関ジャニ∞ 大倉忠義、脱退決めた渋谷すばるへの“本音” 会見前ラジオでの発言から考える さはらチャンネル

関ジャニ∞ 大倉忠義、脱退決めた渋谷すばるへの“本音” 会見前ラジオでの発言から考える

telmin

   

「いや、もう自分の好きなことやったらいいと思うよ。1回の人生なんだから」

関ジャニ∞の大倉忠義とミュージシャンの高橋優がパーソナリティを務めるラジオ『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)。4月14日深夜の生放送で、大倉は転職に悩むリスナーに先のような言葉を贈った。翌日に渋谷すばるが関ジャニ∞を脱退、ジャニーズ事務所の退所を発表する会見を控えていた大倉が、どんな気持ちで語ったのだろう。想像すると心がきゅっと締め付けられる。

大倉は、関ジャニ∞に最後に加入したメンバーだ。「リズム感があるから」と安田章大、丸山隆平からドラムに推薦。社長から「もし1カ月でダメならもうひとりドラムのできるジャニーズJr.を入れてツインドラムにする」と条件を出された大倉に「チャンスやで」と背中を押したのが渋谷だった。「お前が努力して大倉ひとりでええってなったら、お前の勝ちやで」その励ましの言葉が、大倉の中で大きな支えになったと語っている。

2002年には安田、丸山を含めて4人で“すばるBAND”を結成し、関ジャニ∞のコンサートでも演奏を披露。2006年には、“渋谷すばるwith大倉BAND”としてもライブを開催した。「(すばるくんは)ようドラムの脇に来てくれたな。言葉ではなく、目や空気で想いを伝える……そういうコミュニケーションがめっちゃ気持ちよかった」。関ジャニ∞としてドラムを叩くことでチャンスを掴んだ大倉は、グループありきの自分という“グループ至上主義”を確立させていく。関ジャニ∞のドラム=自分の居場所。その強い信念があったからこそドラムの腕を磨き、いつしか音楽にストイックな渋谷が「大倉のドラムで歌うのが1番気持ちいい」と言うほど、関ジャニ∞の土台を支える存在になっていった。

「お前が大人になるにつれ、俺は子供になっていくからな!」とは、成長した大倉に対して渋谷が放った言葉だ。過去には自動車免許を取った大倉が「練習したい」と渋谷を誘い、旅行に出かけたこともあるふたり。年下だけど長男気質の大倉と、年上だけど次男気質の渋谷。ふたりはきっとシーソーのようにバランスを取りながら、お互いに支え、支えられてきたのだろう。一方で、ソロ活動を充実させていく渋谷を、大倉は「反対ではなかったけど、やっぱり応援できる気持ちではなかった」「まずは関ジャニ∞として売れるという気持ちが凝り固まってた」「あのときはすばるくんの意思を尊重できなかった」とまっすぐに振り返ったことがある。確固たる信念を前に、大倉は決して自分を曲げることはなかった。

そして今回の会見でも、メンバーが参加した理由を「渋谷を送り出すために」(横山裕)、「グループとしての誠意」(丸山隆平)、「門出の日という気持ちが強い」(錦戸亮)、「口下手な男が一人で立ったら心配」(村上)と語る中、大倉だけは「僕は最初イヤだったんですけど」と率直な気持ちを話した。そして、「やっぱり勝手な決断をしたすばるくんのことを嫌いになれなかったですね」「どんな発言をするのか横で聞いていたいなと思いました」とも……。グループ至上主義の大倉からしたら、きっとまだ納得はしていないのかもしれない。それでも「嫌いになれない」「想いを聞きたい」と寄り添う気持ちは、限りなく関ジャニ∞ファンの心境に近い。

ラジオ『大倉くんと高橋くん』では、エンディングに熊本地震で被災したリスナーからのお便りが紹介された。ラジオから聞こえるふたりの笑い声が希望の光になったこと。日常を取り戻してからも、毎日を頑張れる励みになったこと。高橋が読み終えると、大倉は「こちらこそありがとうございましたですよ。こういうことを言ってもらうと、仕事をやってる意義というか、やりがいっていうものをすごく感じる」と、しみじみと語り始めた。転職の悩みに対して応えたところと繋がってくると前置きをしながら「いろいろと仕事やってるとさ、辛いことももちろんあるし、んー……やめたいなっていうこと誰にでもあると思うし。それは俺にだってあるし。だからそういうこと言ってもらえるのが俺の元気になってるわけで。こういうのが励みになる」と声が震えているように聞こえるシーンもあった。

「そうやってこれからも仕事はやっていきたいなって。俺もそうだし、みんなもそうだし、不安なこととかさ、これから不安で……っていう人に向けて、なんか伝えていきたい」と、アイドルとバンドマンのふたつの顔を持つ関ジャニ∞であることへのプライドを再確認するような言葉と共に、「LIFE~目の前の向こうへ~」を流した。この曲は関ジャニ∞がバンドスタイルでリリースした初シングル曲。歌い出しで聞こえてくるのは、もちろん渋谷のボーカルだ。そこには、翌日の会見に心が乱れるであろうファンたち、渋谷が抜けることで不安を抱えている関ジャニ∞のメンバー、そして新たな道を歩む渋谷、何よりも関ジャニ∞での居場所を応援してくれた渋谷という支えを手放す大倉自身が、前向きに奮起できるようにという願いが込められていたように思う。

人生は変化の連続で、出会いは別れの始まりでもある。別れが辛いのは、それだけ幸せな出会いだったということだ。今は悲しみや寂しさが募る一方だが、大倉やほかのメンバーが懸命にファンへ希望の光を灯し続けようとしている。それを、大きくしていけるのがファンの力だろう。別れの辛さは消えないけれど、いつかまた大倉が「あのときのすばるくんには……」と笑いながら振り返ってくれる日がくることを願うばかりだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDE4LTAwMDEwMDA1LXJlYWxzb3VuZC1tdXNp
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/18 7:18

「勝手な判断をしたすばるくんだけど、僕は嫌いになれなかった」

その言葉に、大倉くんの気持ちが込められていたし、eighterの皆さんが思ってた疑問を大倉くんがぶつけていたと思う。

2 :名無しのさはら|2018/4/18 7:34

生放送のラジオ聞いていました。

自分に言い聞かせるような、

すばる君への思いに聞こえ、

脱退を確信した。

3 :名無しのさはら|2018/4/18 7:35

ジャニーズWESTはどうなるやら?

4 :名無しのさはら|2018/4/18 7:37

いい記事だなぁ

5 :名無しのさはら|2018/4/18 7:39

きっとすばるのやりたい音楽(楽曲)って関ジャニでもできるんだよね?

作詞作曲してるもんね?

でも、やっぱりジャニーズじゃ自分達のやりたいやつだけって訳にはいかないからなぁ…

6 :名無しのさはら|2018/4/18 7:41

他のメンバーや他のグループはどう思うのだろう。

やりたい仕事と実際している仕事が違うのなら。

7 :名無しのさはら|2018/4/18 8:01

>別れが辛いのは、それだけ幸せな出会いだったということだ。

良い言葉だ

8 :名無しのさはら|2018/4/18 8:03

すばるというボーカルを支えて音楽を追求したいと安田が言ってた、あれが忘れられない。

安田はいなかったけど、みんなが整理をつけて自分の言葉で説明して、言えないことがあるとしてもお互いがカバーしあってた。会見での彼等は真のエイトだった。

ジャニーズ事務所にはせめてファンと逢える機会をつくって欲しい。

それは最低限の義務だ。

それをしても損はしないしバチは当たらない。

9 :名無しのさはら|2018/4/18 8:04

すごく想いのこもった記事ですね。

ライターさんeighterなのかな?

10 :名無しのさはら|2018/4/18 8:11

詳しくない者です。

大倉君はボーとした人で、渋谷君はチャラいか面倒くさがりに見えてました。

でも全然違うって、これを期に知りました。

『お前が大人になっていく分、俺が子供にって!』名言と言うか深いです。ファンになりそう。

11 :名無しのさはら|2018/4/18 8:12

地図ヲタ注意!

地図ヲタ注意!

12 :名無しのさはら|2018/4/18 8:16

内を勝手にライブに出した経緯のあるグループですしね。

渋谷さんもどこかで勝手に(笑)出るんじゃないですかねぇ。

13 :名無しのさはら|2018/4/18 8:18

報道を聞いてからもう5日もたってるのに未だに受け入れられない...

応援したい気持ちはあるけど、淋しいっていう感情は別物だよ...

14 :名無しのさはら|2018/4/18 8:20

会見があると一部報道があった中で、私もラジオ聴いていて、震災特番の時の事についての発言だとは思うけど「立場上言える事と言えない事があって」って言う言葉と、曲紹介前の泣いてるような声と、そして流した曲がLIFEだった事で、「あー…もしかして…」って気持ちが強くなった。

「昨日の悲しみも涙もまだ乾きやしないけど痛みこらえて負けそうでも歩みを止めない」「今日は泣いたっていつか笑えるはずそう言って」とかこの曲の全ての歌詞が胸に突き刺さって、切なくて。

大倉君加入の時ドラムの練習にすばる君達何度も付き合ってくれてたよね。

LIVEでドラム叩いてる時すばる君達の背中が前にあってその向こうにファンの子達がいる、その光景が幸せだって何度も話してた事、寂しさと悔しさが滲み出ている会見の様子を見て思い出しました。

15 :名無しのさはら|2018/4/18 8:24

記事を読んでまた涙がこぼれました。

前を向かなきゃと思う自分と背中を押す手をぎゅっ!と握ってしまう気持ちの中ですがすばるくんメンバーれぞれ今日を今を生きてるから泣いてばかりいちゃダメなのにね。

会見も大倉くんの正直さが心に染みました。

16 :名無しのさはら|2018/4/18 8:33

〉別れが辛いのは、それだけ幸せな出会いだったということだ。

これだけで泣ける。

今の出会いを大切にしていきたいです。

17 :名無しのさはら|2018/4/18 8:39

すばるくんを大好きだからこそ、

嫌いになれないからこそ、辛いんだよね。

いっそのこと嫌いになって

勝手にジャニーズ辞めて

海外なんていきやがって!!大っ嫌いや!

って突き放せられたら

どんなに楽か…。

18 :名無しのさはら|2018/4/18 8:51

素晴らしい記事

19 :名無しのさはら|2018/4/18 8:52

いろんな記事を見てきたけど、これほど彼らに寄り添った記事はないかも。

よく見てきてくれたからそこ書けるのかも。

20 :名無しのさはら|2018/4/18 8:54

大倉さんの言葉はいつもストレートですよね。

ストレートであるが故に厳しいこと言う時もたまにあるけど、根底にメンバーへの愛があるのをいつも感じます。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング