NHKドラマ、LGBTテーマ作品で理解の広まりに期待 さはらチャンネル

NHKドラマ、LGBTテーマ作品で理解の広まりに期待

telmin

   

img

LGBTという言葉がある。レズビアン(Lesbian、女性同性愛者)、ゲイ(Gay、男性同性愛者)、バイセクシャル(Bisexual、両性愛者)、トランスジェンダー(Transgender、出生時の性に違和感を自認する性別越境者)の頭文字をそれぞれとった、セクシャルマイノリティ(性的少数派)の総称のひとつだ。

どこかで耳にした記憶があるという人は多いだろう。映画やテレビドラマなどでも、これまで、LGBTを扱った作品はそれなりにあった。そして2018年に入り、公共放送のNHKで、LGBTをテーマにしたドラマが連続して放送された。ひとつは1月5日から全4回にわたって放送された、NHK総合・ドラマ10「女子的生活」だ。坂木司の小説を原作とし、俳優の志尊淳が、もとは小川幹生(おがわみきお)という名の男性で、いまは女性として生活する主人公のトランスジェンダー・みきを演じた。続いて、3月4日からBSプレミアムで全3回放送され、5月にNHK総合での再放送が決定した「弟の夫」。原作は田亀源五郎氏の同名コミックで、主人公・折口弥一(佐藤隆太)と、その娘、弥一の亡き弟の夫であるゲイのマイク・フラナガン(把瑠都)の一見不思議な「家族」の形を描いている。こうした流れには、何か理由があるのでは? そんな疑問を『弟の夫』の制作統括を務める須崎岳氏(NHKエンタープライズ。以下NEP)に投げかけてみた。「実はたまたまなのです」と打ち明ける須崎氏。LGBTをテーマにしたドラマを続けて作ろうと意図していたわけではなく、大阪局制作の「女子的生活」とNEP制作「弟の夫」の制作時期が、ちょうど重なったのだという。「ただ、NHKでこれらの企画が通ったのは、社会でLGBTへの理解が進みつつあることの表れと言えるかもしれません」。しかし自身は、ゲイや同性婚のことを、「それなりに理解しているつもりでした。でもいざ取り組んでみると、今まで知らなかったことがたくさんありましたし、本当はよくわかっていなかったんだなと気づきました」と明かす。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDQxNi0wMDAwMDAyOS1mbGl4LW1vdmk-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/16 19:42

仮に身近にいても理解はできないだろうけど

ただそういう人達がいるのはわかる

2 :名無しのさはら|2018/4/16 19:54

基本的に関心がない人も多いだろうから、ひとつのドラマのテーマとして当事者の感覚をそれとなく表現するのは、そういう理解の深まりにはなるのかもしれない。しかし記事にあるように、最初からそれ目的でドラマを作るのはディレクターが当事者でもない限り難しいんじゃないか。この話をドラマにしたい映画にしたいというものがあって作られてる。ジャンルや何かの枠を決めてやってたら、説教じみたドキュメンタリーものになりがちでは?

3 :名無しのさはら|2018/4/16 20:00

個人的には 子供時代の始まりがせつなかった。

地上波おめでとうございます。

このドラマは特別な話ではなく、誰の周り

でもおこりうる事だと思います。

こう言うドラマをきっかけに世の中が同性婚や

パートナーシップなどの制度を考えるきっかけになる事を願います。再放送楽しみにしています。

4 :名無しのさはら|2018/4/16 20:33

いつも思うのだが、

何故日本はQをつけないのだろう。

日本ではXと呼ぶことが多いならLGBTXでも構わないが、Qをなきものにしているのは何故だろう。

Aセクあたりも知られていないし誤解が多いように思う。

中学の生物辺りで必修にしてもいいのでは。

5 :名無しのさはら|2018/4/16 20:38

「彼のハズバンドか私で、私のハズバンドが彼」というセリフはなかなか目からウロコだった

どちらかが「妻」なのではなく、お互いがお互いの夫というのはなるほどなと

完全にLGBTを理解できるかどうかはわからないけど、少なくとも誤解を無くせれば良いな

6 :名無しのさはら|2018/4/16 20:57

女装タレントのブルボンヌさんは「性は虹色でグラデーションなのです」と言っています

男は男!女は女!とガチガチに決めてしまうのではなくて

もっとゆるゆるでボーダーレスな世の中でいいんじゃないかなぁ

7 :名無しのさはら|2018/4/16 21:14

とても面白かったです。

かなちゃんがマイクを大好きで、その、かなちゃんの純粋で屈託のない姿も見ていて、徐々に家族になっていった。

LGBTだけじゃなく、別れた奥さんともマイクを通じて交流が増えた。

最後は、マイクの家族も一緒に交流が出来て、皆んなでの団欒が温かかったな。

生々しさがなく、それがいい作品になっていた。

8 :名無しのさはら|2018/4/16 22:15

たまたまどちらも観たけど、ガチガチに堅くせず、かといって変にふざけ過ぎるわけでもない面白い作品で、そこはさすがNHKだと思った。

9 :名無しのさはら|2018/4/16 22:32

また男性か。この手のドラマって、なんで大概、男性なんだろう。

この手の善意に満ちた偏見が「同性愛者=ゲイ」って思っていればだいたい正解っていう新しい偏見を生まないか。

LGBTのウチ、LBTはどうなってる?

BTと性同一性障害の区別がついてない人だって多いのに。

10 :名無しのさはら|2018/4/16 23:52

面白かった(*'ω'*)

派手ではない音楽でたんたんと流していく演出が高評価◎

11 :名無しのさはら|2018/4/17 3:07

このドラマ良かった。

バルトさんの演技が上手でびっくりした。

多くの人にみてほしいね。

12 :名無しのさはら|2018/4/17 7:29

表面上しか理解されないよなぁ。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング