネスチャンスだという手ごたえがあります」(岡安さん)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDQyOS0wMDAxMDAwMi1mbm5wcmltZXYtZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/29 18:03

「障がい者からお金を貰うのはよくない」という意識を捨てて「障がい者からお金を貰いましょう」という意識に変わればもっとカネが動くんですがね。

2 :名無しのさはら|2018/4/29 18:08

よくこんな薄っぺらい記事書けるな。

障害者の方々もいい気しないだろ。

3 :名無しのさはら|2018/4/29 18:09

>ありそうで無かった障害者タレントの事務所

障害者タレントといっても、障害の種別、軽重さまざまだと思う。

持っている障害に対して支援が必要な場合、適切な支援を受けながらタレント活動を行える環境を担保できるか?

案外ここが難しいと思う。特殊な就労継続支援が必要かもしれない。

ぜひ成功させてほしい。

4 :名無しのさはら|2018/4/29 18:13

あくまでも…

当の『本人達』がちょっと『自虐的』な表現で言っているのだとしたら、

それは『彼らの自由』だと思いますが、もしも『当事者でない外野』が、

『障害者バブル』などと呼んでいるのだとしたら、

それは『とんでもない事』だと思います。

5 :名無しのさはら|2018/4/29 18:17

障害者バブルって障害者に対して言う言葉じゃないと思う。

新しい雇用がうまれるのはいいけど、言い方考えたほうがいいな。

6 :名無しのさはら|2018/4/29 18:25

重度の身体障害者とか、医療的ケアが要る人とか、強度行動障害の人とか、一見わからない発達障害や精神障害の人とか、そういうディープなところを攻めてほしい。

7 :名無しのさはら|2018/4/29 18:34

いずれ弾けるバブルという言葉は好きではない。

認知され、必要とされる人であれば健常者でも障害者でも受け入れられる世の中になってほしい、それだけ。

8 :名無しのさはら|2018/4/29 18:37

「障害者バブル」と書く必要あります?

かなり不愉快です。

もっと、別の書き方を出来ないのですか?

彼らは好きで障害者に

なったわけではないのに最低ですね。

事務所はかなり期待できそうです。

頑張って成功させてください。応援しています

9 :名無しのさはら|2018/4/29 18:38

乙武みたいな奴が出てこなければいいが。何かアスリートならわかるが、ただのタレントなら違和感を感じます。

10 :名無しのさはら|2018/4/29 18:41

雇用の場所が増えるのはとても良い事だが「障害者バブル」の呼び方には怒りさえ覚える

障害者を見下しているのと、バブル=いずれ弾けるという事だ

11 :名無しのさはら|2018/4/29 18:46

バブルの三文字は、要らない。

日本の法律は酷くならなきゃ動かない。

12 :名無しのさはら|2018/4/29 18:50

なんか表現が癇に触るな!

13 :名無しのさはら|2018/4/29 18:57

障害者バブルとは、所属してるタレントの方の発言だからこそ、含蓄があります。ビジネスとして定着させられるといいですね。

14 :名無しのさはら|2018/4/29 19:28

バブルと言う言い方は良くないけれど、障害者が働ける社会になれば良い。

15 :名無しのさはら|2018/4/29 19:30

まあ良いんじゃない?

16 :名無しのさはら|2018/4/29 19:30

障碍者でバラエティやるのは勝手だけど、それが総意として受け止められると困る人の方が多そう。

17 :名無しのさはら|2018/4/29 19:33

バブルでも何でも良い。経済的にも自立したら、こんな良いことはない。本人もお国も。がんばれ。

18 :名無しのさはら|2018/4/29 19:34

何でもいいと思う

結局世の中勝手に期待して勝手に落胆していく野次馬ばかりなのでバブルの内に少しでも信頼できる人間関係が広がるといいですね

19 :名無しのさはら|2018/4/29 19:36

言い方が乱暴かもしれないけど

こうしてメディアの前で話をしたり笑顔を作れる人は

障害者のようで障害者ではないと思う。

障害者の中には話のキャッチボールもできなければ

表情も変えることもできない人もいる。

自分の旧友も先日、脳梗塞で倒れ言語障害が残った。

まだ40歳そこそこで子供もいるしかし筆談が必要だ。

申し訳ないがこの記事の

写真の方々のように化粧をして笑顔を振りまけることができる人たちと

同じ立ち位置で障害者と一括りにしないでほしい。

20 :名無しのさはら|2018/4/29 19:36

障碍者バブルという言葉は気に入らんが、

事務所の誕生については面白いと思う。

ぜひ成功してほしい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング