松任谷由実「税務署から『引っ越さないで』と言われた」過去 さはらチャンネル

松任谷由実「税務署から『引っ越さないで』と言われた」過去

telmin

   

img

4月7日放送の『嵐にしやがれ 超豪華!2時間スペシャル!』(日本テレビ系)に歌手・松任谷由実が出演して、知られざる半生を明かした。

東京・八王子の老舗の呉服屋の二女として誕生したユーミン。「私が子供のころは80人ぐらい」と語るほど従業員がおり、ご飯の窯焚き専門の人、お風呂をたく人などもいたという。

立教女学院中学に入学後、ベッドにカツラを置き、「カツラを身代わりにして、寝ているようにして夜抜けして遊んでいました」。目指すは六本木で、文化交流の場だったレストラン「キャンティ」に入り浸っていた。そこで才能を見出され、中学2年生で作曲家デビュー。

1972年、多摩美術大学の絵画学科日本画専攻に入学。

「イギリスのミュージシャンはたいてい絵の学校に行っていたので、絵の学校に行きながらロックやりたい。あと着物の方にも進めるように染色をやったり」

大学1年生の7月に荒井由実として歌手デビューするが、「歌は歌いたくなかったんですよ。でも、ユニークな曲だったので、『君の声じゃないと世界観が出ないから』って言われてシンガーソングライターになった」と話した。

ここでユーミン伝説を検証することに。「不動産屋の物件情報を見ていたら『引っ越すのをやめてください』と警官に言われた」説は否定。だが、ユーミンは「税務署から『引っ越さないでください』と言われたことがある」と告白した。

また、夫の編曲家・松任谷正隆との結婚に「結婚の決め手は『ひこうき雲』のコード進行」説には、「松任谷正隆が何回か言ってます。『サビのコード進行で決めた』って」と認めた。サビで「GmからB♭m7に行くのがよかった」と斬新なコード展開に魅かれたという。

そんな正隆と1976年に結婚。そこで引退するという話には「半分ね。曲は作っていくかもしれないけど、もう人前で歌うことはないかもしれない」と思ったが、以降は松任谷由実として活動を継続。

「守ってあげたい」など数々のヒットを飛ばし、1993年には「真夏の夜の夢」「Hello, my friend」「春よ、来い」で3作連続ミリオンセラーを記録。だが、記録や枚数へのこだわりはなく、「自分の名前が消えても歌だけが残ってくれたらいい」と名言を残した。

さらに、ユーミンが持つお宝を公開。「彼がアメリカに渡るときに『持っててください』と託された」松井秀喜のサイン入りグローブを披露。また、マイケル・ジャクソンのサインやポール・マッカートニーが身内に配った楽譜集なども持っているという。

ほかにも飾らない素顔も明かし、自転車で買い物に出かけ、電車やバスにも乗り、「公共の乗り物が大好き」という。Suica、PASMOも両方持ち、「1回チャージしてたら、やり方を間違えて後ろが長蛇の列になった」と告白した。

さまざまな人生経験を楽曲に昇華させてきたユーミン。天才的なセンスを持ちながら、公共交通機関も利用する庶民性も持ち合わせ、大衆に支持される多くの楽曲を世に送り出してきたようだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDEzLTAwMDEwMDA3LWZsYXNoLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/13 20:11

ユーミンの曲は聞いていると映像が浮かんできて、まるで絵画や映画のワンシーンのよう。

ごく普通の日常が切り取られ、一瞬でおしゃれなワンシーンになる。

こういうアーティストはなかなかいないと思います。

2 :名無しのさはら|2018/4/13 20:14

ユーミン聞くとね

オバちゃんの私は

すっかり80年代の

サーファーカットの

女の子に戻るのよ。

3 :名無しのさはら|2018/4/13 20:19

ユーミンの曲を聴くと、その曲を聴いていたときの青春時代の思い出が思い出される。どの曲も思い出深い。

時代に流されないかわらない自分を持ち続ける稀有な歌手。ずっと歌ってほしい。

4 :名無しのさはら|2018/4/13 20:19

DESTINYが好きです。

曲もかけて歌も上手な歌手の方は本当に天才ですね!

5 :名無しのさはら|2018/4/13 20:20

今も世田谷でしょうか。

昔は、のどかで、遊園地があった

その場所を愛していらっしゃいましたよね。

税務署はそりゃそうですね。

6 :名無しのさはら|2018/4/13 20:21

やさしさに包まれたならの出だしの歌詞はネ申

7 :名無しのさはら|2018/4/13 20:25

色々凄い、

ファンでも無い私が、何曲も覚えてる。

8 :名無しのさはら|2018/4/13 20:28

女性ではダントツで一番

9 :名無しのさはら|2018/4/13 20:39

SuicaのCMソング、優しさに包まれてだよね。

10 :名無しのさはら|2018/4/13 20:39

昔、ある人からこんな話を聞いたことがある。

中島みゆきを心に自覚しながら、

松任谷由実に憧れを抱いた。

「女性は中島みゆきの詞のように、

時にネガティブであり、自虐的であるが、

本当は松任谷由実の詞のように、

自由で自立した女でいたい。」

今何となく分かる世代になってきた。

11 :名無しのさはら|2018/4/13 20:41

世代ではないけど、子供の頃、幼心にも大人になったらこんな世界があるのかと憧れてました。名曲ばかりですよね。

12 :名無しのさはら|2018/4/13 20:52

最高の一曲なら「ベルベットイースター」

最高のアルバムなら「ミスリム」

13 :名無しのさはら|2018/4/13 20:52

税務署は国税なのでどこに住んでいても税金は国のもの。引っ越されても国の収入は一緒だから引っ越さないで何て言うはずがない。住民税ならまだ話はわかるけど。

14 :名無しのさはら|2018/4/13 20:54

ルージュの伝言は、永ちゃんをイメージして書いたと言ってた。キャロル解散してまもなくの頃、ユーミンもデビューしたてで対談してたな。今では貴重なBIG対談だ。

15 :名無しのさはら|2018/4/13 21:01

あなたは私の青春そのもの

16 :名無しのさはら|2018/4/13 21:01

苗場のライブに行くと正隆さんが音響のところに座っています。スタイルも維持していて凄いと思います。

17 :名無しのさはら|2018/4/13 21:06

鳥山明の税収を逃さない為に愛知県が自宅の道路整備を行ったたという都市伝説しかり、本当かどうかは置いといて本当だと思わせる力よ。

18 :名無しのさはら|2018/4/13 21:18

ユーミンの曲は何かしら自分の人生と被り心に響く。感動します

19 :名無しのさはら|2018/4/13 21:28

公共交通機関を使うことが庶民的なのか?

20 :名無しのさはら|2018/4/13 21:32

君が居なくなってから…から始まる歌詞、

すごく鼻水になります。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング