東出昌大、『コンフィデンスマンJP』ボクちゃんはハマり役? 次々と開かれる演技の引き出し さはらチャンネル

東出昌大、『コンフィデンスマンJP』ボクちゃんはハマり役? 次々と開かれる演技の引き出し

telmin

   

img

1話完結の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。4月23日に放送された第3話のタイトルは「美術商編」。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)たち信用詐欺師の3人が、悪徳美術評論家・城ヶ崎善三(石黒賢)を騙すために闘いを挑んだ。

『コンフィデンスマンJP』第3話で活躍するダー子&ボクちゃん&リチャード

カフェでアルバイトをしている美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合ったボクちゃんは、彼女が城ヶ崎にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い込まれたことを知る。そこで彼は城ヶ崎をターゲットにしようと思い立つ。

毎話ゲスト俳優がダー子たちのターゲットとして登場する本作だが、今回のターゲットは石黒である。石黒といえば今期は、本作と同じく新たにスタートした『正義のセ』(日本テレビ系)にもゲストとして出演し、建設会社の部長・恩田を演じていた。恩田は部下の向井(浅利陽介)に暴力を振るったとして被害届を出され、主人公である駆け出しの検事・凛々子(吉高由里子)と敵対する。本作と同様に、主人公たちにとって敵キャラであったのだ。

石黒がバイプレーヤーとして名を馳せる存在であることは、多くの方がご存知だろう。『正義のセ』でも、涼しい笑顔と高圧的な態度の切り替えが見事な悪役ぶりで、第1話からの盛り上がりに大いに貢献していた印象だ。そんな彼が今作で演じる城ヶ崎もまた、悪どいキャラクターである。世間的に高名な評論家である城ヶ崎の後押しを求めるユキに対し、彼女のことを弄んでおきながら、「若くて、小綺麗で、巨乳の画家、という点では可能性がある。しかし作品自体はゴミ」などと平然と言ってのけ、美術商としても真贋を偽り不当に安く買い叩く。

そんな城ヶ崎に対抗すべく、今回のダー子は中国人美術バイヤー、ボクちゃんは古美術堂の息子、リチャードは架空の画家の甥っ子にそれぞれ扮し、闘いを挑む。でんでん演じる贋作画家・伴友則も登場し、いつにも増してハイテンションで楽しいものであったが、城ヶ崎の前に伴は瞬殺。贋作だと見抜かれ、あえなく逮捕されてしまう。このあたりの、ついツッコミたくなるぶっ飛び展開も、3話目にまでなるとクセになってくる。

そんな今回は、ボクちゃんを演じる東出の小芝居が面白い回であった。猫背に上目遣いで、どこか神経質そうな古美術堂の息子を演じていたのだ。東出といえば、長い手足に涼しい笑顔で、どちらかと言えばクールなキャラクターを演じることの多い印象だが、この手のコミカルな芝居も実に上手い俳優なのである。『ヒーローマニア-生活-』(2016)で演じたうだつの上がらないコンビニ店員・中津秀利役や、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)で演じた主人公の親友の陽気な美大生・上山正一役などはその路線であったと言えるだろう。

“ボクちゃん”というキャラクターを軸にしながらも、毎話違ったキャラクターを演じる姿は活き活きして見える。次々と開かれていく演技の引き出しに大きな期待をかけてしまうが、長澤や小日向に対しても同様、これこそ本作の見どころでもあるだろう。

次週のゲストは佐野史郎。食品偽装などを行う、老舗の食品会社社長を演じるようだ。次回予告からすでに、またも大きなぶっ飛び展開を予感させる。次は誰のどんな引き出しが開かれるのだろうか。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDI0LTAwMDEwMDA0LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/24 6:21

演技はあんまり上手ではないと思う。今回のぼくちゃん役ももっと他にハマり役の人がいたように思えるが。クローズの時もそうだった。その役にいまいちハマらない。あくまでも個人的感想だけど。

2 :名無しのさはら|2018/4/24 6:22

良く東出くんについて「棒」って言われるけど

違うと思うんだよね。原因は声だと思う。

音消して表情だけ見てたら上手いもん(笑)

3 :名無しのさはら|2018/4/24 6:27

演技力のなさは致命的だね!

まぁ、まだ若いし見た目が良いから今すぐという事はないだろうけど年取って今のままならオファーは確実に減ると思うな。

それまでに演技力磨かなきゃね!

4 :名無しのさはら|2018/4/24 6:28

演技も声もダメ。しかし後ろ盾がケン.ワタナベとアン.ワタナベ。ポイント高いですよ。

5 :名無しのさはら|2018/4/24 6:31

ドラマは面白かったです!

6 :名無しのさはら|2018/4/24 6:37

この人と東幹久は俺でもわかるくらい大根だと思う。

不思議なのは藤原竜也もそれに次ぐくらい下手だと思うのに、世間では演技派で通ってる。

俺がおかしいのか。

7 :名無しのさはら|2018/4/24 6:40

本当にそう思ってこの記事を書いているのだとしたら

この手のジャンルはやめた方がいいと思う。

8 :名無しのさはら|2018/4/24 6:41

確かに表情とか見て可愛いねと思うこともなくはないけど、芝居全般となるとやっぱり致命的に声が悪い。

9 :名無しのさはら|2018/4/24 6:43

この役、合ってると思うよ。頼り無さそうな表情とか素でやってそう。

10 :名無しのさはら|2018/4/24 6:44

このドラマが春ドラマで一番好きかな。

東出君ってクールなイメージだったから、意外な感じで結構好き。

11 :名無しのさはら|2018/4/24 6:48

あんまり演技上手くはないけど、この役はこういう人でいいんじゃないの。

ちょっと抜けた感じがないとフィットしないよ。

12 :名無しのさはら|2018/4/24 6:54

昔はひどかった。最近は演技に目覚めたんだうなーと思わされるほど、進化したと思います!

演技の上手い下手なんてわからないけど、良い感じに変わってきてるのは間違いないと思います。

13 :名無しのさはら|2018/4/24 6:54

ドラマは確かにおもしろいよ。

ただ、東出くんの演技は・・・。

素人目で見ても、あまりにも大根っぷりが酷くて毎回唖然としています。

この記事書いてる人大丈夫?

事務所から依頼されて書いたのかな?

14 :名無しのさはら|2018/4/24 7:01

その引き出しの中は全て大根

15 :名無しのさはら|2018/4/24 7:15

このドラマは脚本が良い。仮に役者違っても上手く行くと思うよ。

16 :名無しのさはら|2018/4/24 7:19

棒演技。

と言う新ジャンルを確立しつつある

スティックアクター東出くん。

多分きっとエエ人。

17 :名無しのさはら|2018/4/24 7:21

なんか浮世離れしてる感じが好き。演技はあなそれとそんなに…。でもなんか癒されるから見てしまいます。

18 :名無しのさはら|2018/4/24 7:39

東出のポジション岡田将生にしてくれたらいいのに

19 :名無しのさはら|2018/4/24 7:40

上手いというかギリギリ許容範囲という感じかな・・・。個人的には勝地涼さんあたりがいいなと思ってました。

20 :名無しのさはら|2018/4/24 7:44

この人だけ下手過ぎて見てられない。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング