生駒里奈、乃木坂46“卒業”直前インタビュー「自分は頑張った!と認めたくなかった」 さはらチャンネル

生駒里奈、乃木坂46“卒業”直前インタビュー「自分は頑張った!と認めたくなかった」

telmin

   

img

デビューから5作連続でシングルのセンターを務めた“乃木坂46の象徴”生駒里奈がグループを卒業する。彼女の新たな旅立ちに、万感の思いを込めたラストインタビュー。

* * *

―4月22日。とうとう乃木坂46を卒業する生駒さん。約6年半。いろいろありましたね。

生駒 そうですね。昨年末に22歳になりました。乃木坂に入ったのが……え? 何歳だ? ……15歳だ! それから16歳になってから翌年の2月にCDデビューして。

―以前、週刊プレイボーイの連載「乃木坂46物語」で取材させていただいたときにも聞きましたが、当時は東京になじめず。

生駒 そうですよ、生まれて初めて感じる種類のストレスで。そもそもストレスを感じたことがなかったから、口内炎が口の中にたくさんできて。外でご飯をあまり食べたことがなかったから、そりゃ体もびっくりするよな、って。喉の奥にもできてて、ずっと血の味がしてました。

―そんなスタートを切った生駒里奈の“乃木坂46物語”ですが、4月22日で卒業を迎えます。今回、最後のシングル『シンクロニシティ』で、「生駒里奈は、センターへの打診を断った」と話題になりました。

生駒 これまでの王道の流れだと、「最後のシングルをセンターで」とか、「生駒のソロ曲を」っていう感じだとは思ったんですよ。でも断ろうって。レコード大賞をいただいた後のシングルでもあるし、私の卒業一色だけにしたくなかったから。せめて一歩引いたところから見たかったっていうのはあります。

でも、自分もそういうことが考えられるくらい大人になったんだなって思いますね。今は、卒業の先について考えられるようになってきて。「卒業するのは、寂しいな」とか「6年半、頑張ったな」って気持ちよりも、「次に進もう」っていう意識のほうが強いです。

―10代の頃から考えると、成長したと感じますか?

生駒 10代の頃は、やっぱり夢中で走っていたし、“アイドル”というものにまっすぐでした。買い物に行ったり、遊びに行って楽しく過ごすことができなかったんですよ。自分で勝手にアイドルに縛られて苦しんでいたというか。そういう苦しみによって「うわ!!」ってなっちゃってたこともあったから。

でも20代になってからは、その頃の自分を「そんな時間あったら、服とか化粧品を買いに行って気分転換して、もっと自分をいたわってあげればいいのに」って思って。成人式のときに、この「枷かせ」のような、「トゲ」のようなものをゆっくり外して、抜いていってあげようって思いました。

―当時の「アイドルへの思い」は、トゲでしたか。

生駒 トゲだった気がします。しかもきれいで鋭利なトゲじゃなくて粗いトゲ。乱暴に抜くといっぱい血が出ちゃう感じの。

―そのトゲは、気がついたら刺さっていたんですか?

生駒 気がついたら刺さっていたものもありますけど、真正面から刺さるものもありました。でも逃げれなかった。私、「自分は頑張った!」と認めたくなかったんですよ。

―以前、取材させていただいたときにも言ってましたよね。「ネガティブは生駒里奈の武器」「達成感を得たり納得をしてしまうと成長しなくなるから」と。

生駒 今もそうなんですよ。自分に「頑張った」って言えない人で。だから常に「耐えなくちゃ」「もっと頑張らなきゃ」「自分勝手なことはしちゃいけないんだ」って思っていて。トゲだらけになりながら、自分に優しくできなかったんです。

★乃木坂46の次に目指す道とは? 3期生に思うことは? このインタビュー全文は『週刊プレイボーイ』18号(4月16日発売)にてお読みいただけます!

(取材・文/篠本634(short cut) 撮影/武田敏将)

●生駒里奈(いこま・りな)

1995年12月29日生まれ 秋田県出身 身長154cm 血液型=AB型 星座=やぎ座 ○4月25日に発売される20thシングル『シンクロニシティ』をもって乃木坂46を卒業する。卒業コンサートは4月22日(日)に日本武道館で開催予定

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDE3LTAwMTAzMjI3LXBsYXlib3l6LWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/17 0:12

生駒ちゃんがいなかったら乃木坂はここまで成功しなかったと思う。

ファンとしては全力で応援して送り出してあげたい

2 :名無しのさはら|2018/4/17 0:19

センターから外れたあともくさらず一生懸命にグループを盛り上げてきてくれた子。

真面目で努力家なので卒業しても応援してくれる人は多いと思います。

3 :名無しのさはら|2018/4/17 0:20

卒業とは、アイドルならば、必ず通る道。

その道を歩むことを決意した生駒ちゃんを

今後も応援し続けるよ。

4 :名無しのさはら|2018/4/17 0:21

そんなに詳しくない僕でも生駒ちゃんが仲間想いのめっちゃいい奴ってのはわかる。

5 :名無しのさはら|2018/4/17 0:23

未練はなさそう。良かった。

6 :名無しのさはら|2018/4/17 0:31

推しが他のメンバーでも

乃木坂46といえば生駒ちゃんだというファンが多い!

アンチが多いのも生駒里奈という存在を知っている人が多い証拠!

生駒ちゃんが自分の頑張りを認めなくても周りは頑張って来たことを知っている!

卒業しても私は応援します!

7 :名無しのさはら|2018/4/17 0:39

乃木坂の主人公は生駒ちゃんだったよ

8 :名無しのさはら|2018/4/17 0:41

君の名は希望!!楽しみしかない!

9 :名無しのさはら|2018/4/17 0:43

生駒の、生駒による、生駒のためのAGAINST

MV見てモヤモヤした気持ちが全て晴れた

シンクロニシティはこれからの乃木坂のための曲

それを最前列ではなく真ん中で見守るのは生駒らしいといえばらしいけど、、、やっぱり初期を支えた功労者への扱いとは思えず納得はできなかった。

でもAGAINSTはきっと生駒がやりたかったことが全て詰まってるはず

どうせならMV最後の笑顔みたいに格好良く送り出してあげたい

10 :名無しのさはら|2018/4/17 0:48

乃木坂の1番苦しい時期に先頭に立った人。乃木坂の闘将。その想いは受け継がれて行くと思う。受け継がれなければ長くは続かない。

11 :名無しのさはら|2018/4/17 0:56

結婚するまでそう言った事は、、、?!!ち チガウか 命取りのフレーズだったな

ファンではないが面白い子だな これからもがんばって

12 :名無しのさはら|2018/4/17 1:01

生駒ちゃんは頭ナデナデしてあげたいキャラ。

13 :名無しのさはら|2018/4/17 1:17

一部のファンは認めないけど、生駒のためのグループが乃木坂46だった。第二章がこれから始まるわけだけど、どうなるのか?

14 :名無しのさはら|2018/4/17 1:18

凄いなと思うのは発表後の46TVでも、欠席勝ちになるかな?と思ってた乃木中でも暴れて、笑って、ガヤ入れて、、といつもの「生駒ちゃん」を続けている事、、それが出来る周りとの関係性も凄い

万理華さんにしても中元さんにしても、言葉は悪いかもだけど推してくれたファンの成仏させ方が上手いなぁと感じる

15 :名無しのさはら|2018/4/17 1:48

抜けてた印象はキャラだけで、こんなに芯のあったコなんだと驚いた。そりゃ、テレビでみるようなのは上っ面だもんな。好き勝手いうんじゃなくて、テレビでみる人一人一人の影の努力をみれる自分になりたいと思った。

16 :名無しのさはら|2018/4/17 1:58

ナルトを見ていたときに初めて生駒里奈の存在を知った。

当時はただそれだけの存在としか認識していなかったのに、

まさかここまで有名になるとは思わなかった

17 :名無しのさはら|2018/4/17 2:06

生駒ちゃんは乃木坂の良心。生駒ちゃんより先に辞めるべきのがいるだろが!不倫したお前だよ!公衆の面前で妻子持ちの男前に尻触らせたお前だよ、お前!さっさと辞めんか!生駒が辞めてお前が残ったら、いくら女学校の制服ぽいの着たところで、乃木坂は清純派って二度と言えねんだよ!

18 :名無しのさはら|2018/4/17 2:31

本当に乃木坂で活動してくれてありがとうと言いたいです。

卒業後の活動も楽しみにしてます。

19 :名無しのさはら|2018/4/17 3:01

生駒ちゃんが頑張って乃木坂の先頭を走ってくれたから今の乃木坂はあると思います ファンとしてありがとう でも早すぎますよ 生駒ちゃん

20 :名無しのさはら|2018/4/17 3:27

2列目でも、3列目に紛れてても、いつしか生駒里奈がステージの中心に見えて、目を奪われる瞬間がある。

良くも悪くも真ん中しか似合わない人。

誰とのシンメもしっくりこないし。

最後は真ん中で、悔いなくパフォーマンスしてほしい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング